スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

TOEIC 平均129点up↑ 4/28up

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ オーストラリア4月度準備研修 4/27up
◇ 9月カナダ 本当に最後です! 4/26up
◇ 7月ニュージーランド 最終募集!4/末迄 4/25up




『TOEIC 平均129点up↑』

いよいよ明日からは、ゴールデンウィークですね♪JTBによると成田も出国ラッシュになるとか。羨ましい限りですT-T

日本人は結構海外旅行も行っていて、海外旅行慣れしていますよね。なので英語がしゃべれなくたって現地ガイドとその慣れで何とかなってしまいますし、現地の観光スポットでは、怪しい(?)^^日本語を話せる人もいたりするので結構平気です!

一方で、海外旅行に行くたびに今度こそは絶対英語でコミュニケーションをとるんだ!という意気込みを持って現地に行きます。ホテルのポーターにタイミング良くサンキューといえたり、道を聞いたりして教えてもらったりしたら、かなり嬉しいですよね♪これがチェックインも出来ちゃったり、レストランでスラスラとオーダーが出来ちゃったりするとそりゃーかなりの英語ツウと思われちゃいます。

でも・・・、実際はそんな風になりたいなぁ~と思っている人のほうが多いのでは。

来月5月からは、TOEICの試験方法がリニューアルされますね。(詳しくはこちら>>>TOEIC)何でもこれまでのアメリカンイングリッシュ傾聴型から、出題される会話の発音もワールドワイドになっていろいろな国の発音で出題されるらしいです。
toeic.gif

その他にも変更点がいくつかあって、うわさではこれまでより点数が取りにくくなるのでは!と言われています。ちょっと嫌な情報ですよねT-T。

さて、そのTOEIC、日本語教師ネットワークでは、英語圏に派遣される方対象に出発前と帰国後の2回にわたってTOEICのテストを無料で受けて頂くサービスを展開しています。

自分の英語の成長度がわかれば達成感の一つになりえるし、帰国後の就職活動にも役に立てていただくためです。
これまで多くの参加者に受験して頂きデーターも一つ一つ取ってきました。今日はなんと!そのTOEICスコアーを少し紹介したいと思います。以下、どうぞご参考下さい!

○出発前の平均英語力(TOEIC点数)
509点(350点から720点)
※↑これは日本語教師海外派遣プログラムに参加する参加者像ですね。

○帰国後と比較した平均伸び率(スコアアップ数)
129点up↑

○最大伸び率
275点up↑

いかがですか!この数字!!

こんなにもスコアがアップするんです!!!

しかも参加される方々は活動中、TOEICスコアアップのための試験対策で躍起になっているわけではなく通常の活動を終えてその後そのまま試験を受けられる形ですので、真の実力としてスコアに反映されると思うのですが、それがこの数字です。

因みに、このブログを書くためにイロイロなTOEICのスコアアップ率のサイトを見ましたが、平均してここまで上がっているのはあまり見ることが出来ませんでした。この数字より上がっている方もいらっしゃいましたが、毎回TOEICを受けて、その都度対策を取っていらっしゃった方、云わば、TOEICフリークの方だけでした(あくまでも筆者の情報収集と主観によるものです)。

基々こういったことも紹介できればと思ってTOEICの受験2回サービスを実施してきたのですが、思った以上に皆さんスコアアップされていて、やっていてホント良かったと思っています。

今後もデーターを蓄積して行って、より確固たる数字が紹介できるようにしていきたいと思っています。

でも、このプログラムに参加するとこんだけ自然と上がるんですね。改めてビックリです!!

◇ 7月出発スーパーキットプレゼント!
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加
◇ 派遣インタビュー
◇ 派遣インタビューとは

ホームに戻る>>
スポンサーサイト
11 : 49 : 08 | 英語関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

オーストラリア4月度準備研修 4/27up

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ 9月カナダ 本当に最後です! 4/26up
◇ 7月ニュージーランド 最終募集!4/末迄 4/25up
◇ 7月オーストラリア最終募集! 5/10まで 4/24up




『オーストラリア4月度準備研修』

今週は実は、シドニーで4月出発者の準備研修を行なっています。先月3月は2回、今月も1回となんだか準備研修に追われていますが、新しい方がドンドン来られて、新鮮な気持ちを持続できて感謝です!

