スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

イギリスの参加者らから修了アンケートが到着しました 080801

┏ ──────────────────────────── ┓
  最新情報はこのブログのページでお伝えしています
  年間100人の実績! 日本語教師海外派遣プログラムの専門店
  海外留学アドバイザー/留学協会 登録番号55101
┗ ──────────────────────────── ┛
<<ホームに戻る

BBI日本語教師ネットワークは
 ●日本語教師の育成と
 ●日本語教師としてのキャリアップの場と
 ●就職支援
まで日本語教師としての一貫したプログラムを提供しています。

【最新の記事】
◇ 2009年1月イギリス(出発は今年11月) 派遣校紹介!日本語教師海外派遣プログラム 7/31up 
◇ 2009年1月イギリス 募集開始!日本語教師海外派遣プログラム 7/30up 
◇ カナダへの派遣には健康診断が必要です 出発前の留意点 7/28up


イギリスの参加者らから修了アンケート
-2009年1月(出発は今年11月)イギリスで日本語教師海外派遣プログラム -

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。
まだまだ冬のシドニーです。日中は上着がなくても暖かい日もあるのですが、どうも朝晩がとても寒いです。

最近、シドニー市内でも何十年ぶりに雪が降ったと報道もされましたが、日中は暖かいので、そのギャップが激しすぎます^^;

さて、今日は先日からお伝えしているイギリスの2009年1月の派遣校詳細に関連して、昨年参加された方々からの修了アンケートが到着しましたのでお知らせしますね。

イギリスへの派遣に興味がある方はどうぞご参考くださいませ。

尚、この来年1月からの派遣校での開始ですが、実際には今年11月に渡英 いただきます。
※イギリスのワーキングホリデービザをお持ちの方はその限りではありません。来年1月出発も可能です。

これは、イギリスのプログラムの性質上、語学学校に最初に通って頂くためです。高い英語力を求められるイギリスではある程度の英語力が必要ですので、この語学学校への通学は、派遣校での活動に向けて必要不可欠な役割を担っていると思います。

英語が一番伸びる国 全滞在費込も魅力!イギリスの派遣校紹介

●イギリス2009年1月活動スタート(出発は11月頃)
準備研修地 : ロンドン
準備研修日程: 2009年1月初旬ころ2日間
活動開始日 : 1月初旬から中旬ころ
参加条件  : 英語力の高い方(TOEIC700点程度)
募集締切日 : 8月末日まで派遣インタビューを受けること
事前語学学校: 11月初旬頃出発で事前に語学学校6~8週間通学して頂きます
参加期間: 基本的に1月出発は、2学期間のみ(1月から7月初旬頃まで)

プログラム詳細 : イギリスへの日本語教師派遣プログラムの詳細
その他 : 養成講座420時間通信講座との活用法
       イギリスの新しいかたち(新しい派遣方法)
       イギリスのビザについて
       イギリス 参加者からの活動レポート
イギリス ロンドン ビックベン 2階建てバス

ご希望の方は、お問合せ
日本語教師海外派遣プログラム 派遣インタビューからお申込み下さい。

イギリスで日本語教師海外派遣プログラム

●教えた学年、行った授業内容
主にYear3、4
日本語及び日常会話、文化紹介(折り紙、カルタ、漢字、着物、テレビゲーム、習字、けん玉など日本の遊具)。日本語の授業は基本的に任されて対応しました。

Prep Dept:主にゲームや折り紙、簡単なフレーズのスピーキングライティングなどを行いました。
Senior School:会話表現、日本のポップカルチャーについての紹介等
Private:日本語基礎文法、コミュニケーションの練習等。
この活動は基本的に全て一人で対応しました。

●日本語の授業以外で教えた科目はありますか
はい、あります。毎日Year3の算数と英語の授業のアシスタント教師をしていました。曜日によって図工や音楽も担当したこともあります。

はい、ありました。Year2のHandwritingのさぽーとや、Year3,4のICTのサポート。あとは、Art、Readingの授業のサポートもしました。

●費用は全部でおよそいくらくらいですか
全て込みで1年間でおおよそ200万円です。

プログラム参加費+航空券+語学学校+ホームステイ+ホリデー中の旅行費用+雑費で200万円強だったと思います。

●このプログラムの目的は何でしたか
英語力をつけることが一番でした。またイギリスの教育現場を体験し今後に生かしたかったため。

英語力の向上。そして『教師』としての自身の可能性を試すため。

●出発前と現在の英語力は何が違いますか
やはりまだまだだとは思いますが、それなりに使える表現が増え、反応できる様になりました。途中ロンドンで受験したTOEICでは100点以上スコアが伸びていたので、ホッとしました。

●このプログラムの満足度を教えてください。
研修開始前は不安だらけで、現地到着後も全てが新しいことだらけでまるで赤ん坊の様に一つ一つの事を学んでいったように思います。
幸運なことに、周りのスタッフや生徒たちにとても親切にしていただき、語学力や研修内容よりも一番に良い人間関係を築けたことを感謝し、また誇りに思います。仕事内容をいかに円滑に・・・と私はおもうので、常に心掛けていたことは、年齢や経験からによる自信や見栄を捨て新米気分で分からないことや知りたい事を素直な気持ちでたずねることでした。学校関係者・生徒たちからのカードの山は私の一生の宝物です。

派遣校ではGAPスキームを通してきている学生も多く、条件等の違いに戸惑うこともありましたが、困難な状況でも自分から打開していく力を付ける経験となり、よい勉強になったと思います。
私立の女子校と言うことで、児童・生徒はみなよい子ばかりで、皆とおしゃべりをするのは本当に楽しかったです。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
イギリスのこのプログラムの特長は以下の通り

 ○語学学校等に留学するより費用が安い
 ○滞在費が全て込みのプログラム
 ○イギリス派遣のポイントとして高い英語力が求められますが、事前に語学学校があるので
  多少英語力が低くても合格の可能性が高い(TOEIC700点以上を基準としていますが、
  それ以下でも参加可能です)
 ○英語力が伸びる派遣国(過去の参加者でTOEIC625点⇒800点/半年間の参加)
 ○学校で英語を使って教えるので実践的な英語力が伸びる

尚、気をつけることとして、イギリスの場合は年2回の出発のみの設定です。参加期間も1学年間か2学期間しか選べません。毎年9月活動スタート(7月頃出発)は1学年間でも2学期間でも設定が可能ですが、次の活動スタート月1月(11月頃の出発)は2学期間の参加しか設定が出来ません。

 毎年9月(新年度1学期)・・・1学年間、2学期間の受け入れ可能
 毎年1月(2学期目)・・・2学期間の受入れのみ
 ※イギリスは3学期制 9月:1学期 1月:2学期 3月末:3学期
 ※3学期からの受け入れ設定はない
 ※年度のまたがっての受入れが不可能
※注 イギリスへワーキングホリデービザで参加される方はこのプラン(語学学校付)にも参加できますし、派遣プログラムのみに参加することも可能です。その場合は9月出発

従って、1年間の活動をしたい場合はこの9月活動スタート(7月頃出発)しかチャンスはありません!1年間で活動をしたい方はこのスタート時期をお見逃しなく!!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
 >>> イギリスへの日本語教師派遣プログラムの詳細
 >>> 養成講座420時間通信講座との活用法
 >>> イギリスの新しいかたち(新しい派遣方法)
 >>> イギリスのビザについて
 >>> イギリス 参加者からの活動レポート
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

【BBI日本語教師ネットワークのサポート】

○日本出発前に無料英会話レッスンあり(全国で受講可)
○TOEIC2回受験無料(2学期間以上ご参加の方対象、帰国後の就職にお役立て下さい)
○これ1冊あれば安心のオリジナル教材進呈(現役日本語教師監修 英語で教案の作り方、教材など)
○派遣前の準備研修(ロールプレイングをたくさんこなします)
○ビザ取得サポート
○活動中の教え方のサポート 関連記事 教え方のノウハウ教えます
○帰国後の就職サポート(日本語教師の仕事紹介、外国人と働く仕事紹介など)

・・・などなどその他サポート多数

英語を鍛えたい方に人気のイギリス!その分大変ですが、達成後には英語力等が付いています!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

情報が役に立ったなと思われたらボタンをクリックして頂ければ嬉しいです(^^ゞ
banner_04.gif
『最新情報日本語教師海外派遣プログラム』の順位はこちらでチェック

◇ 教壇力がつく オーストラリアで日本語教師養成講座
◇ 1番のお薦め!世界のどこでも日本語教師養成講座 通信
◇ お問合せ・ご相談
◇ 帰国後の就職もばっちり!就職サポート

