スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

タイ有給インターンシップ現地校と活動報告紹介

9/10up

タイ有給インターンシップ現地校とマンスリーレポート紹介
-タイで有給インターンシッププログラム-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日は、有給インターンシッププログラムとしては老舗のタイに関して紹介します。

タイの有給インターンシップは、タイの学年スケジュールの関係で、毎年5月の新年度開始のときにスタートするときが多いです。(それ以外の時期での派遣も可能ですが、お問合せベース又は、BBIよりの募集ベースによります)

今年も5月から活動を開始されていらっしゃる方がいらっしゃり、その方からマンスリーレポート(活動報告)も届いています。今日はその活動報告やタイの学校の様子などを紹介したいと思います。

タイに興味のある方はどうぞご参考下さい。タイならではの雰囲気を読み取って頂くこともできると思います。


給料が支給されます 有給で働くタイ
*******************************************************************
◇タイ有給インターンシップ概要
活動開始日 : 毎年5月スタート
活動期間 : 1年間(1学年間)
募集人数 : 各学校1名
募集条件 : 日本語教師関連の資格保持
ビザ : ノンイミグラントBビザ(4年生大学卒業が基本の条件)
※それ以外の学歴の方はお問合せ下さい
募集締切日 : 定員に達し次第締切、ビザ手配上2月末程度まで

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

このタイでの有給インターンシッププログラムは、日本語教師関連の資格を保持している事が前提です。そして、直接法での教えるスキルのキャリアアップを計りたい方に特にお薦めのプランです。

タイの派遣校は、タイの大学、大学付属小中高校、専門学校、民間語学学校、企業などです。そのうち今日は専門学校の様子についてお知らせします。

尚、派遣校の地域は、基本的にタイ全土に亘ってですが、バンコク、バンコク近郊、アユタヤ近郊など主要都市及びその近郊の地域が多いです。

【タイの派遣校紹介(例)】


①学校について



私立職業専門学校です。中学校3年間の課程を修了したあとに進学する学校です。イメージとしては、日本の商業高校、工業高校が一緒になった学校です。プラス、短大課程もくっついています。専攻は、商業科が、コンピューター科、マーケティング科、会計学科、外国語学科があります。工業科には、自動車科、機械科、電気科、電気工学科があります。(短大課程には、この8科プラス、情報技術科もあります。)




日本語教師は、外国語学科に所属します。現在、日本人2名がいます。ほかに外国人教師は、中国人(中国語教師)が1名います。そのほかは、英語教師(タイ人10名)です。現在、日本語の授業は、外国語学科の高校2年生、高校3年生と、そのほかの学科の、高校3年生、短大2年生が全員受講しています。(外国語学科の短大課程は、2008年度から新設されます。)外国語学科の授業は週4時間、そのほかの学科の授業は、週2時間です。外国語学科(高校)の生徒は、トータル2年間日本語を勉強しますが、そのほかの学科の生徒は、約4か月間(1学期間)のみです。1クラスの人数は、10数人~50数人です。私の場合は、1学期は週20時間(9クラス)、2学期は週18時間(8クラス)を担当しました。大体そんなものだと思います。

②日本語クラスについて



教科書は決まっていません。授業内容も、すべて任されています。自由にできると思います。教材は、国際交流基金からもらったひらがな、カタカナカード、動詞カードと、日本語テキスト(あきこと友だち)などが多少あります。




コンピューターはオフィスに1つ日本語入力のできるものがあります。プリンターも一台あります。テスト期間はみんながたびたびこの1つのコンピュータを使うようになり、とても混むので、コンピュータはご自身のものを持ってこられることをお勧めします。




授業は、外国語学科の場合は英語で進めていましたが、実際には、クラスの中に数人英語の話せる子がおり、その子がクラス全体に通訳する、という形になりがちでした。その他の学科については、簡単な英語(Good morningとか)以外、ほとんど英語は通じません。絵や写真、身ぶり手ぶり、教科書、辞書で調べたタイ語を使ってなんとか通じるといった感じです。でも、なんとかなりました。



③その他生活などについて



住むアパートは、校長先生がオーナーです。住居費に関しては、特にお金はかかりません。インターネットも24時間つながります。(が、速度が遅かったり、時々不通になることもあります。)私が来た時は、机、椅子、クローゼット、テレビ、冷蔵庫、アイロン、アイロン台、ポット、ベッドカバーが用意されていました。徒歩圏内にセブンイレブン、屋台はあります。バスで少し行くと、大きなショッピングセンターがあり、そこでたいていのものは揃います。




学校の先生はとても親切で、フレンドリーです。生徒も、人懐こくて、いろいろ話しかけてきてくれます。授業だけでなく、アクティビティなどもあるので、年に数回ですが、土日出勤したこともありました。が、さほど忙しいという感覚はなく、ゆったりと生活できたと思います。


【現地からの活動報告(マンスリーレポート)】





①今月派遣校で印象に残った事は何ですか



まだ学校が始まったばかりですので、それほどたいしたことは起こっていませんが、今月は先週、『先生の日』というのがあって、一日生徒達に感謝を受けたり、生徒達に日頃の感謝を伝えたりする日となりました。



日本にはこうした習慣はありませんで、これはタイならではだと思うのと同時に、自分にとっては非常に興味深く、厳かな一日となりました。





②自分が携わった授業で評判のよかった授業を教えてください(教案、内容、方法等)

7月は形容詞やひらがなのカードを使ったカルタなどをしたことがありまして、生徒にとってはそれが面白かったようです。




実際、このカルタを好きになった学生が、月末のテストで良好な点数を取っています。ただゲームはその方法やルールによって好みに個人差が出るので、この方法が良いとは私は言えません。





③自分が携わった授業で反省点のある授業は何ですか

基本的にはすべての授業で反省点が存在しますが、強いて挙げれば、第二課の「こそあど」かと思います。



この部分を多少早めに済ませてしまった、また、この授業を行った時点ではまだまだタイ語が未熟で、生徒達の要望や意見等を取り入れることができなかったこともあって、非常に一方的な形の授業になってしまったかと思います。




また、この時点ではまだ生徒達全員の名前と顔が一致しておらず、どうしても積極的に質問をする子や、前に座って積極的に学ぼうとする子と会話をする機会が多かったのも、クラス全体が前半は盛り上がらなかった理由かと思います。

7月特に問題となったのは、学習に対して特に意欲のない生徒は教室に来なくなったということでしょうか。これは特に日本語の授業に限ってというわけでもないのですが、やはりどうしても意欲的な生徒中心に授業のスピードが合ってしまっているので、もう少しゆっくりと時間をかけて行うべきだったかもしれないという場面がいくつかありました。




それと、やはり一番大きな反省点だったのは、タイの学生には宿題を出しても、意味はないということです。基本的に学生は宿題を出しても、やらないか、とりあえず提出すればいいということで、適当に書くだけ書いて出してくるわけです。しかし当然それでは何の意味もないですので、練習問題等も全て授業内で行っていかなければならないということがよくわかりました。基本的に学校以外で、自分で勉強するということができない学生ばかりなので、毎回授業は前回の復習から行っていかないとダメだということがわかりました。

④英語(タイ語)の様子はいかがですか

英語の習得は現在止まったままですが、タイ語の方でしたら若干今は会話を行うことができるようになりました。まだ聞き取りの能力もありませんし、タイ語を全部読むことはできませんが、少しずつタイ語でのコミュニケーションを行えるようになってきています。