今回ご参加された方々は、

○将来先生になりたい(小学校と中学校の教員免許を持っていらっしゃいます)
○大学を1年間休学して来た。将来はアジアで日本語教師をしたい
○日本語教師に向いているかどうか試してみたい、確認してみたい
○英語を使ってボランティアしてみたい
○児童英語教師を目指している


等、様々な目的があってご参加いただきました。皆さん明確な目標があられるので、準備研修を受けられる姿勢もとても良く、英語についてもデモンストレーションについても充分に準備されて臨んでおり、これまで多くの準備研修をしてきましたが、今後の活動がとても期待できそうな方々ばかりでした^^¥

以下に少し、この準備研修の感想を紹介したいと思います。
20060429224101.jpg

○教師の経験も英語での授業をした経験もなかったので、とても役に立ちました。最初はすごく緊張したけど、だいぶ慣れました。他のメンバーとも意見交換ができたので大変良かったです。

○英語レッスンも反復練習したので身に付いたと思います。

○課題でやっていた分にプラスして話が聞けてよかった。

○日本語の先生から色んな話が聞けてよかった。色んなリソースも持っていて課題やこれから役立ちそう。今教えている先生の話しを聞くチャンスはなかなかないので新鮮な話が聞けてよかった。

○皆、準備は大変だったけど、レッスンは楽しく出来た。私も昔習ったことをほとんど忘れていたので復習になってよかった。この銃牛オーストラリアでやったような事が実際に学校で出来る時間があると言いと思う。

○何度も同じレッスンを繰り返してくれたので良く使う英語のキーセンテンスはすぐ覚えられて良かった。
20060429224014.jpg

○初日からロールプレイングが合って大変だったけど、逆にそのおかげで何回も繰り返して練習したので、英語での説明や注意の仕方もわかってよかった。

○英語の先生は実践的で今までにない感じの英語レッスンで勉強になりました。

準備研修は、午前中に日本人講師によるオリエンテーションと、デモンストレーション、そして午後は英語のネイティブの先生による英語のレッスンとデモンストレーションのため、かなりハードな内容となっています。でも、その分、その達成感は、これからの活動のパワーの源となるに違いありません!研修を生かして自分の色の活動を頑張ってくださいね。
20060429223951.jpg

さて、この写真はオマケですが、準備研修中の歓迎会・壮行会の写真です。日本食レストランで最後の(?)日本食を召し上がって頂きます。今回は皆さん彼氏彼女の話しと、お箸の持ち方の話など、現実的なお話(?)と日本語教師らしいお話しとで、とてもにぎやかな壮行会でした¥^^/
20060429224038.jpg

◇ オーストラリアで日本語教師派遣プログラム
◇ 7月出発スーパーキットプレゼント!
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加
◇ 派遣インタビュー
◇ 派遣インタビューとは

ホームに戻る>>
11 : 45 : 49 | 現地情報 オーストラリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

9月カナダ 本当に最後です! 4/26up

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ 7月ニュージーランド 最終募集!4/末迄 4/25up
◇ 7月オーストラリア最終募集! 5/10まで 4/24up
◇ 日本語の教え方スーパーキット プレゼント! 4/21up




『9月カナダ 本当に最後です!』

2006年9月カナダ出発、現在続々と参加者が決定してきています。カナダの日本語教師派遣プログラムは歴史もあり、受入になれた学校が継続して派遣校(受入校)となっていますが、セカンダリー(中高校)で、選択科目としてようやく第二外国語のカテゴリーに入ったばかりなので、一方で受入校の数は飛躍的に伸びているわけではありません。

従って残念ながらカナダの派遣に関しては、派遣校(受入校)の数がある程度決まった上で募集を行う事となります。

現在までに5名の方が決定しています。そして選考試験を受けられた方、これから受けられる方もいらっしゃいます。従って、残りの枠も余りなくなってきました。

9月はカナダのアカデミックイヤー(新年度)の始まりです。この時期に出発するとフレッシュな生徒と一緒に一つずつ日本語や日本文化などの知識を教えていく事ができます。

カナダへの派遣ご希望の方は、大至急お申し出下さい。お待ちしています。締切は今月末までです!