◇ オーストラリア 2008年10月出発
◇ ニュージーランド 2008年10月出発
◇ カナダ 2009年1月出発
◇ アメリカ 2009年1月出発
◇ イギリス 2009年1月出発
◇ ドイツ 2009年4月出発
◇ タイで有給で働く
◇ アジアの就職情報
◇ タイでプチ日本語教師ボランティア
◇ 台湾でプチ日本語教師ボランティア
◇ オーストラリアで日本語教師養成講座
◇ 世界のどこでも日本語教師養成講座 通信
◇ オーストラリア・カナダ・ニュージーランドで児童英語教師
◇ 幼稚園ボランティアプログラム
◇ 英語無料レッスンのサポート
◇ 資料請求
◇ 無料説明会ご参加
◇ 無料派遣インタビュー
◇ 派遣インタビューとは

◇ ここが違う!比べてみてください!
◇ 英語無料レッスンのサポート
◇ TOEICが2回無料で受けられる??
◇ 学割
◇ 英語割・資格割・ワーキングホリデービザ割
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
ホームに戻る

情報が役に立ったなと思われたら
ボタンをクリックして頂ければ嬉しいです(^^ゞ

banner_04.gif
↑いつもクリック頂き本当にありがとうございます。少しはこの情報が役に立っているのだなとホッとしています。取り上げてほしい情報等ございましたらコメント等でお知らせくださいね。『最新情報日本語教師海外派遣プログラム』の順位はこちらでチェック

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:
スポンサーサイト

テーマ:日本語教育/異文化コミュニケーション - ジャンル:学校・教育

17 : 50 : 49 | 現地情報 イギリス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

9月スタートあと5席です!イギリスの活動内容 参加者からのレポート② 080313

┏ ──────────────────────────── ┓
  最新情報はこのブログのページでお伝えしています
  年間100人の実績! 日本語教師海外派遣プログラムの専門店
  海外留学アドバイザー/留学協会 登録番号55101
┗ ──────────────────────────── ┛
<<ホームに戻る

日本語教師海外派遣プログラムは
 ●将来、日本語・英語・児童英語の教師になりたい人
 ●実践的な英語の習得など留学のひとつの手段として参加したい人に
とても適したプログラムです

【最新の記事】
◇ イギリスの活動内容 参加者からのレポート 2008年9月活動開始(出発は7月) 締切3月末迄 3/12up
◇ タイ有給コース 参加者からのレポート 2008年5月スタート(締切3月末日) 3/11up
◇ 専任講師として働くタイ有給コース 5月から活動開始 3/10up


イギリスの活動内容 参加者からのレポート②
-あと5席!イギリス2008年9月活動開始(出発は7月) 応募締切3月末日まで-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日も引続きイギリスの現地情報をお伝えしていきますね。9月からの活動スタート(事前に語学研修のため渡英は7月)をするためには、今月中までの派遣インタビューが必要です。昨日派遣インタビューを受けて頂いた方々は、ご参加へ意気込みや英語力などをお持ちであったので、恐らく問題なく2次インタビューに進めると思います。現在、現地と確認中ですので、今しばらくお待ちくださいね。

尚、お二人とも共通しておっしゃっていたのが、事前に語学学校があるのが安心できるということ。この事前語学学校通学は2008年9月スタートの新しいカタチの参加方法です。こういった感想を頂くと弊社としてもお役に立てるプログラムが提供できているのだなとホッとします、ありがとうございます!
 >>> 新しいカタチ イギリスへの日本語教師海外派遣プログラム

尚、現在この9月スタートできるのはあと5席!イギリスに行きたい方は今月中に派遣インタビューを受けてください。お待ちしております!

 ドシドシご応募下さい!まずは無料の派遣インタビューから。

イギリス 駅改札
↑イギリス駅改札

【イギリスへの派遣プログラムのお薦めな方!】

 ○イギリスが大好きな方
 ○イギリスの学校体験をしたい方(日本語教師、他教科のサポート、寮でのお手伝いなど)
 ○以前語学学校等に通った事があるのだけど、イマイチ英語が伸び切れなかった
 ○英語の資格等はある程度持っているけど、コミュニケーション力が足りないと感じている方
 ○イギリスには長く滞在したいけど予算があまりない方(滞在中の滞在費・食費が全て含まれ)

※イギリスは、日本語教師ネットワークが持っている全8カ国の中で一番英語力が問われる派遣先ですが、一方で、英語力が一番伸びるのがこのイギリスの特長です。
※当社調査 2学期間参加 TOEIC 625点 が 800点!に、伸び幅なんと275点up↑です!(この伸び幅は、全日本語教師ネットワークの中で最高の伸び幅です)

 ◇ イギリスへの派遣 新しいカタチ
 ◇ イギリスで日本語アシスタント教師派遣(学校インターンシップ)プログラムの概要
 ◇ イギリス学校インターンシップ派遣校紹介(ブログで紹介)



英語が一番伸びる国 全滞在費込も魅力!イギリスの派遣校紹介

●イギリス2008年9月活動スタート(出発は7月頃)
準備研修地 : ロンドン
準備研修日程: 2008年9月初旬ころ2日間
活動開始日 : 9月初旬から中旬ころ
参加条件  : 英語力の高い方(TOEIC700点程度)
募集締切日 : 2008年3月末日まで
事前語学学校: 7月初旬頃出発で事前に語学学校8週間通学して頂きます
その他 :イギリスのワーキングホリデービザでご参加の場合は9月からの派遣プログラムのみでも参加できます
イギリス ロンドン ビックベン 2階建てバス
○ ロンドン市内の私立女子一貫校 幼稚園から高校まで教えたい方向き
○ 日本語も熱心に教えるランゲージカレッジ
○ 英語環境にドップリ イギリス中央部の私立女子校

ご希望の方は、お問合せ
日本語教師海外派遣プログラム 派遣インタビューからお申込み下さい。

【過去の参加者からのレポート②】

①DUTYを通して感じたこと
生徒と一番密接に関わり合えるのが、このDutyの時なので、いろいろな生徒の部屋を周り、いろいろな話をするように心がけています。生きた英語を勉強するチャンスでもあるので、すべての生徒にまんべんなく話しかけるように心がけています。そして、心配事、悩み事など、ないかどうかをチェックしています。

Dutyの時間は、放課後、授業が終わったということもあり、どうしても、生徒との距離がとても近くなってしまうので、あまり近付きすぎないよう注意しています。距離が近くなりすぎると、生徒たちにナメられてしまったり、自分自身の感情が入ってしまって、きちんと叱ったり、言い聞かせたりできないので、適度な距離を保ちつつ、「教師」としての自覚を持つことがとても大切であることを、日々実感しています。私は、日本で教師をしていたこともあり、この学校においても、いろいろなことを教えているので、生徒たちは皆、私のことを「先生」と呼ぶので、先生らしくしっかり教育していきたいと思っています。

先週のDutyの日、ある生徒が、夕食後に、急に気分が悪くなり、突然、部屋で吐いてしまいました。このような状況にあまり慣れていなかったので、かなり慌ててしまいました。あいにく、寮長や他の先生方もいなかったので、さらに混乱してしまいましたが、なんとか処理し、生徒を保健室へ連れて行くことができました。ただ、その後、保健室で薬をもらって帰ってきたのですが…それからも、また、気分が悪くなり、その後も、2度も吐いてしまって、大変でした。

※DUTYとは・・・滞在先の学校の寮内でのお手伝いです。同校の学生が滞在している寮での学生に対するサポートや指導を行って頂きます

イギリス 学校

②今月の抱負をお聞かせください
今月から、この学校の付属小学校でも、日本語を教えたり、日本文化を紹介したりすることになったので、その授業準備をきっちりして、生徒たちに良い授業を提供できるように頑張ります。対象が小学生となり、年齢もかなり低くなるので、その年代に応じた授業を工夫して、授業計画をうまく立てていきたいと思っています。単に教えるだけではなく、生徒たちが、授業に参加し、体験できるようなものを作っていきたいです。

③派遣校での生活で最近新たな変化などはありますか
特に以前と変わりませんが、私自身に、少し生活の面や英語の面で余裕が出てきたので、先生方が、今まで以上に、いろいろなことを教えてくれたり、いろいろな機会を提供してくれたりするようになったと思います。日本に関連する授業などがあれば、どの教科の先生方も、喜んでその授業に招待してくれたり、私にプレゼンテーションの機会を与えてくれたりします。常に多くの先生方に気にかけてもらい、いろいろなチャンスを頂いています。とても感謝しています。

自分自身の様子での変化としては、この学校に来て、4ヶ月経ったということもあり、随分、学校生活にも慣れ、日に日に、生徒たちと仲良く触れ合う機会が増えています。今までは、挨拶程度だったのが、いろいろな会話も加わり、とても楽しい学校生活を送れるようになっています。今学期から、自分自身が体育の時間で、テニスやバレーボールを指導することになり、さらに、自然と生徒たちと仲良くできるようになってきたように思います。