学習方法というのはこれといってありませんが、毎日自分が良く使う表現はタイ語でどうやって言うのかを調べていくと、少しずつ話せる内容が増えていくように感じます。

⑤ホームステイ・アパートは快適ですか

快適にしようと思えば恐らく快適にできるのではないかとは思いますが、どうしてもインターネット環境が悪いことがやはり一番の問題でしょうか。人によってはタイのトイレの使用方法に問題を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、自分の場合は特に問題なく過ごせています。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

タイでは、ある意味「ゆるい」感じがあるかもしれません。学校によっても学年によっても生徒によっても異なると思いますが、上記に宿題の話などは良く聞く話です。『いかに興味を持って授業に参加してもらえるか』そういった点がタイの活動では必要になるかもしれません。ただ、このことは実は、どこにいても同じです。日本で活躍されている日本語教師の方も他の国で活躍されている日本語教師の方も多かれ少なかれこういった場面には出くわしているようです。

これは、日本人の生徒は真面目に授業を聞くという固定概念がそもそも日本人は持っていて、それと比較したときにこのように感じるのだと思います。世界全体を見たときにどちらがマジョリティーであるのかわかりませんが、日本語教師として活動するに当たってはいかに日本語学習者に授業を楽しくさせるか、そういった工夫が必要だと思います。いろいろな引き出しがないと良い授業を続けていくことは難しいので、将来日本語教師を目指す方は、日本語教師養成講座の資格など取得の際にもその点を念頭に入れながら授業を受けると将来にかなり役立つと思います。

*******************************************************

このタイでの有給インターンシップの注意点を以下に列挙しますので、ご希望者は良くお読み下さい。

ビザ取得上、基本的に4年生大学卒業以上の学歴が必要(それ以外の学歴の方はご相談下さい)
1年間のインターンシップ修了後、両者が合意に達すれば延長が可能(特に延長費用は掛かりません)
勉強したがらない、勤勉でない生徒のいる環境である事を理解する必要がある
タイの生活に慣れる必要がある(例:温水のシャワーがあまりないことなど)

タイでは、上記の通り、授業に熱心でない生徒もおり、如何に彼らに勉強させるか、と言うところも大事なポイントとなります。彼らが興味を持つ内容、持たせる内容を常に考え、授業を進めていく必要があります。

ただ、上記は、実はタイに限らず、日本にある、世界からの留学生を抱える日本語学校でもよくある話です。

従って、将来日本語教師になるために、スキルそのもののみではなく、『如何に勉強させるか』と言うことは、日本語教師に常に関わる課題となると思いますので、そういったことも含めて、活動をしていただくと将来に役立つと思います、是非頑張ってさい。

日本語教師としての指導に自信がない方は、是非、ご自身のキャリアアップに利用し、将来の正式な就職に結び付けてください!

日本語教師ネットワークの有給でインターンシッププログラムは、

 教えた経験がこれまでなく教える事に自信がない
 教えた経験が少なく自信をつけたい
 日本以外の国で教える経験を積んでみたい

と言う方に、最適な日本語教師海外派遣プログラムです!この活動をどうぞご活用頂き、将来の日本語教師のためにキャリアを積んでください。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
◇ タイで有給インターンシップ
◇ オーストラリアで有給インターンシップ
◇ モンゴルで有給インターンシップ

◇ タイの派遣校詳細
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ タイで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧
◇ タイ、ノンイミグラントBビザの申請書類について
◇ プログラム参加に当ってのビザについて
◇ 警察証明書(無犯罪証明書)について

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°


posted by BBI at 2009/09/10 12:46
スポンサーサイト
14 : 54 : 05 | 現地情報 タイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

タイ有給インターンシップ現地校と活動報告紹介

9/10up

タイ有給インターンシップ現地校とマンスリーレポート紹介
-タイで有給インターンシッププログラム-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日は、有給インターンシッププログラムとしては老舗のタイに関して紹介します。

タイの有給インターンシップは、タイの学年スケジュールの関係で、毎年5月の新年度開始のときにスタートするときが多いです。(それ以外の時期での派遣も可能ですが、お問合せベース又は、BBIよりの募集ベースによります)

今年も5月から活動を開始されていらっしゃる方がいらっしゃり、その方からマンスリーレポート(活動報告)も届いています。今日はその活動報告やタイの学校の様子などを紹介したいと思います。

タイに興味のある方はどうぞご参考下さい。タイならではの雰囲気を読み取って頂くこともできると思います。


給料が支給されます 有給で働くタイ
*******************************************************************
◇タイ有給インターンシップ概要
活動開始日 : 毎年5月スタート
活動期間 : 1年間(1学年間)
募集人数 : 各学校1名
募集条件 : 日本語教師関連の資格保持
ビザ : ノンイミグラントBビザ(4年生大学卒業が基本の条件)
※それ以外の学歴の方はお問合せ下さい
募集締切日 : 定員に達し次第締切、ビザ手配上2月末程度まで

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

このタイでの有給インターンシッププログラムは、日本語教師関連の資格を保持している事が前提です。そして、直接法での教えるスキルのキャリアアップを計りたい方に特にお薦めのプランです。

タイの派遣校は、タイの大学、大学付属小中高校、専門学校、民間語学学校、企業などです。そのうち今日は専門学校の様子についてお知らせします。

尚、派遣校の地域は、基本的にタイ全土に亘ってですが、バンコク、バンコク近郊、アユタヤ近郊など主要都市及びその近郊の地域が多いです。

【タイの派遣校紹介(例)】


①学校について



私立職業専門学校です。中学校3年間の課程を修了したあとに進学する学校です。イメージとしては、日本の商業高校、工業高校が一緒になった学校です。プラス、短大課程もくっついています。専攻は、商業科が、コンピューター科、マーケティング科、会計学科、外国語学科があります。工業科には、自動車科、機械科、電気科、電気工学科があります。(短大課程には、この8科プラス、情報技術科もあります。)




日本語教師は、外国語学科に所属します。現在、日本人2名がいます。ほかに外国人教師は、中国人(中国語教師)が1名います。そのほかは、英語教師(タイ人10名)です。現在、日本語の授業は、外国語学科の高校2年生、高校3年生と、そのほかの学科の、高校3年生、短大2年生が全員受講しています。(外国語学科の短大課程は、2008年度から新設されます。)外国語学科の授業は週4時間、そのほかの学科の授業は、週2時間です。外国語学科(高校)の生徒は、トータル2年間日本語を勉強しますが、そのほかの学科の生徒は、約4か月間(1学期間)のみです。1クラスの人数は、10数人~50数人です。私の場合は、1学期は週20時間(9クラス)、2学期は週18時間(8クラス)を担当しました。大体そんなものだと思います。

②日本語クラスについて



教科書は決まっていません。授業内容も、すべて任されています。自由にできると思います。教材は、国際交流基金からもらったひらがな、カタカナカード、動詞カードと、日本語テキスト(あきこと友だち)などが多少あります。




コンピューターはオフィスに1つ日本語入力のできるものがあります。プリンターも一台あります。テスト期間はみんながたびたびこの1つのコンピュータを使うようになり、とても混むので、コンピュータはご自身のものを持ってこられることをお勧めします。




授業は、外国語学科の場合は英語で進めていましたが、実際には、クラスの中に数人英語の話せる子がおり、その子がクラス全体に通訳する、という形になりがちでした。その他の学科については、簡単な英語(Good morningとか)以外、ほとんど英語は通じません。絵や写真、身ぶり手ぶり、教科書、辞書で調べたタイ語を使ってなんとか通じるといった感じです。でも、なんとかなりました。