2006年9月出発 カナダ
出発日  :2006年9月 (日程はわかり次第お知らせします)
準備研修 :バンクーバー会場  
募集締切 :2006年4月30日まで!
※ご参加に当たって 募集締切日前までに派遣インタビューを受けられ、合格する事が前提です。
派遣校紹介:こちらをご参照下さい

20060412120158.jpg

因みにカナダで活動するに当たって求められることを下記に列記します。

①英語力があること
②自分ひとりで授業が行えるスキルを身に付けていること又は気構えがあること
③日本語以外の授業にも積極的に参加できること


①は、オセアニア地区と比べたときに、高い英語力が求められる環境にあります。学校では日本語で助けてもらえる機会はあまりないと考えた方が良いです。(もちろん現地日本人スタッフによるサポートはありますが)

②は、日本語教育環境がまだまだ整っていない事から、専任の日本語の先生がいる学校に派遣されないケースもあります。その場合には、アシスタント教師としてではなく、一日本語の先生として対応頂く部分が出てきます。

③は、日本語の授業以外に、お手伝いを依頼されるケースがあります。例えば、社会の授業で日本の地理について説明したり、音楽の授業で日本の音楽の紹介をしたり、いろいろな場面でお手伝いを求められる事があります。
20060405174240.jpg

以上のように、ある程度日本語の先生としてまた一先生としてプロフェッショナルな部分を求められる傾向がカナダの場合はあります。

ただ、逆を言うと、英語を使うそして学ぶ機会は他の派遣国より多いため、英語のブラッシュアップには最適な環境である事、責任を持って授業を進めることがあるので、教育に興味のある方、勉強をしたい方にも最適な環境であるといえます。

また、日本人が慣れたアメリカンイングリッシュを使用していて、でもアメリカではないので治安の面で安心であるし、生活において不便さもあまり感じないのが、補足的なカナダの良い特徴ともいえます。

そんなカナダで、是非、トライしてみませんか!そして活動してみませんか!!

ご興味のある方は今月末までの募集です。大至急お申し出下さい!!

◇ 9月カナダの派遣校紹介
◇ カナダ日本語教師派遣プログラムとは
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加
◇ 派遣インタビュー
◇ 派遣インタビューとは

ホームに戻る>>
11 : 47 : 26 | 募集情報 カナダ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

7月ニュージーランド 最終募集!4/末迄

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ 7月オーストラリア最終募集! 5/10まで 4/24up
◇ 日本語の教え方スーパーキット プレゼント! 4/21up
◇ マンスリーレポートをアップしました! 4/20up




『7月ニュージーランド 最終募集4/末迄』
-日本語の教え方スーパーキット プレゼント♪-

今日、4月25日は、アンザックデーです。アンザックとはAustralia&New Zealand Army Corpsの頭文字ANZACからとったもので,オーストラリアとニュージーランド軍の総称の事です。

この両軍が第一次世界大戦中にトルコ領ガリポリ半島南端に上陸した日があり、その日が4月25日だったと言う事からこの日が記念日となって、オーストラリア及びニュージーランドでは祝日となっています。

この祝日の日、それぞれの国の各地では、戦没者の慰霊祭として彼らを称えるパレードなどのイベントが執り行われます。

第一次世界大戦では、味方として、第二次世界大戦では敵国として戦った日本ですが、その関係で日本(人)に感謝する人もいればいまだに快く思ってない方もいらっしゃるようです。(10年位前と比べるとその数は減っていると感じていますが)