④当研修を始めてからの自覚しているような変化があればおしえてください
自分の意見をしっかり言えるようになってきました。自分が何をしたいか?どう思っているか?何が目的でここに来て、何を勉強しているのか?などを誰に対してもしっかりと言えるようになってきました。そして、自分がしなければいけないこと、今後、どうすべきか?なども、自分なりにきちんと考えることによって、自らの行動自体にも自信が持てるようになってきたように思います。自分なりの今後の「目標」なども定まってきたように思います。

ここでは、黙っていては誰も助けてくれないし、気付いてさえくれません。助けてほしければ、伝えなければいけないし、気付いてほしければ、自分自身が、まず行動に移さなければいけません。
最近は、自分自身、よく考え、よく行動するようになってきたように思います。

20061211164529.jpg

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

上記の中で、大事なことをおっしゃっていますね。イギリスのみならず海外で活動をしていくに必要な心構えです。それは、

『ここでは、黙っていては誰も助けてくれないし、気付いてさえくれません。助けてほしければ、伝えなければいけないし、気付いてほしければ、自分自身が、まず行動に移さなければいけません。』

と言うことです。日本人は察してくれてやってくれることが普通に出来る人たちで、また私たちはそれに慣れていますが、海外ではそんなことはありません。自らが投げかけないと何も動きません。結構大変だと思います、日本人にとってこういう事は。ただ、それがこの研修を通じで出来たなら、かなり強くなった人間に成長していると思いますよ!

英語のみならずこういった事も是非学んでくださいね!!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
情報が役に立ったなと思われたらボタンをクリックして頂ければ嬉しいです(^^ゞ
banner_04.gif
『最新情報日本語教師海外派遣プログラム』の順位はこちらでチェック

◇ 教壇力がつく オーストラリアで日本語教師養成講座
◇ 1番のお薦め!世界のどこでも日本語教師養成講座 通信
◇ お問合せ・ご相談
◇ 帰国後の就職もばっちり!就職サポート

◇ オーストラリア 2008年7月出発
◇ ニュージーランド 2008年7月出発
◇ カナダ 2008年9月出発
◇ アメリカ 2008年9月出発
◇ イギリス 2008年9月出発
◇ ドイツ 2008年9月出発
◇ タイで有給で働く
◇ アジアの就職情報
◇ タイでプチ日本語教師ボランティア
◇ 台湾でプチ日本語教師ボランティア
◇ オーストラリアで日本語教師養成講座
◇ 世界のどこでも日本語教師養成講座 通信
◇ オーストラリア・カナダ・ニュージーランドで児童英語教師
◇ 幼稚園ボランティアプログラム
◇ 英語無料レッスンのサポート
◇ 資料請求
◇ 無料説明会ご参加
◇ 無料派遣インタビュー
◇ 派遣インタビューとは

◇ ここが違う!比べてみてください!
◇ 英語無料レッスンのサポート
◇ TOEICが2回無料で受けられる??
◇ 学割
◇ 英語割・資格割・ワーキングホリデービザ割
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
ホームに戻る

情報が役に立ったなと思われたら
ボタンをクリックして頂ければ嬉しいです(^^ゞ

banner_04.gif
↑いつもクリック頂き本当にありがとうございます。少しはこの情報が役に立っているのだなとホッとしています。取り上げてほしい情報等ございましたらコメント等でお知らせくださいね。『最新情報日本語教師海外派遣プログラム』の順位はこちらでチェック

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

テーマ:日本語教育/異文化コミュニケーション - ジャンル:学校・教育

10 : 39 : 11 | 現地情報 イギリス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

イギリスの活動内容紹介 参加者からのレポート① 080312

┏ ──────────────────────────── ┓
  最新情報はこのブログのページでお伝えしています
  年間100人の実績! 日本語教師海外派遣プログラムの専門店
  海外留学アドバイザー/留学協会 登録番号55101
┗ ──────────────────────────── ┛
<<ホームに戻る

日本語教師海外派遣プログラムは
 ●将来、日本語・英語・児童英語の教師になりたい人
 ●実践的な英語の習得など留学のひとつの手段として参加したい人に
とても適したプログラムです

【最新の記事】
◇ タイ有給コース 参加者からのレポート 2008年5月スタート(締切3月末日) 3/11up
◇ 専任講師として働くタイ有給コース 5月から活動開始 3/10up
◇ 2008年9月出発アメリカの派遣校紹介 シアトル郊外 私立一貫校 3/7up


イギリスの活動内容 参加者からのレポート
-イギリス2008年9月活動開始(出発は7月) 応募締切3月末日まで-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、9月活動スタートのカナダアメリカイギリスドイツのうち、今月一杯が応募の締切となっているのがイギリスです。今日は2件そのイギリスに向けての派遣インタビューがあるのですが、是非、イギリスへのそしてこのプログラムへの想いをお伝えくださいね!

イギリス ロンドン ピカデリーサーカス
↑ロンドン、ピカデリーサーカス前

イギリスは、日本語教師ネットワークが持っている全8カ国の中で一番英語力が問われる派遣先です。一応、TOEICは700点以上程度の方を募集しています。

この資格はなければいけないと言うことではありません!派遣インタビューに合格頂ければご参加することが可能です。

それでも英語力がビギナーの方には、恐らく向いていない派遣国です。正直言って現地にそのまま行かれても苦労します。本当に英語の環境になりますので。

一方で、英語力が一番伸びるのがこのイギリスの特長です。

当社比ですが、英語圏の派遣国の中で一番英語力が伸びているのがこの英国です。BBI日本語教師ネットワークでは英語圏で2学期間以上ご参加の方には出発前と帰国後に無料でTOEICを受験頂いておりますが、最高の伸び幅を持ったのがこの英国です!

2学期間参加 TOEIC 625点 が 800点!に、伸び幅なんと275点up↑です!

そんな特徴がありますので、

 ○以前語学学校等に通った事があるのだけど、イマイチ伸び切れなかった
 ○英語の資格等はある程度持っているけど、コミュニケーション力が足りないと感じている方

に向いていると思います。

もちろん、イギリスが好きであること、イギリスで活動をしてみたいと思っていることは最低条件としてあります。

イギリス 学校2

また、2008年9月よりイギリスへの派遣に関して事前に語学学校をつける内容としました。
※イギリスのワーキングホリデービザでご参加の場合はその限りではありません。

従って、多少英語力に不安があってもその事前の語学学校に通学することによって解消できる安心感があります。また、派遣校には日本人講師のいる学校もありますので、そういったところへの派遣では尚、安心ですね。従って、イギリスに興味のある方はドシドシ応募下さい!まずは無料の派遣インタビューにお気軽にお申込くださいませ。

さて2008年9月イギリスで活動開始の簡単な流れは以下の通りです。

 ①3月末まで派遣インタビュー申込
 ②合格後正式にお申込
 ③7月に渡英(語学学校で6~8週間の勉強)
 ④9月から派遣校にて日本語アシスタント教師の活動開始
 ⑤2学期間から1学年間の活動後、再び同じ語学学校へ1週間
 ⑥日本へ帰国

尚、語学学校通学中、派遣校での活動期間中の滞在費はプログラム費用に含まれていますので物価の高いイギリスで安心です。

 ◇ イギリスへの派遣 新しいカタチ
 ◇ イギリスで日本語アシスタント教師派遣(学校インターンシップ)プログラムの概要
 ◇ イギリス学校インターンシップ派遣校紹介(ブログで紹介) 

英語が一番伸びる国 全滞在費込も魅力!イギリスの派遣校紹介

●イギリス2008年9月活動スタート(出発は7月頃)
準備研修地 : ロンドン
準備研修日程: 2008年9月初旬ころ2日間
活動開始日 : 9月初旬から中旬ころ
参加条件  : 英語力の高い方(TOEIC700点程度)
募集締切日 : 2008年3月末日まで
事前語学学校: 7月初旬頃出発で事前に語学学校8週間通学して頂きます
イギリス ロンドン ビックベン 2階建てバス
○ ロンドン市内の私立女子一貫校 幼稚園から高校まで教えたい方向き
○ 日本語も熱心に教えるランゲージカレッジ
○ 英語環境にドップリ イギリス中央部の私立女子校

ご希望の方は、お問合せ
日本語教師海外派遣プログラム 派遣インタビューからお申込み下さい。

【過去の参加者からのレポート】

①今月の抱負をお聞かせください。
今月、ハーフターム明けは、生徒たちは皆、GCSE、Aレベルの試験等で忙しくなるので、授業自体が、復習中心になったり、来年度の予習や準備になったりするので、できるだけ、うまく生徒たちをサポートできるよう、頑張ります。Year13の生徒たちは、今学期で卒業なので、できるだけ多くの生徒たちと交流を持ち、日本文化などを紹介できるよう頑張ります。そして、少しでも印象に残る思い出を作ってあげられたらいいなと思います。