③その他生活などについて



住むアパートは、校長先生がオーナーです。住居費に関しては、特にお金はかかりません。インターネットも24時間つながります。(が、速度が遅かったり、時々不通になることもあります。)私が来た時は、机、椅子、クローゼット、テレビ、冷蔵庫、アイロン、アイロン台、ポット、ベッドカバーが用意されていました。徒歩圏内にセブンイレブン、屋台はあります。バスで少し行くと、大きなショッピングセンターがあり、そこでたいていのものは揃います。




学校の先生はとても親切で、フレンドリーです。生徒も、人懐こくて、いろいろ話しかけてきてくれます。授業だけでなく、アクティビティなどもあるので、年に数回ですが、土日出勤したこともありました。が、さほど忙しいという感覚はなく、ゆったりと生活できたと思います。


【現地からの活動報告(マンスリーレポート)】





①今月派遣校で印象に残った事は何ですか



まだ学校が始まったばかりですので、それほどたいしたことは起こっていませんが、今月は先週、『先生の日』というのがあって、一日生徒達に感謝を受けたり、生徒達に日頃の感謝を伝えたりする日となりました。



日本にはこうした習慣はありませんで、これはタイならではだと思うのと同時に、自分にとっては非常に興味深く、厳かな一日となりました。





②自分が携わった授業で評判のよかった授業を教えてください(教案、内容、方法等)

7月は形容詞やひらがなのカードを使ったカルタなどをしたことがありまして、生徒にとってはそれが面白かったようです。




実際、このカルタを好きになった学生が、月末のテストで良好な点数を取っています。ただゲームはその方法やルールによって好みに個人差が出るので、この方法が良いとは私は言えません。





③自分が携わった授業で反省点のある授業は何ですか

基本的にはすべての授業で反省点が存在しますが、強いて挙げれば、第二課の「こそあど」かと思います。



この部分を多少早めに済ませてしまった、また、この授業を行った時点ではまだまだタイ語が未熟で、生徒達の要望や意見等を取り入れることができなかったこともあって、非常に一方的な形の授業になってしまったかと思います。




また、この時点ではまだ生徒達全員の名前と顔が一致しておらず、どうしても積極的に質問をする子や、前に座って積極的に学ぼうとする子と会話をする機会が多かったのも、クラス全体が前半は盛り上がらなかった理由かと思います。

7月特に問題となったのは、学習に対して特に意欲のない生徒は教室に来なくなったということでしょうか。これは特に日本語の授業に限ってというわけでもないのですが、やはりどうしても意欲的な生徒中心に授業のスピードが合ってしまっているので、もう少しゆっくりと時間をかけて行うべきだったかもしれないという場面がいくつかありました。




それと、やはり一番大きな反省点だったのは、タイの学生には宿題を出しても、意味はないということです。基本的に学生は宿題を出しても、やらないか、とりあえず提出すればいいということで、適当に書くだけ書いて出してくるわけです。しかし当然それでは何の意味もないですので、練習問題等も全て授業内で行っていかなければならないということがよくわかりました。基本的に学校以外で、自分で勉強するということができない学生ばかりなので、毎回授業は前回の復習から行っていかないとダメだということがわかりました。

④英語(タイ語)の様子はいかがですか

英語の習得は現在止まったままですが、タイ語の方でしたら若干今は会話を行うことができるようになりました。まだ聞き取りの能力もありませんし、タイ語を全部読むことはできませんが、少しずつタイ語でのコミュニケーションを行えるようになってきています。




学習方法というのはこれといってありませんが、毎日自分が良く使う表現はタイ語でどうやって言うのかを調べていくと、少しずつ話せる内容が増えていくように感じます。

⑤ホームステイ・アパートは快適ですか

快適にしようと思えば恐らく快適にできるのではないかとは思いますが、どうしてもインターネット環境が悪いことがやはり一番の問題でしょうか。人によってはタイのトイレの使用方法に問題を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、自分の場合は特に問題なく過ごせています。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

タイでは、ある意味「ゆるい」感じがあるかもしれません。学校によっても学年によっても生徒によっても異なると思いますが、上記に宿題の話などは良く聞く話です。『いかに興味を持って授業に参加してもらえるか』そういった点がタイの活動では必要になるかもしれません。ただ、このことは実は、どこにいても同じです。日本で活躍されている日本語教師の方も他の国で活躍されている日本語教師の方も多かれ少なかれこういった場面には出くわしているようです。

これは、日本人の生徒は真面目に授業を聞くという固定概念がそもそも日本人は持っていて、それと比較したときにこのように感じるのだと思います。世界全体を見たときにどちらがマジョリティーであるのかわかりませんが、日本語教師として活動するに当たってはいかに日本語学習者に授業を楽しくさせるか、そういった工夫が必要だと思います。いろいろな引き出しがないと良い授業を続けていくことは難しいので、将来日本語教師を目指す方は、日本語教師養成講座の資格など取得の際にもその点を念頭に入れながら授業を受けると将来にかなり役立つと思います。

*******************************************************

このタイでの有給インターンシップの注意点を以下に列挙しますので、ご希望者は良くお読み下さい。

ビザ取得上、基本的に4年生大学卒業以上の学歴が必要(それ以外の学歴の方はご相談下さい)
1年間のインターンシップ修了後、両者が合意に達すれば延長が可能(特に延長費用は掛かりません)
勉強したがらない、勤勉でない生徒のいる環境である事を理解する必要がある
タイの生活に慣れる必要がある(例:温水のシャワーがあまりないことなど)

タイでは、上記の通り、授業に熱心でない生徒もおり、如何に彼らに勉強させるか、と言うところも大事なポイントとなります。彼らが興味を持つ内容、持たせる内容を常に考え、授業を進めていく必要があります。

ただ、上記は、実はタイに限らず、日本にある、世界からの留学生を抱える日本語学校でもよくある話です。

従って、将来日本語教師になるために、スキルそのもののみではなく、『如何に勉強させるか』と言うことは、日本語教師に常に関わる課題となると思いますので、そういったことも含めて、活動をしていただくと将来に役立つと思います、是非頑張ってさい。

日本語教師としての指導に自信がない方は、是非、ご自身のキャリアアップに利用し、将来の正式な就職に結び付けてください!

日本語教師ネットワークの有給でインターンシッププログラムは、

 教えた経験がこれまでなく教える事に自信がない
 教えた経験が少なく自信をつけたい
 日本以外の国で教える経験を積んでみたい

と言う方に、最適な日本語教師海外派遣プログラムです!この活動をどうぞご活用頂き、将来の日本語教師のためにキャリアを積んでください。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
◇ タイで有給インターンシップ
◇ オーストラリアで有給インターンシップ
◇ モンゴルで有給インターンシップ

◇ タイの派遣校詳細
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ タイで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧
◇ タイ、ノンイミグラントBビザの申請書類について
◇ プログラム参加に当ってのビザについて
◇ 警察証明書(無犯罪証明書)について

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°


posted by BBI at 2009/09/10 12:46
11 : 01 : 21 | 現地情報 タイ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

タイ短期高校コースの参加可能日 8/8up

┏ ──────────────────────────── ┓
  最新情報はこのブログのページでお伝えしています
  年間100人の実績! 日本語教師海外派遣プログラムの専門店
  海外留学アドバイザー/留学協会 登録番号55101
┗ ──────────────────────────── ┛
<<ホームに戻る

日本語教師海外派遣プログラムは
 ●将来、日本語・英語・児童英語の教師になりたい人
 ●実践的な英語の習得など留学のひとつの手段として参加したい人に
とても適したプログラムです

【最新の記事】
◇ アメリカに行こう! 英語インタビューに向けて万全のサポート 8/7up
◇ 選べるプラン 具体的な日程③ 日本語教師+420時間通信編 8/6up

タイ短期高校コース参加可能日
- タイの年間スケジュールを知ると予定が立てやすい -

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

タイ、短期コースが最近人気です!