日本語(アシスタント)教師としてオセアニア地区に参加される方は、このアンザックという事も是非事前に理解した上で参加さえる事をお勧めします!こういった微妙な話はきちんとした知識があることが必要だからです。

でも昨今は、そんなことは全く気にする事もないほどオーストラリア、ニュージーランドとも親日家であり、歓迎をしてくれる環境下です!ですので、心配する必要はほとんどないのですが、歴史を知っておくことはやはり“親善大使”の一員として役割を担う日本語教師としては知っておいたほうが良い事でしょうね。
20060310075740.jpg

さて、そのうちの一つの国、ニュージーランド!個人的には一番好きな国でもあるのですが^^、7月出発の日本語教師海外派遣プログラムの最終募集を行なっています!


2006年7月出発 ニュージーランド
出発日  :2006年7月8日 (現地到着9日)
準備研修 :オークランド会場 7月10日~14日まで(予定) 
募集締切 :2006年4月30日まで!
※ご参加に当たって 募集締切日前までに派遣インタビューを受けられ、合格する事が前提です。
※7月出発者対象 日本語の教え方スーパーキットプレゼント♪

7月ニュージーランドの派遣校紹介はこちらから

募集期間もあとわずかです。ご希望の方は大至急にお申し出下さい!皆様のご参加をお待ちしています。

さて、ニュージーランドでも先週に4月出発者の準備研修が行なわれました。自分自身がうまく溶け込めるかどうかとても不安な時期でもありますが、これまでの先輩の方々がどのように学校に溶け込んで行ったかいくつか紹介したいと思いますね。

“廊下であったら必ず挨拶をするようにしています。スタッフルームでは、長い会話はできませんが、つねにフレンドリーにしているようにしています。”

“とにかく、顔と名前を早く覚えるように頑張っています。”
20060412120238.jpg

“学校のクラブ活動に参加することにしました。そのことで先生達とも、生徒たちとももっとコミュニケーションをはかれるように頑張ります。”

“学校行事の準備を率先して手伝っています。日本語担当の先生達ともお話しするいい機会になりました。”

“スタッフの誕生日パーティや、イベントに誘われたら、気が進まなくても参加するようにしています。”

“日本語以外の授業にも参加させていただいています。また、自分が教える事についても日本語の先生をはじめとして他の先生方にも、質問をしたり、アドバイスをお願いしたりしています。”

これらの事は、溶け込むことの一つの方法です。是非参考にしてみてくださいね!

◇ 7月ニュージーランドの派遣校紹介
◇ 体験談
◇ マンスリーレポート
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加

ホームに戻る>>
11 : 45 : 05 | 募集情報 NZ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

7月オーストラリア最終募集!5/10迄

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ 日本語の教え方スーパーキット プレゼント! 4/21up
◇ マンスリーレポートをアップしました! 4/20up
◇ 体験談をアップしました! その2 4/19up




『7月オーストラリア最終募集! 5/10迄』
-日本語の教え方スーパーキットプレゼント♪-

今週末から日本はゴールデンウィークに入りますね。5月の新緑の時期にもなり一番好きな季節です。でももう2006年も1/3も経過してしまったのですね。

さて、その2006年の今年は、日豪交流年です。この日豪交流年とは、まさに草の根レベルでの両国間の友好関係、相互理解、協力をさらに深めていくものですが、これまでもオーストラリアの各地及び日本でいろいろな行事が行なわれました。こちらシドニーでは観光地であるダーリングハーバーで盆踊りやたこ焼きなどの屋台がでるなどそれぞれに趣向を凝らしたイベントが行なわれました。
bihorz_color_rgb.gif

日本語教師ネットワークが行なっているこの『日本語教師海外派遣プログラムオーストラリア編』は、実はこの日豪交流年2006の認定事業に指定されています。

日本語の授業を行なっている学校で日本、日本文化、日本語を教える皆さんのこの活動は、日本オーストラリア間の友好関係の一役を担っている事となります。すごい事なんですよね!!