②現在の滞在先の様子をお知らせください。
滞在先は、学校が用意してくれた、職員専用のフラットで一人暮らしをしています。学校自体が、ほぼ全寮制の学校なので、食事は、学校のダイニングで、生徒たちと一緒に頂いています。部屋のお掃除は、週に一度、木曜日に、私が学校へ勤務している間に、メイドさんが掃除をしてくれます。洗濯物は、学校のランドリーでやってもらえるので、言うことなしです。この環境にいられることに感謝をしています。ありがとうございます。

イギリス 学校での様子

③最近の成功した授業(授業案
「書道の授業(美術の時間にて)」
美術の時間で、Year10の生徒たちに、書道を「本格的」に教えました。これまでの、お遊び的なものではなく、きちんと最初から教えました。書道は、すでに、何度か他のクラスでも教えてきたので、少し慣れて、今回は余裕を持って、きちんと授業が出来上がったように思います。日本から筆、筆ペンなどをそれぞれ30本ずつくらい持ってきました。さらに、墨汁5本、半紙5セット、その他、関連するものを全て持ってきたので、一斉に、生徒一人ひとりに書道のチャンスを与えられたのがよかったです。(※日本からこのように持っていく必要はありません、学校に依頼したり、他で代用したりすることも可能です)

まず、書道の歴史、背景などを少し紹介し、その後、日本の文字、ひらがな、カタカナ、漢字の説明をしたのち、カタカナ(外国の名前はカタカナ)で自分の名前の書き方を指導しました。先に3種類の文字があることを説明しないと、なぜ、自分の名前の文字が漢字じゃないの?とか、あとあと、いろいろな質問を受けることが多いからです。最初に、筆ペンで、筆の持ち方や筆のうごかし方(基本的に右から左へ、上から下へ)を練習し、その後、書道のそれぞれの道具の名前と使用方法の説明、書道のルール(基本的に右手で筆をもつ:イギリス人は左利きが多い)などを説明した後、本格的に練習に入ります。最終的にひとつの作品を作り上げますが、生徒たちは、書道の筆で、半紙に「自分の名前」や「漢字」を書けることがとってもうれしい様子でした。

④最近の失敗した授業
新しい初めてのクラスで、日本語の最初の授業として、興味を持ってもらうために、最初のイントロで「折紙」を紹介しましたが、この頃には、すでに生徒たちは、他のクラスから折紙の影響を受けて、ほとんどの生徒たちが、すでに興味を持ち終わっていたので、あまり楽しくないものになってしまいました。折紙自体は、楽しんでもらえましたが、折紙でも、もっと他の種類の折り方や変わったエピソードを紹介できればよかったと思います。それまで、どのクラスでも、同じことを同じように繰り返しやってきたので、少し工夫が足りなかったと実感しました。一旦、授業案を作り上げると、同じようにその授業案を利用しがちですが、日々、工夫やアイデアを付け足していく必要があるように思いました。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
情報が役に立ったなと思われたらボタンをクリックして頂ければ嬉しいです(^^ゞ
banner_04.gif
『最新情報日本語教師海外派遣プログラム』の順位はこちらでチェック

◇ 教壇力がつく オーストラリアで日本語教師養成講座
◇ 1番のお薦め!世界のどこでも日本語教師養成講座 通信
◇ お問合せ・ご相談
◇ 帰国後の就職もばっちり!就職サポート

◇ オーストラリア 2008年7月出発
◇ ニュージーランド 2008年7月出発
◇ カナダ 2008年9月出発
◇ アメリカ 2008年9月出発
◇ イギリス 2008年9月出発
◇ ドイツ 2008年9月出発
◇ タイで有給で働く
◇ アジアの就職情報
◇ タイでプチ日本語教師ボランティア
◇ 台湾でプチ日本語教師ボランティア
◇ オーストラリアで日本語教師養成講座
◇ 世界のどこでも日本語教師養成講座 通信
◇ オーストラリア・カナダ・ニュージーランドで児童英語教師
◇ 幼稚園ボランティアプログラム
◇ 英語無料レッスンのサポート
◇ 資料請求
◇ 無料説明会ご参加
◇ 無料派遣インタビュー
◇ 派遣インタビューとは

◇ ここが違う!比べてみてください!
◇ 英語無料レッスンのサポート
◇ TOEICが2回無料で受けられる??
◇ 学割
◇ 英語割・資格割・ワーキングホリデービザ割
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
ホームに戻る

情報が役に立ったなと思われたら
ボタンをクリックして頂ければ嬉しいです(^^ゞ

banner_04.gif
↑いつもクリック頂き本当にありがとうございます。少しはこの情報が役に立っているのだなとホッとしています。取り上げてほしい情報等ございましたらコメント等でお知らせくださいね。『最新情報日本語教師海外派遣プログラム』の順位はこちらでチェック

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

テーマ:日本語教育/異文化コミュニケーション - ジャンル:学校・教育

12 : 22 : 45 | 現地情報 イギリス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

イギリスワーキングホリデー2008年 2月6日まで必着! 1/30up

┏ ──────────────────────────── ┓
  最新情報はこのブログのページでお伝えしています
  年間100人の実績! 日本語教師海外派遣プログラムの専門店
  海外留学アドバイザー/留学協会 登録番号55101
┗ ──────────────────────────── ┛
<<ホームに戻る

日本語教師海外派遣プログラムは
 ●将来、日本語・英語・児童英語の教師になりたい人
 ●実践的な英語の習得など留学のひとつの手段として参加したい人に
とても適したプログラムです

【最新の記事】
◇ ちょっとお得♪2学期分の参加費用で2学期間+アルファーの活動可 Aust4月出発 1/28up
◇ 2月25日スタート 1席空きが出ました Austで日本語教師養成講座 通学 1/27up


英ワーホリ2008年 2/6まで必着!
-イギリスワーキングホリデー2008年 2月6日まで必着で受付締切り!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

昨日からオーストラリアで準備研修が開始されています。今回は、皆さん日本語教育関係の資格をお持ちで、また、オーストラリアの滞在経験も過去にある方もいらっしゃいました。ですので、現地での活動もスムーズに行くだろうと期待しています。特に皆さん堂々とデモンストレーションをこなしている姿も有り、その辺はとてもいいと感じました。

学校での活動において大事なことは

 ○大きな声で話すこと
 ○堂々とした態度で臨むこと


です。

多少自信がない内容であったとしても英語表現がすぐに対応できなかったとしても常に上記の事を心がけることはとても必要です!これからか参加される方々は、この点をどうぞ肝に銘じて取り組んでください。

まぁ、堂々としていくにはやはりそれなりの見えないところでの努力や準備が必要なので、そこをどれだけやるかにかかってはくると思います。

さて、英語圏では、英語を使って教える間接法にて教えていきます。BBI日本語教師ネットワークが派遣している英語圏の派遣国の中で一番英語力を必要とされているのが

 イギリスです!

なんと、TOEIC700点以上程度を募集条件としています!!

p_london.jpg

逆に言うとそれくらい英語を普通に使って常に活動する環境下であるということで、これまでの参加者でもイギリスに参加された方が一番TOEICの点数がアップされていました。その方は約半年間の活動で275点もアップされました(625点⇒800点!)。
※日本語教師ネットワークでは英語圏に2学期間以上行かれる方対象にTOEICを無料で2回受験して頂いています

その英国への日本語教師海外派遣プログラムですが、ワーキングホリデービザでも参加できることみなさんご存知ですか?

ワーキングホリデービザで英国に参加した場合は、日本語教師の活動以外に

 ○アルバイト
 ○語学学校通学
 ○旅行
 ○期間中イギリスを何度も出入り自由なマルティブルビザ


など、特典が満載です!

実はその英国のワーキングホリデービザ(WHビザ)2008年の応募締切りが迫っています!