このコースは、特に夏休み時期を中心にこれまでご利用される方が多かったのですが、最近の傾向としてそれ以外の日程でのご参加も目立ってきました!中には、年末年始のお申し込みの方もいらっしゃいます。
20060614105047.jpg

今日は、このタイ短期(公立高校)コースの年間スケジュールについてお知らせしたいと思います。このコースに興味のある方はいつくらいが、出発可能なのかどうぞチェックしてみて下さい。

その前にこのプログラムの特徴を紹介しますね。

●タイ短期(公立高校)コース 詳しくはこちらもご参考下さい。
□プログラムの特徴□
 ◆短期2週間から参加可能(最長1学年間まで)
 ◆直説法にて授業するのでタイ語・英語ができなくてもOK
 ◆日本語を教える事、海外が初めての方でも安心して参加できます
 ◆空港送迎、学校初日に現地スタッフの同行、授業中の写真撮影、準備研修、タイ語レッスンなどオールインワンのコース
 ◆滞在費も込み
20060605175541.jpg

□参加条件□ 明るく積極的で適応力のある方
年齢:20歳~
学歴:高校卒業以上
英語力:特に問いません
タイ語力:特に問いません 
日本語資格:1学期間以上の場合は資格保持者又は経験者優遇

□募集要項□
締切日:ご出発の1ヵ月半前
派遣期間:2週間から1学年間まで
お申込方法:各締切日前までに派遣インタビューをお受けください

●このプログラムお薦めの方
 ◆経験が全くないが日本語教師を体験してみたい方
 ◆海外で何かボランティア体験をしてみたい方
 ◆将来、直接法での日本語教師を目指している方
 ◆タイが好きな方
 ◆短期間で体験をしてみたい方
 ◆英語、タイ語に自信のない方でもOK
20060614105347.jpg

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~

さて、本題のこのコースの年間スケジュールですが、おおよそ以下の様になっています。年によって詳しい日程は異なりますが、おおよそこのような形で、タイの高校では動いていきます。

《タイの高校スケジュール 2学期制》
1学期:5月中旬~9月末
 5月中旬~7月中旬 >>> 学期スタート
  7月中旬~7月末 >>> テスト期間
 8月~9月中旬 >>> 1学期後半スタート
  9月中旬~9月末 >>> テスト期間

10月:学期間休み

2学期:11月~翌年3月上旬
 11月~12月中旬 >>> 2学期スタート
  12月中旬~12月下旬 >>> テスト期間
 12月下旬~2月中旬 >>> 2学期後半スタート
  2月中旬~3月上旬 >>> テスト期間

3月上旬~5月中旬:学期間休み
20060605175621.jpg

ポイントとしては、学期間の休みは参加できませんのでその期間は避けること。

そして、テスト期間中もあまり授業は行われていませんので、なるべく多くの授業に参加したいのであれば、その期間も避けた方が、より充実した活動ができます。

面白いのは、年末年始にも参加は可能です。ちょうど2学期の最初のテスト期間が終了した後くらいから可能で、これまでもこの時期に行かれた方がいらっしゃいます。もちろん年末年始ですので、他の時期よりは少し授業数が減りますが、どうしてもこの時期にしか行けない方でも対応ができます。

どうぞそんなところも参考に、タイの短期(公立高校)コースの出発スケジュールをお考え下さい。

体験者は、皆さん大満足されています。本当にお薦めのプログラムですので、タイヤ短期コースに興味のある方、どうぞこのコースを体験してみてくださいね!

情報が役に立ったなと思われたらボタンをクリックして頂ければ嬉しいです(^^ゞ
banner_04.gif
『最新情報日本語教師海外派遣プログラム』の順位はこちらでチェック

◇ 世界のどこでも日本語教師養成講座 通信
◇ オーストラリアで日本語教師養成講座
◇ お問合せ・ご相談
◇ 帰国後の就職もばっちり!就職サポート

◇ オーストラリア 10月出発
◇ ニュージーランド 10月出発
◇ カナダ 2008年1月出発
◇ アメリカ 2008年1月出発
◇ イギリス 2008年1月出発
◇ ドイツ 2008年4月出発
◇ タイで有給で働く
◇ アジアの就職情報
◇ タイでプチ日本語教師ボランティア
◇ 台湾でプチ日本語教師ボランティア
◇ オーストラリアで日本語教師養成講座
◇ 世界のどこでも日本語教師養成講座 通信
◇ オーストラリア・カナダ・ニュージーランドで児童英語教師
◇ 幼稚園ボランティアプログラム
◇ 英語無料レッスンのサポート
◇ 資料請求
◇ 無料説明会ご参加
◇ 無料派遣インタビュー
◇ 派遣インタビューとは

◇ ここが違う!比べてみてください!
◇ 英語無料レッスンのサポート
◇ TOEICが2回無料で受けられる??
◇ 学割
◇ 英語割・資格割・ワーキングホリデービザ割
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
ホームに戻る

情報が役に立ったなと思われたら
ボタンをクリックして頂ければ嬉しいです(^^ゞ

banner_04.gif
↑いつもクリック頂き本当にありがとうございます。少しはこの情報が役に立っているのだなとホッとしています。取り上げてほしい情報等ございましたらコメント等でお知らせくださいね。『最新情報日本語教師海外派遣プログラム』の順位はこちらでチェック

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’*
18 : 16 : 53 | 現地情報 タイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

タイからの活動報告 初日 7/18up 

┏ ──────────────────────────── ┓
  最新情報はこのブログのページでお伝えしています
  年間100人の実績! 日本語教師海外派遣プログラムの専門店
  海外留学アドバイザー/留学協会 登録番号55101
┗ ──────────────────────────── ┛
<<ホームに戻る

日本語教師海外派遣プログラムは
 ●将来、日本語・英語・児童英語の教師になりたい人
 ●実践的な英語の習得など留学のひとつの手段として参加したい人に
とても適したプログラムです

【最新の記事】
◇ 急募!シンガポールで日本語教師 8月から4ヶ月間程度教えて下さい! 7/17up
◇ カナダからマンスリーレポート カナダ現地から生情報 7/16up
◇ オーストラリア英語をたくさん使う小学校 2007年10月の派遣校 7/5up


タイからの活動報告 初日 
- 現地からフレッシュな情報が届きました -

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。
この時期、日本の夏休みになるので短期のプログラム参加の方々が多いです。タイ、台湾での日本語教師派遣プログラムや、オーストラリアでの幼稚園ボランティアプログラムなど多くの方々が参加される時期です。

その中で、タイからフレッシュな情報が届きました!タイの公立高校で日本語アシスタント教師として活動頂くプログラムに参加されている方の情報です。

以下にその情報を紹介します。タイを希望していらっしゃる方はどうぞご参考ください。

◆タイの現地スタッフからの報告
 タイ公立高校 2週間 Nさん
 7月13日(金)バンコク到着
 14、15日とバンコク市内で準備研修
 16日(月)からバンコク市内の公立高校で活動開始

日本語教師インターンのN様が、無事にバンコクに到着されております。本日は、学校初日でした。朝7時前にはホストシスターと一緒に登校され、7時半から始まる朝礼では全校生徒の前でタイ語で自己紹介をされました。
タイ中山君朝礼の様子
↑朝礼での様子

学校はNさんをとても歓迎しており、朝礼では浴衣を着た生徒による司会と校長先生による花束贈呈に加え、「ようこそN先生!」と日本語で書かれた垂れ幕まで用意してくれていました。
タイ中山君朝礼で校長先生から花束贈呈
↑校長先生から花束贈呈 大歓迎ですね!