そのオーストラリアでの第3学期目、日本語教師ネットワークでは、7月から日本語教師として又は日本語アシスタント教師として活動を開始して頂く方を募集しています。


2006年7月出発 オーストラリア
出発日  :2006年7月8日 (現地到着9日)
準備研修 :シドニー会場 7月10日~14日まで(予定) 
募集締切 :2006年5月10日まで!
※ご参加に当たって 募集締切日前までに派遣インタビューを受けられ、合格する事が前提です。
※7月出発者対象 日本語の教え方スーパーキットプレゼント♪
7月オーストラリアの派遣校紹介はこちらから

今日24日からはオーストラリア4月度の準備研修を行ないます。派遣校は様々ですが、今回の4月出発者は、州立(公立)小学校、州立中高校に1学期間参加の後、州立小学校へ派遣、私立一貫校、州立中高校など、様々な派遣校で活動される予定です。
20060428153826.jpg

因みに、これらの派遣校はこれまで日本語教師ネットワークからの派遣者を受け入れて頂いた学校が多く、前任者がいる場合には、日本にいるときから前任者と連絡を取って頂く事も可能で、

○どんな学校であるのか
○引継ぎに関して
○現地の生活環境に関して


等を事前に確認して頂く事も可能です。7月から受け入れを募集している学校に関しても同様でこれまで日本語教師ネットワークとお付き合いのある学校を中心に派遣しています。

日本語教師ネットワークでは、なるべく日本語環境の整った、日本語教育に熱心な、そしてなるべく受入に慣れた経験のある派遣先を紹介しています。参加される方も派遣校も両者ができるだけ、ハッピーになる様にアレンジに努めています。

活動の様子は、体験談や現地の生情報マンスリーレポートもどうぞ参考にして見てください。

募集締切期間が長いのが日本語教師ネットワークの特徴でもありますが、それでも締切の5月10日まで、あと2週間ほどとなりました!

ご希望の方は大至急にお申し出下さい!皆様のご参加をお待ちしています。

◇ 7月オーストラリアの派遣校紹介
◇ 体験談
◇ マンスリーレポート
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加

ホームに戻る>>
11 : 43 : 42 | 募集情報 オーストラリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

日本語の教え方スーパーキット プレゼント!

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ マンスリーレポートをアップしました! 4/20up
◇ 体験談をアップしました! その2 4/19up
◇ 体験談をアップしました! 4/18up




『日本語の教え方スーパーキット プレゼント!』

将来、日本語教師を目指している方で、知らない方はいないだろうというのが、出版社アルクが提供している『日本語の教え方スーパーキット』という玉手箱(道具箱)です♪
20060428125301.jpg

http://www.alc.co.jp/alcshop/up/8010879.html#8010878

このスーパーキットの特徴は

『初級の必携教材がパッケージされた、まさに“日本語教師のための道具箱”です。クラス授業、プライベートレッスン、海外...とどんなところでも、これさえあれば、「初級を教えてほしい」という期待に安心してこたえられます。文字の導入・練習用の教材をはじめ、入門から初級前半に不可欠の教材・教具がひと通りそろえてありますので、初級クラスをスムーズに進めることができます』

であり、まさに日本語教師海外派遣プログラムで派遣国で活動をされる方には、必携の道具箱!です。(派遣先の日本語教育環境によりますが、中高校含めて全てのレベルで使用できるマテリアルです)

そのスーパーキットをなんと!