 応募締切り:2008年2月6日必着まで

英国国旗

以下に、イギリスのワーキングホリデービザの募集要項をお知らせしますね。興味のある方は大至急手続きをとってください。

【以下はワーキングホリデー協会からの抜粋です】
 >>> 日本ワーキングホリデー協会 ←詳しくはこちらを参照下さい

「ユース・エクスチェンジ・スキーム(ワーキングホリデー)」は、日英の若者に対し、休暇としての長期滞在により、互いの国の文化、国民、社会、生活などに関する理解を深める機会を提供するもので、日英それぞれの参加者数は年間400人です。

日本の場合、対象となるのは18歳から25歳まで(理由によって30歳まで認められることも)の若者で、英国に最長1年間滞在することができます。滞在期間中、旅費を補う目的で、休暇に付随する仕事に従事することが可能ですが、いかなる就労も、休暇目的の滞在に付随したものでなければなりません。

【 申請条件 】
「2008年ユース・エクスチェンジ・スキーム」の参加者として英国に入国許可されるためには、
下記の条件をすべて満たすことが必要です。

1. 日本国籍を有し、2008年2月7日から2008年4月30日までの期間、日本に在住していること
2. 入国許可が有効となる当日から、最長1年間、休暇を主な目的として英国に滞在する予定であること
3. 申請時に、年齢が18歳から25歳(30歳までも可能なことも)であること
4. 子供を連れて渡英しないこと
5. 配偶者が、「2008年ユース・エクスチェンジ・スキーム」の参加者として入国許可を有していない限り、配偶者を伴って渡英することはできません。但し、配偶者もここに示す条件を満たしている場合は、同時に二人で申請することができますが、二人のいずれか、あるいは両方が選ばれる保証はありません
6. 有効なパスポートと帰国用航空券、または、それが購入できる充分な資金をもっていること
7. 英国滞在中、公的な資金('福祉')に頼らずに自分の生活、宿泊費用などがまかなえること
8. 英国滞在終了時に、英国を出国すること
9. 以前、「ユース・エクスチェンジ・スキーム」で渡英した経験がないこと

イギリス ビッグベン

【 申請方法 】
上記の条件をすべて満たし、申し込みを希望する方は、2008年2月6日(水)までに英国大使館に届くよう、下記の住所に官製はがきで申し込んでください

〒 102-8381 東京都千代田区一番町一
英国大使館 YES 2008係

はがきの裏側に下記の事項のみを記入して下さい
1. 名前(漢字とローマ字で記入)
2. 性別
3. 生年月日(西暦表記)
4. 郵便番号及び住所(漢字表記に読み仮名を付ける)
5. 旅券番号、有効期限
6. 2008年2月7日(木)から4月30日(水)までの昼間の連絡先電話番号(複数記入可)
7. あなたが26歳から30歳である場合のみ)例外的なケースとして申請を検討してほしい理由(注1をご覧下さい)

【 重要事項 】
申請について
明記される全条件を満たしている候補者のみの申請が審査されますが、人数に限りがあるため、全条件を満たしていても選ばれる保証はありません 。複数の申請をした場合は失格となります。申請には官製はがきを使用しなければなりません。手紙、他の補完的な資料を郵送したり、封筒にはがきを入れ封をした場合、申請は審査されません。申請を速達や書留で郵送しないでください。その場合、申請は審査されません。手渡し、あるいは、民間の配達サービスを使用してはがきを送ることはできません。

はがきはすべて、日本の郵便局を経由して2008年2月6日(必着)までに大使館に届けられる必要があります。

イギリス 学校での様子

「2008年ユース・エクスチェンジ・スキーム」への参加希望者が数多いため、英国大使館から申し込みはがきを提出された全員に対して個別にお返事することはできません。選考された申請者のみに連絡を行います。

申請は、2008年2月25日(月)-4月30日(水)の期間選考され、今年の参加者400名が確定するまで行われます。2008年4月30日(水)までに大使館から連絡がない場合は、今年は選考されなかったことを意味します。来年、再び、「ユース・エクスチェンジ・スキーム」に申し込んで下さい!同スキームの条件をクリアし、以前、スキームの下に渡英していない限り、申し込みが可能です。

選ばれた全申請者には、申請要綱が送付されます。申請者はすべて東京又は大阪にあるビザ申請センターに直接出頭し申請を提出しなければなりません。申請に際しては下記の書類が必要になります。
・ ユース・エクスチェンジスキームに選考されたことを証明する大使館からの書面
・ 記入済み申請用紙VAF2。(申請用紙はhttp://www.ukvisas.gov.ukからダウンロード出来ます)
・ 有効なパスポート
・ パスポートサイズの写真1枚
・ 「ユース・エクスチェンジ・スキーム」の条件を満たすために充分な資金があることを証明する銀行の通帳
・ 申請料: 申請料は現金でGBP200相当額を日本円で支払っていただきます。日本円は現行の為替レートにてお支払いして頂きます。
・ 戸籍謄本
※「ユース・エクスチェンジ・スキーム」の下で、入国許可されるために必要な全条件を満たしていると云う点において、査証審査官があなたの申請に対して満足しない場合、あなたの申請は許可されません。

【入国許可証が発行された場合】
有効期間中(一年)であればいつでも渡英することができます。入国許可証は数次入国を許可するものであり、有効期間中、英国出国、入国を何回でも繰り返す事ができます。英国への入国は「有効期間開始日」から可能となります。それ以前には、「ユース・エクスチェンジ・スキーム」の下に、渡英することはできません(有効期限開始日以前に同スキームの下に入国すると入国は拒否されます)。英国滞在許可は入国許可証有効期間の最終日に終了しますので、最終日、あるいは、それ以前に英国を出国しなければなりません。ユース・エクスチェンジ・スキームで英国に滞在している方は現地で滞在期間の延長や滞在目的の変更をすることはできません

もっと詳しくはこちらを参照 >>> 英国のWH

締切りはもうまもなくです!興味のある方は大至急はがきを郵送下さい!!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
情報が役に立ったなと思われたらボタンをクリックして頂ければ嬉しいです(^^ゞ
banner_04.gif
『最新情報日本語教師海外派遣プログラム』の順位はこちらでチェック

◇ 教壇力がつく オーストラリアで日本語教師養成講座
◇ 1番のお薦め!世界のどこでも日本語教師養成講座 通信
◇ お問合せ・ご相談
◇ 帰国後の就職もばっちり!就職サポート

◇ オーストラリア 2008年4月出発
◇ ニュージーランド 2008年4月出発
◇ カナダ 2008年3月出発
◇ アメリカ 2008年3月出発
◇ イギリス 2008年9月出発
◇ ドイツ 2008年4月出発
◇ タイで有給で働く
◇ アジアの就職情報
◇ タイでプチ日本語教師ボランティア
◇ 台湾でプチ日本語教師ボランティア
◇ オーストラリアで日本語教師養成講座
◇ 世界のどこでも日本語教師養成講座 通信
◇ オーストラリア・カナダ・ニュージーランドで児童英語教師
◇ 幼稚園ボランティアプログラム
◇ 英語無料レッスンのサポート
◇ 資料請求
◇ 無料説明会ご参加
◇ 無料派遣インタビュー
◇ 派遣インタビューとは

◇ ここが違う!比べてみてください!
◇ 英語無料レッスンのサポート
◇ TOEICが2回無料で受けられる??
◇ 学割
◇ 英語割・資格割・ワーキングホリデービザ割
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
ホームに戻る

情報が役に立ったなと思われたら
ボタンをクリックして頂ければ嬉しいです(^^ゞ

banner_04.gif
↑いつもクリック頂き本当にありがとうございます。少しはこの情報が役に立っているのだなとホッとしています。取り上げてほしい情報等ございましたらコメント等でお知らせくださいね。『最新情報日本語教師海外派遣プログラム』の順位はこちらでチェック

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:

テーマ:日本語教育/異文化コミュニケーション - ジャンル:学校・教育

09 : 40 : 24 | 現地情報 イギリス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

英国で日本語教師になりたいと思っています 1/10up

┏ ──────────────────────────── ┓
  最新情報はこのブログのページでお伝えしています
  日本語教師ネットワークは、日本語教師海外派遣プログラムの専門店
  海外留学アドバイザー/留学協会 登録番号55101
┗ ──────────────────────────── ┛
<<ホームに戻る

日本語教師海外派遣プログラムは
 ●将来、日本語・英語などの教師になりたい人
 ●実践的な英語の習得など留学のひとつの手段として参加したい人に
とても適したプログラムです。

【最新の記事】
◇ 日本語教育に相当熱心な州立中高校 4月出発Aust最終募集! 1/9up
◇ チューターもできるメルボルン郊外の女子校 4月出発Aust最終募集! 1/8up


英国で日本語教師になりたいと思っています
- お問合せの回答コーナー -

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

昨年末からイギリスへの派遣に関してお問い合わせや派遣インタビューのお申込が例年より大変多いです。ほとんどの方が、2007年9月ご出発をご希望されていて、それに向けてのお問い合わせであったり、インタビュー申し込みであったりするのですが、今日はそのイギリスに関して、お問い合わせ頂いた内容を紹介したいと思います。

 尚、2007年9月イギリスの応募締切は3月31日です!