朝礼の後は、午前9時半から授業があり、早速ひらがなや日本文化を教えていらっしゃいました。

Nさんは教え方がとてもお上手で、教材も色々と用意されてきたので、学校の先生は「こんなにちゃんと用意してくれたアシスタントの先生は初めてです!」と感動していらっしゃいました。
タイ中山君授業の様子
↑授業の様子 ハッピを着て教えています^^

ホームステイについては、コミュニケーションの難しさや生活スタイルの違いに少々戸惑われておりましたので、その事についてはこちらからホストファミリーにもお話ししました。
タイ中山君ホストファミリーと
↑ホストファミリーと一緒に パチリッ

Nさん自身も「まだ初日なので、これからだんだんと慣れると思います。」とおっしゃっていました。また後日、ご様子を伺いたいと思います。
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

いかがですか?タイの活動の初日の様子です。どの学校に行っても同様な感じで動いていきます。

初日は、弊社現地スタッフが学校に同行します。そして先生への紹介や学校内の紹介とお手伝いをさせて頂きます。

朝礼でのタイ語での挨拶は、本当によくあることです。事前の準備研修では、タイ語のレッスンもあり、この朝礼での挨拶に備えて練習もしますので、タイ語が初めての方でも安心です。
タイ中山君全体写真
↑生徒さんたちと一緒に撮りました!

授業は、メインの先生のもと行いますが、教壇に立ってご自身で進めていく機会もとても多いです。いろいろと日本で紹介したい内容をまとめて臨むと現地での授業もスムーズに行きやすいですね。

滞在に関しては、基本的に学校の関係者(生徒さんか先生)のご家庭となります。個室が与えられないこともあり、一緒に寝室で寝て頂く場合もあります。この辺は欧米でのホームステイのスタイルと少し違うところです。又、ご飯を作って食べるということよりも外食をする傾向もあります。これはそのほうが安く上がるし便利だからです。こういった面もタイならではの雰囲気となりますので、そう言ったことも楽しんで頂ければと思います。

タイと台湾の短期コースは随時募集しています。ご出発希望の1ヵ月半前程度が期限となります。ご希望の方はまずは派遣インタビューから受けてみて下さいね。

●お得な1万円キャッシュバックキャンペーン中!(日本語教師海外派遣プログラム)
7月末日までに派遣インタビューを受けられ正式お申込みをされた方に、参加費用から1万円割引をしています。
対象:
2007年10月オーストラリア出発
2007年10月ニュージーランド出発

情報が役に立ったなと思われたらボタンをクリックして頂ければ嬉しいです(^^ゞ
banner_04.gif
『最新情報日本語教師海外派遣プログラム』の順位はこちらでチェック

◇ タイでプチ日本語教師ボランティア
◇ お問合せ・ご相談
◇ 帰国後の就職もばっちり!就職サポート

◇ オーストラリア 10月出発
◇ ニュージーランド 10月出発
◇ カナダ 2008年1月出発
◇ アメリカ 2008年1月出発
◇ イギリス 2008年1月出発
◇ ドイツ 2008年4月出発
◇ タイで有給で働く
◇ アジアの就職情報
◇ タイでプチ日本語教師ボランティア
◇ 台湾でプチ日本語教師ボランティア
◇ オーストラリアで日本語教師養成講座
◇ オーストラリア・カナダ・ニュージーランドで児童英語教師
◇ 幼稚園ボランティアプログラム
◇ 英語無料レッスンのサポート
◇ 資料請求
◇ 無料説明会ご参加
◇ 無料派遣インタビュー
◇ 派遣インタビューとは

◇ ここが違う!比べてみてください!
◇ 英語無料レッスンのサポート
◇ TOEICが2回無料で受けられる??
◇ 学割
◇ 英語割・資格割・ワーキングホリデービザ割
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
ホームに戻る

情報が役に立ったなと思われたら
ボタンをクリックして頂ければ嬉しいです(^^ゞ

banner_04.gif
↑いつもクリック頂き本当にありがとうございます。少しはこの情報が役に立っているのだなとホッとしています。取り上げてほしい情報等ございましたらコメント等でお知らせくださいね。『最新情報日本語教師海外派遣プログラム』の順位はこちらでチェック

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’*
15 : 45 : 15 | 現地情報 タイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

タイから活動報告 マンスリーレポート 10/3up

┏ ──────────────────────────── ┓
  最新情報はこのブログのページでお伝えしています
  日本語教師ネットワークは、日本語教師海外派遣プログラムの専門店
  海外留学アドバイザー/留学協会 登録番号55101
┗ ──────────────────────────── ┛
<<ホームに戻る

日本語教師海外派遣プログラムは
 ●将来、日本語・英語などの教師になりたい人
 ●実践的な英語の習得など留学のひとつの手段として参加したい人に
とても適したプログラムです!

【最新の記事】
◇ もれなく全国で無料英語レッスン 10/2up 
◇ 養成講座を勉強する前に語学学校は? 9/29up
◇ タイから活動報告 マンスリーレポート 9/28up


◆ タイから活動報告 マンスリーレポート

     - タイ(有給で働く)の小学校からの報告です! -

おはようございます!日本語教師ネットワークの大橋です。
今日は、タイ(有給で働くコース)で活動されている方からのマンスリーレポート(活動報告)を紹介したいと思います。

タイの有給で働くコースは、通常、日本語学校、大学、大学付属の高校ですが、今回の方は小学校で活動されている方からのレポートです。どうぞご参考くださいね。
Picture20046[2].jpg

2006年5月から1年間ご参加の女性
●派遣校で印象に残ったことは何ですか?
・樹木が茂った中庭があり、そこに小鳥・リスなどが姿を見せ、のどかで美しいこと
・子供たちがフレンドリーで彼らの笑顔が素敵なこと
・初めての常勤外国人教師ということもあって同僚たちが気遣ってくれること
・コピー機、印刷機が学校になく授業で使用するプリントの作成に手間取ること

●自分が携わった授業で評判の良かった授業を教えてください
4・5・6年生の授業で
平仮名を教える際、一つの平仮名に対してその平仮名から始まる単語を5個教えている。単語はA4版の紙に絵を描き塗絵し、横に大きく日本語を書いたものである。そのフラッシュカードを繰り返し見せて覚えさせているが、25個ほどになった時、まとめの再確認としてゲームを行った。
(カードは全て黒板に掲示しておく。全ての単語をもう一度絵を示しながら発音させる。列ごとのグループを作り、グループからは順番で一人ひとり参加することを指示する。教師が日本語で単語を言うと、それぞれの代表が教室前方においてある『こいのぼり』をつかみに走る。『こいのぼり』を早くつかんだものが回答する権利を持つ。正解すればそのグループが1ポイント獲得する〉

1・2・3年生の授業で
動物や昆虫の単語を教える際にも上記のようなフラッシュカードを使用しているが、ゲームをすることで理解確認した。
(カードは全て黒板に掲示する。全ての単語をもう一度絵を示しながら発音させる。A4版半分の紙に6つの升目を書いた紙を用意し、それを生徒に配布する。教師が日本語で単語を言ったあと、挙手によって指名した生徒に正しいカードを選ばせる。理解が遅い生徒のために正解のカードは欄外に掲示していく。正解が出ると生徒はその単語の絵を升目の中に描く。時間があれば裏面にも描かせ、塗絵させる。〉
※タイの子供たちは絵を描いたり塗絵したりすることが大好きである。全員に授業に参加さえることを目的にしてみた。
20060829113747.jpg