2006年7月オーストラリアとニュージーランドに出発する方にプレゼントしちゃいます^^¥(通常販売価格13440円)

今だけの特典です!現地での活動の成功いかんは、いかに日本にいる間に準備をしているかです。使える教材が予めあるととても心強いですよね。

因みに今回プレゼントさせて頂くスーパーキットに含まれる内容は以下の通りです。

●動詞活用表・形容詞活用表・・・A1判・カラー・1枚、A1判・1枚●カードスタンド・・・厚紙製・折りたたみ式・1個●数え方チャート(1)(2)・・・A1判・カラー・各1枚●かなカード・数字カード・・・214枚 ※両面印刷●日本地図・・・A1判・カラー・各1枚●カレンダー(1)(2)・・・A3判・カラー・各1枚●絵カード・・・212枚 ※絵入り索引(28ページ)付き●絵シート・・・A4判・23枚(うちA2判「タウンマップ」1枚)●シチュエーションかるた・・・カラー・62対●ひらがな・カタカナ・漢字練習用シート・・・A4判・計140枚●ペープサート(会話練習用スティック)・・・スティック3本、型紙10枚(人型4枚、記号6枚)●時計判・・・1枚 ※マグネット付き●教え方クイックガイド・・・A5判・62ページ・1冊

2006年7月の
オーストラリア と ニュージーランド 
に向けて出発される方だけのプレゼント!です。


派遣させて頂く派遣校は日本語教育にとても熱心な学校ばかりです。より充実した活動にするために是非この教材を活用下さいね。

◇ 7月オーストラリアの派遣校紹介
◇ 7月ニュージーランドの派遣校紹介
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加

ホームに戻る>>
11 : 50 : 21 | 日本語教師海外派遣プログラム | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

マンスリーレポートをアップしました!

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ 体験談をアップしました! その2 4/19up
◇ 体験談をアップしました! 4/18up
◇ オーストラリアで日本語教師養成講座! 4/17up




『マンスリーレポートをアップしました!』

日本語教師ネットワークでは、少しでも皆さんがこのプログラムのイメージが沸くように、情報提供を心がけています。

昨日までの体験談に引き続き今日はマンスリーレポートの紹介をしたいと思います。

マンスリーレポートというのは毎月、学校やホームステイ先での活動、生活状況等をお知らせいただくもので、参加者の生の様子が伝わってくるものです。中には成功した授業、失敗した授業などそれぞれ具体的に紹介いただくところもあり、とても参考となるレポートです。
20060410095727.jpg

現地ではそれぞれこのマンスリーレポートを毎月、各学校より現地事務所に送っていただき、現地事務所ではそれを冊子にまとめて、また皆さんに送り返しをしています。

こうする事によって、

○同期の方々の活動の様子がわかり苦楽を分かち合える^^
○成功した授業、失敗した授業等知ることが出来るので自分の授業に生かせる材料となる

など、参加者同士の情報交換のツールとしての側面もあります。

そんなマンスリーレポートですが、実際に書かれた参加者の様子を参加時から研修修了までまとめてホームページ上で紹介します。このプログラムに興味を持たれている方はどうぞご参考下さい!手に取るように現地の様子が伺うことができますよ。

以下にちょっとだけ、紹介しますね^^¥
20060428112629.jpg

☆参加した最初の月のマンスリーレポート

今月、私は自己紹介をしました。自己紹介は全て英語で話しました(とても拙いですが・・・)。その際、(私は奈良出身なので)奈良の鹿や大仏、商店街、私の通う大学、東大寺の写真(A4ラミネーター)を見せながら奈良の紹介をしました。(あと日本地図を書いて東京、奈良、大阪の位置を教えました)

紹介の後は質問タイムを取りました。「鹿は人をおそう?」(めったにない)、「あなたの好きな食べ物は?」(お好み焼き)、「奈良は大都市?」(ケアンズより大きい)、など様々な質問が出ました。

写真はかなり有効な教材だと思います。

続きはこちら

また、この方の場合は7月から翌年2月までの活動でしたので、その最終月まで掲載しています。どうぞご覧下さいね。最初の頃と最後の頃ではだいぶ様子が違っている事がよ~くわかります!!