イギリスのページにも書いてありますが、イギリスは日本語環境があまり整っていない関係で、派遣校の数自体に制限があります。今年は締切日を待たずして定数に達してしまう恐れもありますので、ご希望の方はなるべくお早めにご連絡頂きます様にお願い致します。

尚、近日中にホームページ内でもアップをしていきますが、イギリスに関しては、他の派遣国と比べて高い英語力が求められます。その英語力がないとご参加頂けない場合も出てきますのでこの件予めご了承下さい。

それでは、まずはお問い合わせ頂きました内容から紹介させて頂きます。

●お問い合わせ内容
こんにちは、前にイギリスに留学していました。現在は、短大の1年生ですが進路に迷っています。編入はしないと思うのですが、将来日本語教師になりたいと考えています。そのためになにが必要なのか、まだよくわかりません。国はイギリスを考えています。
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

将来、英国を含めて英語圏で日本語教師(就職として)になるためには、その国でその活動ができる資格取得とビザの取得が前提となります。

通常その資格は、その国にある大学等で取得することとなります。このことは、そのコースを履修すれば取得することができます。但し、そのコース履修は簡単なものではなく、教育実習もあったり、日本人の場合は英語で教えられることが証明できなければいけない場合もあります。

尚、英国の場合、日本人が日本語教師をする場合、その資格がなくても採用されるケースもあります。ただ、これも簡単になれるものではなく、働くことができるビザを所持しているかどうかが大きなポイントとなります。

また、教えた経験等が問われる場合もあり、英国を含め英語圏の国では、英語で教えた経験があるかどうかが採用のポイントとなるケースもあります。

これがアジア圏の国の場合は、日本にある

 ○420時間日本語教師養成講座の資格
 ○日本語教育能力検定試験の資格

等を持っていればビザ取得も含めて就職できる可能性は十分にあります。(但しビザ取得は、大学を卒業していることが条件である場合もあります)

この方は英国をご希望ですが、将来日本語教師として海外で活動したい場合は、上記の通りアジア圏での活動の方が可能性が高いと一般的に言えるでしょう。

尚、弊社の英国への日本語教師海外派遣プログラムは、その前の段階として、あくまでもボランティアとして活動いただくものです。

ボランティアとしてですが、イギリスは日本語教育環境が整っていないこともあり、ご自身が率先して授業を組み立てたりすることも場合によっては必要で、活動としては大変ですが、その分遣り甲斐があります。

ただ、その関係で高い英語力が必要となります。もし英国でのこの活動をご希望の場合、まずは英語力が最低TOEIC650点程度(本来の基準は730点程度)が必要となります。
※資格取得が必須ではありません。TOEICで換算するとその程度の英語力が必要と言う意味です。
また、英国の特徴として、日本語(アシスタント)教師の活動以外にその他の教科のアシスタントとして、また、滞在先の寮でのお手伝い(寮母のお手伝い)をして頂く事があります。

これは、日本語の授業が少ない学校での活動をして頂く場合と、基本的に寮で滞在して頂きながら活動頂くプログラムのためです。

ただ、その分、いろいろな分野で活躍ができると言うことと、他の派遣国では見られない滞在費が無料とすることができます。

ご存知の通りイギリスでは、物価が大変高いです。その中で最大1年間活動するこのプログラムにおいて、滞在費が免除となることは、イギリスの特徴であり魅力の一つかも知れませんね。

尚、日本語教師としての経験を積むことが目的であるのなら、同じ英語圏でも、環境が大分整ったオーストラリアやニュージーランドで活動することも一つの手です。

そこで最終的に就職をしていくことは英国同様に難しい部分がありますが、
 ○日本語教育環境の高さ
 ○日本語教師育成の大学等のコースの多さ
 ○日本語教師として活躍していくに当たってのビザ取得の可能性の高さ(国際結婚をすることにより取得するビザを除く)

が、それぞれ英国よりも高いかもしれません。
※ビザに関しては、その方のキャリアなどが影響しますので誰でも取得できると言うものではありません。

以上、この件に関してお伝え致します。

海外で日本語教師になりたい方は多いです。ですが、上記のように、その国で認められる資格とビザの問題が大きな問題となります。

どうぞご参考下さい。

情報が役に立ったなと思われたらボタンをクリックして頂ければ嬉しいです(^^ゞ
banner_04.gif
『最新情報日本語教師海外派遣プログラム』の順位はこちらでチェック

◇ お問合せ・ご相談
◇ 帰国後の就職もばっちり!就職サポート

◇ オーストラリア 4月出発 最終募集中!
◇ ドイツ 4月出発 最終募集中!
◇ ニュージーランド 4月出発 最終募集中!
◇ カナダ 2007年9月出発
◇ アメリカ 2007年9月出発
◇ オーストラリアで日本語教師養成講座
◇ イギリス 2007年9月出発
◇ タイで有給で働く
◇ アジアの就職情報
◇ タイでプチ日本語教師ボランティア
◇ 台湾でプチ日本語教師ボランティア
◇ オーストラリア・カナダ・ニュージーランドで児童英語教師
◇ 幼稚園ボランティアプログラム
◇ 英語無料レッスンのサポート
◇ 資料請求
◇ 無料説明会ご参加
◇ 無料派遣インタビュー
◇ 派遣インタビューとは

◇ ここが違う!比べてみてください!
◇ 英語無料レッスンのサポート
◇ TOEICが2回無料で受けられる??
◇ 学割
◇ 英語割・資格割・ワーキングホリデービザ割
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
ホームに戻る

情報が役に立ったなと思われたら
ボタンをクリックして頂ければ嬉しいです(^^ゞ

banner_04.gif
↑いつもクリック頂き本当にありがとうございます。少しはこの情報が役に立っているのだなとホッとしています。取り上げてほしい情報等ございましたらコメント等でお知らせくださいね。『最新情報日本語教師海外派遣プログラム』の順位はこちらでチェック

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
10 : 15 : 47 | 現地情報 イギリス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

イギリスからマンスリーレポート 6/23up

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ カナダからマンスリーレポート 6/22up
◇ ニュージーランド10月出発 派遣校詳細 6/21up
◇ オーストラリア10月出発 派遣校詳細 6/20up


>>> イギリスからマンスリーレポート


イギリスのマンスリーレポートの紹介です

昨日のカナダに続き今日はイギリスのマンスリーレポートの紹介です。最新のものをお伝えしますね。イギリスにご興味のある方はどうぞご参考下さい!
sLEV2001.jpg

①今月の抱負をお聞かせください。
今月、ハーフターム明けは、生徒たちは皆、GCSE、Aレベルの試験等で忙しくなるので、授業自体が、復習中心になったり、来年度の予習や準備になったりするので、できるだけ、うまく生徒たちをサポートできるよう、頑張ります。Year13の生徒たちは、今学期で卒業なので、できるだけ多くの生徒たちと交流を持ち、日本文化などを紹介できるよう頑張ります。そして、少しでも印象に残る思い出を作ってあげられたらいいなと思います。

②現在の滞在先の様子をお知らせください。
滞在先は、学校が用意してくれた、職員専用のフラットで一人暮らしをしています。学校自体が、ほぼ全寮制の学校なので、食事は、学校のダイニングで、生徒たちと一緒に頂いています。部屋のお掃除は、週に一度、木曜日に、私が学校へ勤務している間に、メイドさんが掃除をしてくれます。洗濯物は、学校のランドリーでやってもらえるので、言うことなしです。この環境にいられることに感謝をしています。ありがとうございます。
20060525102601.jpg

③最近の成功した授業(授業案
「書道の授業(美術の時間にて)」
美術の時間で、Year10の生徒たちに、書道を「本格的」に教えました。これまでの、お遊び的なものではなく、きちんと最初から教えました。書道は、すでに、何度か他のクラスでも教えてきたので、少し慣れて、今回は余裕を持って、きちんと授業が出来上がったように思います。日本から筆、筆ペンなどをそれぞれ30本ずつくらい持ってきました。さらに、墨汁5本、半紙5セット、その他、関連するものを全て持ってきたので、一斉に、生徒一人ひとりに書道のチャンスを与えられたのがよかったです。

まず、書道の歴史、背景などを少し紹介し、その後、日本の文字、ひらがな、カタカナ、漢字の説明をしたのち、カタカナ(外国の名前はカタカナ)で自分の名前の書き方を指導しました。先に3種類の文字があることを説明しないと、なぜ、自分の名前の文字が漢字じゃないの?とか、あとあと、いろいろな質問を受けることが多いからです。最初に、筆ペンで、筆の持ち方や筆のうごかし方(基本的に右から左へ、上から下へ)を練習し、その後、書道のそれぞれの道具の名前と使用方法の説明、書道のルール(基本的に右手で筆をもつ:イギリス人は左利きが多い)などを説明した後、本格的に練習に入ります。最終的にひとつの作品を作り上げますが、生徒たちは、書道の筆で、半紙に「自分の名前」や「漢字」を書けることがとってもうれしい様子でした。

④最近の失敗した授業
新しい初めてのクラスで、日本語の最初の授業として、興味を持ってもらうために、最初のイントロで「折紙」を紹介しましたが、この頃には、すでに生徒たちは、他のクラスから折紙の影響を受けて、ほとんどの生徒たちが、すでに興味を持ち終わっていたので、あまり楽しくないものになってしまいました。折紙自体は、楽しんでもらえましたが、折紙でも、もっと他の種類の折り方や変わったエピソードを紹介できればよかったと思います。それまで、どのクラスでも、同じことを同じように繰り返しやってきたので、少し工夫が足りなかったと実感しました。一旦、授業案を作り上げると、同じようにその授業案を利用しがちですが、日々、工夫やアイデアを付け足していく必要があるように思いました。