●自分が携わった授業で反省の点のある授業は何ですか?
1年生は1クラスで41人である。この数は外国語習得のために授業人数をはるかに超えている。また、自分のタイ語が不十分なため、この幼い子供たちへの指示徹底に手間取る。事前にその日の授業で必要な指示タイ語を同僚から習うなど準備はしているが、まだ課題が残る41人という大人数にあった授業内容の工夫も必要である。

●タイ語の様子はいかがですか?
日々の授業準備に忙しく、タイ語にじっくりと取り組む余裕がない。教室で使用するタイ語はほぼ覚えて使用してはいるが、授業以外で生徒や同僚ともっとタイ語で話せることができればと考えている。こちらにきてタイの人たちはほとんど英語が話せないことがわかり、その必要性を実感している。

●アパートは快適ですか?
アパートも部屋も清潔でこれといって不満はありませんが、自炊設備が付いていればなぁと良く感じます。
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

この方は、教育フィールドのバックグラウンドがある方です。これまで英語の教師として学校で活躍されていた方です。上記のレポートをとご覧頂きましたらお分かりのとおり、かなりしっかりとした授業を行っているご様子ですね。

タイの有給で働くコースでは、やはりある程度の教えた経験があると、現地での活動がスムーズに行くケースが高いです。

このコースは年中募集していますが、毎年4月から5月にかけて、空きの出る〈募集を行う〉学校が多いです。もし、タイのこのコースを目指していらっしゃいましたら、今のうちから教えることの準備を始めてみてください!

◇ お問合せ・ご相談
◇ タイで有給で働く
◇ 帰国後の就職もばっちり!就職サポート

◇ 9月末までキャンペーン実施中!
◇ オーストラリア 1月出発 最終募集中!
◇ ニュージーランド 1月出発 最終募集中!
◇ 無料派遣インタビュー
◇ オーストラリアで日本語教師養成講座
◇ オーストラリア・カナダ・ニュージーランドで児童英語教師
◇ カナダ 2007年3月出発
◇ イギリス 2007年9月出発
◇ アメリカ 2007年3月出発
◇ アジアの就職情報
◇ タイでプチ日本語教師ボランティア
◇ 台湾でプチ日本語教師ボランティア
◇ 英語無料レッスンのサポート
◇ 資料請求
◇ 無料説明会ご参加
◇ 派遣インタビューとは
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
ホームに戻る

情報が役に立ったなと思われたら
ボタンをクリックして頂ければ嬉しいです(^^ゞ

banner_04.gif
↑いつもクリック頂き本当にありがとうございます。少しはこの情報が役に立っているのだなとホッとしています。取り上げてほしい情報等ございましたらコメント等でお知らせくださいね。『最新情報日本語教師海外派遣プログラム』の順位はこちらでチェック

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
09 : 49 : 35 | 現地情報 タイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

タイ(有給で働く)から現地活動報告 マンスリーレポート 9/28up

┏ ──────────────────────────── ┓
  最新情報はこのブログのページでお伝えしています
  日本語教師ネットワークは、日本語教師海外派遣プログラムの専門店
  海外留学アドバイザー/留学協会 登録番号55101
┗ ──────────────────────────── ┛
<<ホームに戻る

日本語教師海外派遣プログラムは
 ●将来、日本語・英語などの教師になりたい人
 ●実践的な英語の習得など留学のひとつの手段として参加したい人に
とても適したプログラムです!

【最新の記事】
◇ オーストラリア日本語学校の募集条件 詳細
◇ オーストラリア現地活動報告 マンスリーレポート 9/26up 
◇ 英語の上達方法 活動中の英語練習法 9/25up


◆ タイから活動報告 マンスリーレポート 

   - コマーシャルカレッジで専任(有給)日本語教師からの報告です -

おはようございます!日本語教師ネットワークの大橋です。
さて、今日はタイから現地活動報告マンスリーレポートが届きましたのでそちらを紹介いたします。こちらのマンスリーレポートは、タイで有給で働いている方からのレポートです。

尚、タイは、先日クーデターが起こって、現地の状況を心配しましたが、民生復帰のスケジュールを発表するなど落ち着きを取り戻しているようです。現地で活動していらっしゃる方にも連絡を取りましたが、もちろん皆さんご無事で普段と変わりなく活動を続けていらっしゃるとの事です、安心しました。
20060614105047.jpg

さて、以下にそのマンスリーレポートを紹介いたします。

2006年5月よりアユタヤのコマーシャルカレッジにて活動開始の女性
●今月派遣校で印象に残ったことは何ですか?
学期末テストを学校のスケジュールよりも先行して行っているため、成績評価等で通常の月末テスト時よりもちょっと忙しいです。

●自分が携わった授業で評判の良かった授業を教えてください。
位置の勉強。建物図を配した地図で道をたずねる。上・下・左・右・前・後・中・横・真ん中を理解し、文章にして道案内や指示ができるよう工夫した。デパート図や顔のパーツを使った福笑いは、特に好評。また、生物と物体で「あります」と「います」の違いが理解できたのは、生徒には新鮮だったようだ。「AはBの・・・にあります(います)」など。
コメント!
「あります」「います」などの違いの説明は、なかなか他の派遣国では携わることのない、内容だと思います。専任講師として活動していらっしゃる様子が窺えますね。

●自分が携わった授業で反省点のある授業は何ですか?
クラスコントロールは大いに問題があります。興味を持って勉強する生徒とそうでない生徒を統合していくのは大変難しい。時に収拾の付かない授業になってしまうことも。
コメント!
どこの派遣国でもそうですが、タイでもクラスマネージメントは難しいと思います。特に専任で教えられる場合、この辺の技術も必要になってくると思います。また、タイのお国ならではかもしれませんが、興味を持っていない、勉強したくない、集中していないという脱力感の雰囲気が醸し出されているときもあり、クラスマネージメントは一筋縄ではいかないことも多々あるようです。

●タイ語の様子はいかがですか?
かなり理解できるようになって来ました。生徒とのコミュニケーションは専らタイ語で職員ともタイ語が話せるにしたがって親しくなれてきたのは大変うれしいです。上達のコツは、常に意識的に覚え話し練習することだと思います。
コメント!
この方は5月に赴任したばかりですが、既にタイ語を操れるようになってきているようですね。学校では基本的に直説法で教えていただく機会が多いですが、タイ語が操れるとちょっとした説明をタイ語で行うことができるのでより理解させやすくなってきていると思います。
20060605175642.jpg

●滞在先(アパート)の様子をお知らせください
アパート契約時に契約書に書かれていた内容と実際が異なると感じましたが、タイの平均的に照らして全く問題はないため、すでに慣れて今は快適に暮らしています。
コメント!
契約に限らず、タイ現地で言っていることと実際のことが異なることは、残念ながら良くあることです。この方のように、前向きに柔軟性を持って対処することがとても大事ですし、タイでの生活の処方術かもしれませんね。

●その他何かございますか?
土日の勤務が多いです。授業ではなく雑務やアクティビティー等で出勤しています。また、パソコンの環境が悪いので連絡が電話かFAXにして頂きたいです。携帯電話を買ったので以前より連絡がとりやすくなっているとも思います。

いかがでしょうか、現地の様子も参考になりましたでしょうか?
タイは日系の企業も多数進出していて、車の企業など町の工場で日本語が使用されることも多々あります。また日本のアニメなどなどもとても人気があり、バンコクにあるとても大きな本屋さん紀伊国屋では、日本に関連する本がたくさん売っています。漫画本ももちろんたくさん売っていますよ。しかも日本語版と英語版とタイ語版!タイに行く機会のある方はぜひ立ち寄ってみてくださいね。