◇ マンスリーレポート オーストラリア編
◇ マンスリーレポート ニュージーランド編
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加

ホームに戻る>>
11 : 49 : 26 | 現地情報 オーストラリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

体験談をアップしました! その2 4/19up

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ 体験談をアップしました! 4/18up
◇ オーストラリアで日本語教師養成講座! 4/17up
◇ そうだ!台湾へ行こう!! 4/14up




『体験談をアップしました! その2』

日本語教師ネットワークでは、少しでも皆さんがこのプログラムのイメージが沸くように、情報提供を心がけています。

このたび、新たに体験談をアップしました^^¥。単なる体験談だけではありません。体験者にいろいろな事を聞いているのでこれから参加しようとしている人には、とても役立つ情報満載です!例えば

◇TOEICのup率
◇お金はどれくらいかかったのか
◇どんな学校で活動をしたのか
◇ある1日のスケジュール
◇プログラムや派遣国の選んだポイント
◇これから参加する方へのアドバイス


等を盛りだくさんにお伝えしています♪

随時、アップしていきたいと思いますので今後も乞うご期待下さいね!

それでは今日アップした分をちょっとだけ、紹介します^^/

オーストラリア 青島里恵さんからの体験談

かつて、大学で日本語教授法を学び、教育実習なども行い日本語を教える難しさを肌で体験しました。大学卒業後、日本語教師の道のりも考えましたが、日本では日本語教師の枠が狭いと言う事で、大学の教授の勧めもあり、企業でシステムエンジニアとして働く事となりました。しかし、「大学で勉強した事を生かし日本語を教えてみたい!」という気持ちが強く、3年勤めたあと、会社を退職しオーストラリアへ出発しました。
20060420212418.jpg

私は、YEPPOONという町で日本語教師を体験しました。自分が派遣されることにならなければ、場所も名前すらも知ることがなかったような小さな町、海辺の町でした。そこでの生活は、平日は学校に行き授業をし、週末はボートで島にいったり、シュノーケル、サーフィン、スケートボード、乗馬、魚釣り、カヌー・・・。

続きはこちらをご覧下さい^^

◇ 体験談
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加

ホームに戻る>>
11 : 48 : 33 | 現地情報 オーストラリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

体験談をアップしました! 4/18up

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ オーストラリアで日本語教師養成講座! 4/17up
◇ そうだ!台湾へ行こう!! 4/14up
◇ 9月ドイツ こちらもあとわずかです! 4/13up




『体験談をアップしました!』

日本語教師ネットワークでは、少しでも皆さんがこのプログラムのイメージが沸くように、情報提供を心がけています。

このたび、体験談をアップしました^^¥。単なる体験談だけではありません。体験者にいろいろな事を聞いているのでこれから参加しようとしている人には、とても役立つ情報満載です!随時、出来次第アップしていきたいと思いますので乞うご期待下さいね!

ちょっとだけ、さわりを紹介します。

オーストラリア 藤由紀子さんからの体験談

大学生になったら留学する・・・と高校の頃から漠然と思っていました。留学の夢がかないオーストラリアまでやってきたのですが、最初の1ヶ月はとてもつらく長いものでした。何しろ、TV、まわりの人間、学校、家、スーパーのチラシまで全部英語。日本語が使えない環境は想像以上につらかったです。話せない、聞き取れない、そんな自分に悲しくなって泣きたいときもありました。
20060420143512.jpg

変化は2ヶ月目に現れました。スクールホリデー中に旅行したのですが、2週間のツアーをする中で、ウルル(エアーズロック)を見たり、カカドゥや雄大な自然の中で、生活し、世界中の国の人と語り合ったり、はしゃいだりして旅行の楽しさを知りました。そしてその旅行が終わり、ステイ先に帰るとホストマザーが「英語、聞き取りできるようになったね。」の一言。その後は学校や毎日の生活が段々楽しくなり、慣れてきました。

続きは、こちらをご覧下さい^^

◇ 体験談
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加

ホームに戻る>>
11 : 47 : 28 | 現地情報 オーストラリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