⑤DUTYを通して感じたこと
生徒と一番密接に関わり合えるのが、このDutyの時なので、いろいろな生徒の部屋を周り、いろいろな話をするように心がけています。生きた英語を勉強するチャンスでもあるので、すべての生徒にまんべんなく話しかけるように心がけています。そして、心配事、悩み事など、ないかどうかをチェックしています。
20060517150746.jpg

Dutyの時間は、放課後、授業が終わったということもあり、どうしても、生徒との距離がとても近くなってしまうので、あまり近付きすぎないよう注意しています。距離が近くなりすぎると、生徒たちにナメられてしまったり、自分自身の感情が入ってしまって、きちんと叱ったり、言い聞かせたりできないので、適度な距離を保ちつつ、「教師」としての自覚を持つことがとても大切であることを、日々実感しています。私は、日本で教師をしていたこともあり、この学校においても、いろいろなことを教えているので、生徒たちは皆、私のことを「先生」と呼ぶので、先生らしくしっかり教育していきたいと思っています。

⑥当研修を始めてからの自分自身について、自覚しているような変化があればおしえてください
自分の意見をしっかり言えるようになってきました。自分が何をしたいか?どう思っているか?何が目的でここに来て、何を勉強しているのか?などを誰に対してもしっかりと言えるようになってきました。そして、自分がしなければいけないこと、今後、どうすべきか?なども、自分なりにきちんと考えることによって、自らの行動自体にも自信が持てるようになってきたように思います。自分なりの今後の「目標」なども定まってきたように思います。ここでは、黙っていては誰も助けてくれないし、気付いてさえくれません。助けてほしければ、伝えなければいけないし、気付いてほしければ、自分自身が、まず行動に移さなければいけません。
最近は、自分自身、よく考え、よく行動するようになってきたように思います。

⑦当研修を終えた後は、この経験をどのように活かしたいと思いますか?
ここに来て、イギリスの学校の教育システム、教育理念など、いろいろなものを自分自身が、身を持って経験できているので、この経験を、日本の学校で活かせればいいなと思っています。もう一度、日本で教員として働くことによって、自分自身の経験を最大限に活かし、自分なりの「面白く、興味深い授業作り」を目指していきたいです。Dutyを通して、いろいろな生徒たちを間近で見ているので、今後は、この経験を、日本の学校の生徒たちのメンタル的なサポートとして活かしたいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがだったでしょうか?現地の活動の様子や、参加者の気持ちが垣間見れますね。とてもまじめに取り組んでいらっしゃる様子が見て取れます。

また、大事なこともおっしゃっています。

『ここでは、黙っていては誰も助けてくれないし、気付いてさえくれません。助けてほしければ、伝えなければいけないし、気付いてほしければ、自分自身が、まず行動に移さなければいけません。』

そうです!イギリスに限らず海外で生活をしていくには、とても大事な認識です。日本人のように察して何かを向こうからしてくれるという事はありません。

知らず知らずのうちに日本人はその環境に慣れてしまっているので、海外での生活では、戸惑いや躊躇がたくさん出てきます。でも、そのままだと何も変わらないのが海外での生活です。この方のように、自ら動く事はとても大事な事です。

BBI日本語教師ネットワークではこういった資料もご自由にご覧いただけます。どうぞお気軽にお越しくださいね。

◇ イギリスで日本語アシスタント教師
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加
◇ 派遣インタビュー
◇ 派遣インタビューとは

ホームに戻る>>
07 : 59 : 48 | 現地情報 イギリス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

イギリスからマンスリーレポート 5/24up

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ カナダ2007年1月出発スケジュール 5/23up
◇ ドイツ9月出発最後の募集 5/22up
◇ 7月出発ケアンズの小学校が緊急募集(^O^)/ 5/19up


>>> イギリスからマンスリーレポート


2006年9月イギリス出発の方々の派遣校のアレンジを現在行なっています。決定次第お知らせしていきますので、今しばらくお待ちください(^^ゞ

さて、以前よりお伝えしていると思いますが、イギリスの日本語教育環境はまだまだ整ってなく、オセアニアの諸国と比べると派遣校(受入校)の数もあまりありません(+_+)
flagGB.gif

2006年9月出発の次は来年1月出発ですが(イギリスは年2回出発設定)、現地より、派遣校の数が少ないので、1月から参加ご希望の方は出来るだけ早くにお申込くださいと連絡がありました。要は、派遣校の数分だけ、先着でプレースメントを行なって参りますというお知らせです。

日本語教師ネットワークでは、出来るだけ多くの方にご参加頂けるように既存の学校+日々派遣校の開拓に努めていますが、残念ながらイギリスの現状は然程多くもないのが現状です。どうぞご希望の方はお気をつけくださいませ

さて、そのイギリスからですが、現在参加されている方々からのマンスリーレポート(月刊活動報告)が届きました。以下に紹介させて頂きますのでイギリスご希望の方はどうぞご参考ください(●^o^●)

Monthly Report from England

①今月の抱負をお聞かせください
今月から、この学校の付属小学校でも、日本語を教えたり、日本文化を紹介したりすることになったので、その授業準備をきっちりして、生徒たちに良い授業を提供できるように頑張ります。対象が小学生となり、年齢もかなり低くなるので、その年代に応じた授業を工夫して、授業計画をうまく立てていきたいと思っています。単に教えるだけではなく、生徒たちが、授業に参加し、体験できるようなものを作っていきたいです。

②新学期となり、派遣校での生活で最近新たな変化などはありますか
特に以前と変わりませんが、私自身に、少し生活の面や英語の面で余裕が出てきたので、先生方が、今まで以上に、いろいろなことを教えてくれたり、いろいろな機会を提供してくれたりするようになったと思います。日本に関連する授業などがあれば、どの教科の先生方も、喜んでその授業に招待してくれたり、私にプレゼンテーションの機会を与えてくれたりします。常に多くの先生方に気にかけてもらい、いろいろなチャンスを頂いています。とても感謝しています。

自分自身の様子での変化としては、この学校に来て、4ヶ月経ったということもあり、随分、学校生活にも慣れ、日に日に、生徒たちと仲良く触れ合う機会が増えています。今までは、挨拶程度だったのが、いろいろな会話も加わり、とても楽しい学校生活を送れるようになっています。今学期から、自分自身が体育の時間で、テニスやバレーボールを指導することになり、さらに、自然と生徒たちと仲良くできるようになってきたように思います。

③滞在先の様子はいかがですか
とくに問題ありません。快適に過ごさせてもらっています。ただ、かなり田舎なので、時間が空いた時、週末などには、かなり暇になる時もありますが、読書や趣味・スポーツの時間にあてたりして、自分なりに楽しんでいます。
20060517175928.jpg

④日本語の授業について、最近で最も印象に残った出来事をおしえてください
今月は、全ての「美術」の時間に書道を教えていますが、生徒たちは、筆で、自分の「名前」を日本語で書けるようになったり、「漢字」を書けるようになったりするのが、とても嬉しそうでした。漢字の独特な雰囲気をとても気に入って、いろいろな所に書いていたのが印象的です。ただ問題点としては、こちらの学校には、左利きの生徒がかなり多いので、右利きに直して筆をもたせるのが、大変でした。あと、書道をArtの一部だと認識して、「お手本」があるにも関わらず、それを全く無視して、自分なりの書体、個性で仕上げる生徒が多かったです。とにかく、生徒自身に、自分で体験させてあげられたことが、よかったです。

ちなみに、書道のセット(筆、筆ペン、墨、硯、墨汁、半紙など)は、全て日本から持ってきました。足りないものも多かったので、先月、改めて日本の家族に依頼して、数多く送ってもらいました。準備など、大変なこともありますが、生徒たちの喜ぶ顔を見ていると、こちらも、とても嬉しくなります。

⑤日本語の授業以外でのDUTYで、最近印象に残った出来事を教えてください
先週のDutyの日、ある生徒が、夕食後に、急に気分が悪くなり、突然、部屋で吐いてしまいました。このような状況にあまり慣れていなかったので、かなり慌ててしまいました。あいにく、寮長や他の先生方もいなかったので、さらに混乱してしまいましたが、なんとか処理し、生徒を保健室へ連れて行くことができました。ただ、その後、保健室で薬をもらって帰ってきたのですが…それからも、また、気分が悪くなり、その後も、2度も吐いてしまって、大変でした。

Dutyの日が、一番生徒とのコミュニケーションが取れるときなので、一番楽しいですが、その反面、いたずらをする生徒がいたり、時間を守らない生徒がいたりするので、生徒指導もなかなか大変です。


この方は、以前このブログ上でイギリスのマンスリーレポートとして紹介させて頂いた方の一人ですが、派遣されてから4ヶ月が経ち、だいぶ自分のペースで仕事が進められている様に見受けられます。また、関わりも以前と比べて数段増えているようですね。

英語力も特に問題なさそうで、さすがイギリスはこのプログラムを通じて英語力が伸びる国の一つですが、その表れかもしれません。(イギリスは日本語の担当の先生がいらっしゃらないケースもあって、そういった場合は自分で授業を組み立て行なっていかなければいけませんが、その大変さが、英語を使わざるを得ない環境にもつながり英語力がアップさせる可能性もあります。

イギリスに行かれる方は、どうぞご参考にしてみてください(^O^)/

◇ イギリスで日本語教師海外派遣プログラム
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加
◇ 派遣インタビュー

ホームに戻る>>
10 : 02 : 04 | 現地情報 イギリス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

イギリス9月出発 締切迫る!