◇ お問合せ・ご相談
◇ タイで有給で働く
◇ 帰国後の就職もばっちり!就職サポート


◇ 9月末までキャンペーン実施中!
◇ オーストラリア 1月出発 最終募集中!
◇ ニュージーランド 1月出発 最終募集中!
◇ 無料派遣インタビュー
◇ オーストラリア・カナダ・ニュージーランドで児童英語教師
◇ カナダ 2007年3月出発
◇ イギリス 2007年9月出発
◇ アメリカ 2007年3月出発
◇ アジアの就職情報
◇ タイでプチ日本語教師ボランティア
◇ 台湾でプチ日本語教師ボランティア
◇ 資料請求
◇ 無料説明会ご参加
◇ 派遣インタビューとは
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
ホームに戻る

情報が役に立ったなと思われたら
ボタンをクリックして頂ければ嬉しいです(^^ゞ

banner_04.gif
↑いつもクリック頂き本当にありがとうございます。少しはこの情報が役に立っているのだなとホッとしています。取り上げてほしい情報等ございましたらコメント等でお知らせくださいね。『最新情報日本語教師海外派遣プログラム』の順位はこちらでチェック

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°
09 : 32 : 16 | 現地情報 タイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

タイ高校コース 短期だけではなく長期も可能です 6/30up

<<ホームに戻る

最新の記事

◇ 最近の傾向は、資格取得+日本語教師 6/29up
◇ ニュージーランドからマンスリーレポート 6/28up
◇ オーストラリアからマンスリーレポート 6/27up


>>> タイ高校コース 長期も可能です 


タイの高校コースの最近の傾向

今日で6月も終わり、また今年も半年が経ちます。日本語教師ネットワークもその間に、たくさんの方に、就職する、有給で働く、資格を取るそして体験するコースにご参加頂き、本当にありがたい事ですm(__)m

私自身も、この半年の間に、留学協会(内閣府認証NPO法人)の留学アドバイザーという資格を取得しました。 >>> 留学協会

その名に恥じないように、今後もみなさんへの有益な情報提供及びサポートを心がけていきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

さて、本日も引き続き最近のみなさんの傾向に関してお知らせします。

日本語教師ネットワークのタイのコースは2つあります。有給で働く(1年間、日本語学校・大学・企業)コースと短期2週間からボランティアで活動する高校への派遣のコースがあります。

今日は、気軽に短期2週間から参加出来るタイ高校コースの最近の傾向に関してお伝えしますね。
20060614105047.jpg

このコースは、タイの新年度の始まる5月より主に日本の夏休み期間中のある10月頃まで人気があります。お陰さまで昨年も今年もこの新学期は、多くの方に参加頂きましたし、頂いています。

このコースの特徴として、短期2週間から参加できるので、夏休みに気軽に海外で何かをしてみたいという方が中心ではあるようですが、最近の傾向として2週間だけの参加ではなく1学期間、1年間の参加をご希望される方が増えています。

長く行かれる方の特徴として、『タイが好き』『タイに行った事があってとても良かった』というようなタイフリークの方が多いですね。

このタイ高校コースは、至れり尽くせりのコースとしても有名です^^ 空港送迎、滞在費用含む、初日に学校へ現地スタッフが一緒に登校、活動中の写真撮影、タイ語レッスン、日本語教授法レッスン付きなど、初めて海外に行く方でも、初めてタイ語を話す方でも、初めて日本語を教える方でも、心配なく体験そして生活が出来るプログラムなんです。ですのでどなたでも参加しやすい環境なんですね。
20060605175715.jpg

しかし、このコースで1学期間以上など長期に渡って参加する場合は、より現地の生活習慣に浸る事が可能となります(^o^)/

2週間など短期の場合は、学校の生徒さんや先生のお宅などにホームステイして頂きます。身近にタイの習慣を感じながら生活して頂く事となります。

でもこれは4週間目までで、それ以降の滞在になる場合は、現地のアパートに滞在して頂く事となります。

そうです!自分で生活をしていく事が始まるのです。日中は学校で活動して頂き、放課後は、自分のペースで生活していく事が可能となります。現在活動している方などは、ジムに行ったり食事に行ったり、放課後の自由な時間を自分のペースで楽しんでいらっしゃるようです。
20060605175642.jpg

アパート探しなどはもちろん現地日本人スタッフが対応しますし、アパートの費用もプログラム費用に組み込まれているので、費用的にも安心です(^o^)/

高校コースは、短期参加が特徴でもありますが、このように長期でも参加可能です!尚、このコースで長期で参加する際には、しっかりとワークパーミットのビザも取りますので、ビザ上でも安心です。

以下に、このコースの長期に参加した方の志望動機を紹介しますね。ご興味のある方はどうぞご参考に(^_^)v
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
何かを教えること、子供が好きで、何よりタイが大好きなことから、私は将来タイで日本語教師か、日本でタイ語教師をしたいと思っています。なのでこの派遣プログラムに応募しようと決意しました。言語・文化を教えたり交流したりすることが大好きで、今子供との国際交流ボランティア団体の代表をしています。各学校・幼稚園に訪問し英語レッスン・文化交流のイベントを開催したり、又学内の日本語クラスの外国人学生に日本語を教えたりする中で、将来の目標であるタイでの日本語教師に挑戦したいと思い、このプログラム派遣を希望します。


日本語の授業は直接法なので、日本語を使いますが、学校での生活や日常の生活の上でタイ語を話す機会もたくさんあります。タイ語を習得したい方にも長期コースは最適な環境ですね。

基本的に学期途中からの参加も可能ですが、長期に亘る場合は、各学期初めから参加されるとより良いかも知れません。(タイの学期は2学期制、5月が1学期、11月が2学期の始まりです)

◇ タイで日本語教師海外派遣プログラム
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加
◇ 派遣インタビュー
◇ 派遣インタビューとは

ホームに戻る>>
09 : 20 : 13 | 現地情報 タイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

写真で報告 夏休みのタイ 6/14up

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ ドイツ2006年9月出発 最後の募集+ビザのお知らせ 6/13up
◇ アメリカ2007年1月出発募集開始! 6/12up
◇ イギリス2007年1月出発募集開始! 6/9up


>>> 写真で報告 夏休みのタイ


夏休みはタイで日本語教師!

先日、2週間から活動可能なタイの短期プログラムの紹介を写真でしましたが、今年はこのタイ短期が人気あります!現地から続々と活動の様子が送られてきていますので、紹介しますね。

夏休みにタイに行きたい方、海外で何かをしてみたい方、どうぞご参考下さい!

20060614105047.jpg
↑バンコク到着。空港までホームステイ先やそのお友達がお迎えに来てくれました♪

20060614105129.jpg
↑学校に行ったらビックリ。自分のウェルカムポスターが!

20060614105213.jpg
↑お決まりの^^;全校集会です

20060614105306.jpg
↑そして、同様にあいさつしました・・・。準備研修中に練習していたので何とかこなせたと思います。

20060614105347.jpg
↑生徒さんと一緒にパチリ。お花はプレゼントされました♪

Picture20061[1].jpg
↑教室であいさつです。マイクを使って授業するんですね。男性のせいか、女生徒に人気があったようです!