<<ホームに戻る

最新の記事
続アイルランド、滞在費が無料です 3/16up
ドイツの学校紹介 3/15up
2006年5月 タイへの派遣(有給) 3/14up


『イギリス9月出発締切迫る!』

一昨日からドイツ、アイルランドとヨーロッパの情報が続きましたが、今日はイギリスの案内です。2006年9月イギリスでの日本語教師派遣プログラムの締切まであと2週間となってきました!

現在までに4名の方が決定(昨年9月期イギリスへは5名の方がご参加)。また、派遣インタビューをお待ちの方が3名いらっしゃいます。イギリスの日本語環境はオセアニア方面の派遣国と比べて高いわけではありませんので派遣先も限られています。例年、締切り間際にバタバタとお申込がある傾向ですが、あまり派遣校の数もありませんので、参加をご希望の方は至急にお申込ください!

派遣校の詳細は以前この最新情報ブログでお知らせしたとおりですので、ご参考下さいね。

今日は派遣校での活動内容を紹介します。以下はこの1月よりご参加の方からの情報です。ある1週間の学校でのスケジュールです。
JapanClub007.jpg

ご担当する仕事内容:
■日本語、日本文化の紹介(メインで日本語の授業を行います)
■その他授業のアシスタント
■スポーツ・イベントのアシスタント
■その他(寮のDuty、個別指導など)

最近1週間のスケジュール


月曜日
1・2時間目:Art(Year10・27名)日本美術の紹介(浮世絵・着物・書道・茶道など)
3時間目:Art(Year12・8名)授業のアシスタント
5時間目:Art(Art Meeting)日本美術を教えるための講師ミーティング
6時間目:French(Year9・15名)授業の見学
放課後 :Fitness Suite Activity(Year9-11・15名)生徒管理・指導など

火曜日
1・2時間目:Biology(Year11・17名)授業のアシスタント
4時間目:Maths(Year10・22名)授業のアシスタント
昼休み : Japanese(Year10・2名)日本語・会話を個別指導
6~8時間目:Japanese Prep
19時~21時:個別指導(Year9・1名)

水曜日
3・4時間目:Geography(Year12・10名)授業のアシスタント
5時間目:Maths(Year10・22名)授業のアシスタント
6時間目: French(Year9・15名)授業見学
7・8時間目:Art(Year10・27名)日本美術(浮世絵・着物・書道・茶道など)
放課後:Badminton Activity(Year9-11・15名)生徒管理・指導

木曜日
8:15~:寮のDUTY(Year9-13)
1時間目:Art(Art Meeting)
2時間目:Art(Year10・27名)日本美術(浮世絵・着物・書道・茶道など)
3時間目:Art(Year12・8名)授業のアシスタント
6~8時間目:P・E(Year11-13・22名)授業のアシスタント
18:30-23:00頃まで:寮のDUTY(Year9-13・64名)生徒管理・生徒指導など
※3週間に一度、金曜日・土曜日・日曜日にもDUTYあり

金曜日
1時間目: Japanese Language(Year11[Group3]・16名)日本語初級レッスン
2時間目:Japanese Language(Year11[Group4]・15名)日本語初級レッスン
3・4時間目:Art(Year13・8名)授業のアシスタント
7時間目: Geography(Year13・8名)授業のアシスタント
8時間目:Japanese Prep

土曜日
2時間目:Japanese Language(Year9・22名)日本語初級レッスン
6~8時間目:P・E(Year11-13・22名)授業のアシスタント
・・・・・・・・・・・・・・・・・
20060308075501.jpg

この方は、日本語の授業以外にも他の科目でアシスタントとしても活動されているようです。またフランス語など授業の見学もしていらっしゃり、いかにご自身の日本語のクラスに役立てようか、とても熱心に取り組んでいらっしゃるようですね。因みに土曜日も授業を行っていますが、これはイギリスの特徴です。土曜日も授業に参加する機会があるのでかなりフル活動になりますね。

また、イギリスへの派遣は学校の寮での滞在(滞在私設・食事など免除)が多いのですが、その寮内でも活動があるようです。

イギリスでの活動は日本語(アシスタント)教師としての活動以外にもご希望等によって他の活動もできます!しかもそれが全て英語環境です。やればやるほど充実した経験となりえます。副次的には英語力が伸びる環境でもあるかもしれません。これまで日本語教師ネットワークでご参加された方の中でイギリスに派遣された方のTOEICの点数が、派遣前と後での伸び率が一番良いです。(525点→800点!)そんな効果も期待できるかもしれませんね。

2006年9月イギリスへの派遣、締切は今月3月31日(金)までです

イギリスで日本語教師海外派遣プログラム
お問合せ
派遣インタビュー
派遣インタビューとは
資料請求
説明会ご参加

ホームに戻る>>
09 : 47 : 31 | 現地情報 イギリス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2006年9月出発イギリスへの派遣募集中!

2006年9月出発イギリスへの派遣を
現在募集しています。


締切は今月末まで!ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。尚、ご出発に向けてまずは、派遣インタビューが必要です。

以下にこれまで参加された方の現地での活動振りを紹介しますね。

Konnichiha! imada ni nihongo de mail ga utenai node, rona-ji de sumimasen...
kokodeno seikatu ha naretekimashita. jituha mou 2kagetu mo tatteiru kotoga odoroki desu. English ha nakanaka omou youni umaku tutaeru kotoga dekinakute taihen desuga, nanntoka ganbatteimasu. kokoha inaka demo arukedo, London kara nakanaka chikakute iibasho desu! arigatougozaimasu. konoaida no half term ni London no suizokukan ya hakubutukan ni ikimashita.
jugyou ha grammer nimo kekkou juuten wo oite hoshiirashiku, 2/3 wo grammer ni 1/3 wo bunka shoukai ni ateteimasu. ayatori origami acchi muite hoi konoaidaha nihonno Valentine's day nituite to, ototui ha kandou shita Kenji Miyazawa no "ame nimo makezu" wo shuuji de kaite tutaemashita. kanari advanced dattamitai desukedo,,,,

JapanClub015add.jpg


こんにちは。未だに日本語でメールが打てないので、ローマ字でスミマセン・・・

ここでの生活は、慣れてきました。実はもう2ヶ月も経っている事が驚きです。英語はなかなか思うようにうまく伝える事ができなくて大変ですが、何とか頑張っています。ここは田舎でもあるけど、ロンドンからなかなか近くていい場所です!ありがとうございます。この間のハーフタームにロンドンの水族館や博物館に行きました。

授業はグラマーにも結構重点を置いてほしいらしく、2/3をグラマーに1/3を文化紹介に宛てています。あやとり、おりがみ、あっち向いてホイ。この間は日本のバレンタインデーについてと、一昨日は感動したケンジミヤザワの“アメニモマケズ”を習字で書いて伝えました。かなりアドバンスだったみたいですけど・・・。


女は昨年度にイギリスの派遣に参加された方です。ご自身で授業を切り盛りされたせいか、TOEICの試験が出発前525点だったのが800点になったと報告を頂きました。もちろん良い事ばかりではなく大変な事もあった様ですが、このように活動しそしてそれが結果として表れると嬉しくなりますね。

お問合せ
派遣インタビュー
派遣インタビューとは

16 : 10 : 52 | 現地情報 イギリス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

jtnet

Author:jtnet
日本語教師ネットワーク

日本語教師ネットワークがお届けする日本語教師養成講座・海外派遣プログラム(有給・ボランティア)・就職するの最新情報をお伝えしています。
BBIは海外留学アドバイザー
(留学協会 登録番号55101)

BBI日本語教師ネットワーク

日本語教師養成講座

日本語教師海外派遣プログラム

児童英語教師と英語教師養成講座

海外で幼稚園ボランティア

BBI日本語教師ネットワークの今月のキャンペーン

BBI日本語教師ネットワークのお得な割引情報

日本語教師になる。サイトへ

留学に行こう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

人気ブログランキング

人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。