Picture20058[1].jpg
↑日本語の先生と一緒に授業です。

Picture20046[2].jpg
↑私の学校です。これもまた全校集会の様子です。


タイのこの短期プログラムの特徴は、到着してからすぐに現地に溶け込むことが出来ます。それは、日本語や日本がとても人気があるので、生徒が心待ちにしているからです。

とても待ち焦がれている環境なので、嬉しいですしとてもやりがいがあります。

是非、タイの子供たちに、日本語や日本文化を教えてみませんか!

◇ タイで日本語教師海外派遣プログラム(短期)
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加
◇ 派遣インタビュー
◇ 派遣インタビューとは

ホームに戻る>>
11 : 07 : 17 | 現地情報 タイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

写真で解説♪タイ短期プログラム初日の様子 6/5up

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ シドニー私立セカンダリー緊急募集! 6/2up
◇ 日本語教師になるための本 6/2up
◇ 9月出発できるのはドイツだけ! 6/1up


>>> 写真で解説♪タイ短期プログラム初日


先日、日本語教師ネットワークのタイ短期海外派遣プログラムに参加された方の学校での初日の様子が、届きました。ホッカホッかの写真です♪

今日はこの写真に沿って、活動の様子をお知らせいたしますね。タイをご検討の方、夏休みに利用したい方、どうぞご参考にしてみてくださいね!

↓ 学校の初日です。金曜日にタイのバンコクに到着後、準備研修を現地事務所で土曜日・日曜日と行ないます。今日は月曜日、いよいよ学校がスタートです。担当の先生とご対面、まずは記念撮影パチリ♪
20060605175507.jpg

↓ 朝礼であいさつです。これだけ多くの生徒さんが集まってくれました。
20060605175601.jpg

↓ 先生が私のことを紹介してくれています(たぶん??)
20060605175659.jpg

↓ 準備研修中にタイ語でのあいさつを学びました。本番は・・・何とか^^;なったかな?
20060605175621.jpg

↓ ホッと一息、他の先生方と記念撮影です!
20060605175715.jpg

↓ 先生に連れられて、教室まで向かってます。タイの学校の廊下はこんな感じ。
20060605175450.jpg

↓ 日本語の授業で早速、あいさつです。自己紹介をしました。
20060605175405.jpg

↓ 早速、日本についての紹介です。私の出身地はここです。なんて言うところですか?
20060605175642.jpg

↓ 教室内の様子です。
20060605175525.jpg

↓ 正解は②です!皆さん分かりましたかぁ?
20060605175541.jpg

↓ 個別にも教えてみました♪
20060605175430.jpg


以上、初日の様子を写真でおって解説してみました。(^O^)/ いかがですか?雰囲気を掴んで頂ければいいのですが。現地スタッフ曰く、この方は挨拶も上手にタイ語でされ、すっかり初日から生徒さんと打ち解けられているとの事です。良かったですね。

現地では、初日の日は、一緒に学校まで現地スタッフがお供します。そして学校の事、校長先生、担当の先生をそれぞれ紹介します。写真もこのように撮って、この写真は記念の写真としてお持ち帰りして頂いています。

タイも日本語熱が高い国です。直説法が主体なので日本語を使って日本語を教えるスタイルですが、事前にタイ語レッスンもついているのでタイ語を使ってコミュニケーションもとることが可能です。是非、トライしてみてくださいね!

◇ タイで日本語教師海外派遣プログラム
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加
◇ 派遣インタビュー

ホームに戻る>>
18 : 20 : 48 | 現地情報 タイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

タイ新学年スタート! 5/2up

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ TOEICの変更点 5/1up
◇ TOEIC 平均129点up↑ 4/28up
◇ オーストラリア4月度準備研修 4/27up



■□タイ新学年スタート!□■

ゴールデンウィークも真っ只中!皆さん如何お過ごしですか?さて、この5月、タイでは新学年がスタートする時期です。

タイの公立高校では通常、年2学期制です。そして第一学期はこの5月中旬からスタートします。タイでも日本語教育が盛んで日本語教師ネットワークでは公立の高校に派遣するプログラムも提供しています。(タイでは大学・日本語学校への派遣の有給のプログラムもあります)

新年度のこの時期、フレッシュな生徒と一緒に日本語のクラスを共有してみませんか!きっとあなたの教えた事やあなたの存在自体が、タイの学生にいい影響を与える事でしょう。
20060320115302.jpg

今日は、このタイにご参加される方の志望動機を以下に紹介したいと思います。


何かを教えること、子供が好きで、何よりタイが大好きなことから、私は将来タイで日本語教師か、日本でタイ語教師をしたいと思っています。なのでこの派遣プログラムに応募しようと決意しました。言語・文化を教えたり交流したりすることが大好きで、今子供との国際交流ボランティア団体の代表をしています。各学校・幼稚園に訪問し英語レッスン・文化交流のイベントを開催したり、又学内の日本語クラスの外国人学生に日本語を教えたりする中で、将来の目標であるタイでの日本語教師に挑戦したいと思っています。

このプログラムを通じて、現地タイで日本語を教えることで、日本語教育能力の向上だけでなく、タイ語での日本語の教え方、タイ文化と日本文化を活かしそれをうまく融合させた日本語の教え方、又、自分自身のタイ語運用能力の向上を身につけたいと思っています。


この方は、現在大学生でいらっしゃいますが、大学内においても、日本語の先生のアシスタントをしていらっしゃるとの事。それは、その大学は半分が外国人で構成されている大学だそうで、その関係で日本語の授業が日常に多く開講されているからだそうです。この方は、去年から、その授業での先生のアシスタントを行っているとの事です。

将来のご自信の夢に向かって本当に色々と努力していらっしゃる方のようですね。この方の活動に関しても後日報告して行きたいと思いますので、乞うご期待くださいね。
20060407110332.jpg

尚、このタイの公立高校への派遣プログラムの特徴は・・・

○空港送迎あり(往復)
○タイで日本語を教えるにあたっての準備研修あり
○タイ語レッスンあり
○滞在費用が含まれる(食事つき)
○学校の初日、現地日本人スタッフが一緒に同行して学校の案内・先生の紹介等を行ないます
○授業中の活動の様子を写真撮影します(記念に差し上げます)
○授業用参考教材付き
○直接法で授業ができる


などを全て含めて15万円(2週間)からです(学割の適用もあり)^^/
もちろんそれ以外に通常の日本での出発までのサポート、帰国後のサポート、現地での活動中のサポートは普通に致しますので、思い立ったらすぐにでも行ける、そして日本語教師ネットワークが自信を持ってお勧めするプログラムなんです!

○日本語教師を海外でして見たい方
○本格的に直接法で教えてみたい方
○海外でボランティア体験をしてみたい方


におススメです!

このタイのプログラムは日本の夏休みにもとても人気のプログラムです。夏休みに海外で何かをして見たいと考えている方にもとてもお勧めのプログラムです!

◇ タイで日本語教師派遣プログラム
◇ 7月出発Aust/NZ スーパーキットプレゼント!
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加
◇ 派遣インタビュー
◇ 派遣インタビューとは

ホームに戻る>>
17 : 13 : 14 | 現地情報 タイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

jtnet

Author:jtnet
日本語教師ネットワーク

日本語教師ネットワークがお届けする日本語教師養成講座・海外派遣プログラム(有給・ボランティア)・就職するの最新情報をお伝えしています。
BBIは海外留学アドバイザー
(留学協会 登録番号55101)

BBI日本語教師ネットワーク

日本語教師養成講座

日本語教師海外派遣プログラム

児童英語教師と英語教師養成講座

海外で幼稚園ボランティア

BBI日本語教師ネットワークの今月のキャンペーン

BBI日本語教師ネットワークのお得な割引情報

日本語教師になる。サイトへ

留学に行こう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

人気ブログランキング

人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。