オーストラリアで日本語教師養成講座! 4/17up

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ そうだ!台湾へ行こう!! 4/14up
◇ 9月ドイツ こちらもあとわずかです! 4/13up
◇ 残りわずか! カナダ9月の募集枠 4/12up




『オーストラリアで日本語教師養成講座!』

今年に入ってから日本語教師ネットワークでは、日本語教師に関わる4つのステージを機軸に皆様をサポートさせて頂いております。それは、

 資格を取る >>> ボランティアで働く >>> 有給で働く >>> 就職する

です。どのステージから始めるかは今の皆さんのビジョンや状況によると思いますが、将来日本語教師として本格的に働きたい場合は、何かしらの資格を取っておく事はとても大事な事です!日本語教師関連の資格としては「日本語教育能力検定試験」と「420時間日本語教師養成講座」が代表的なところでしょうか。最終的に就職をして行く上では、これらのどちらかの資格が必ず必要と思われます。そしてより実践的に学べるのが420時間の養成講座の方です。養成講座を扱っている学校にもよると思いますが、通常は大きく分けて講義と実践を含んだ内容になっています。日本語教育能力検定試験にはこの実践部分がありませんので、実体験をしながら学べるのは養成講座の特徴とも言えるのではないでしょうか。

さて、日本語教師ネットワークでは、その『資格を取る』というサポートとして『オーストラリアで日本語教師養成講座』というプログラムがあります。
20060417112224.jpg

なぜ、オーストラリアで日本語教師養成講座なのか!?

日本語教師ネットワークでは、将来、日本語教師に本格的になるためには、

①学習者の国の文化を理解する事
②さまざまなシチュエーションに対応できること
③学習者をうまくバックアップしたり、支えたりして上げられること

が大切だと思っています。

日本語を教えるとき、ほかの言語の仕組み、文法、特徴などを知っていれば、役に立つ場合が実はたくさんあるからです。現地の人たちと交流しながら、その人たちの考え方や学習するときのスタイル、文化の違いを知ることもとても大切なんですね。教える立場ではなく、生徒の立場になること、生徒の立場を理解している事、生徒の気持ちを体感している事が重要な要素になります。

そういったことを実践するために日本国内ではなく、移民の多い国オーストラリアで420時間の養成講座を紹介しているのです。

具体的にはここが違います!
  
①実践重視の模擬授業
日本語学習者に見立てたクラスメイトや実際に日本語を学習している生徒さんに対して日本語を教える機会を設けます。事前にクラス活動のプランを立て、作った教材を使って実習をします。実習後はレポートを通して改善点などについて考え次回に役立てます。実習が多い事で、就職採用試験対策にもなります。

②すぐに役立つ教材作り
教材は先生の命!この教材作りもカリキュラムの一部です。

③シドニーだからこそできる事、『異文化・異言語体験』
せっかくシドニーまでやってきて講義だけの缶詰授業じゃつまらない。このコースの豊富な課外授業は日本では経験できない事がたくさんあります。現地の人とのエクスチェンジ、パーティやスポーツを通じての交流など、異文化体験がそのままできるので、生徒の気持ちも理解できたり、先生としての資質も養えます。

④420時間のコースを採用
日本の教育機関が日本語教師になるために必要としている学習時間が420時間(直接法です)。主な教育機関の採用条件にも適応しています。もちろんサーティフィケイト(修了証)を発行します。

⑤修了後にオーストラリアの小中高校にて実習をすることが可能
勉強した事をそのまますぐに活用できます!オーストラリアの小中高校は日本語教育に熱心で大変実習がしやすい環境が整っています。420時間の日本語教師養成講座が修了した後には是非トライしてみてください!

⑥費用が安い!
4500オーストラリアアンドルです。日本円に換算すると約405000円です(為替レート1ドル=90円として計算)。

⑦集中できます!
わざわざオーストラリアまで来るので、この事のみに集中して取り組むい事ができます。ものにするには片手間で行なうよりもそれだけに取り組んだ方が吸収力が高い事は明らかです。また、わざわざ来たということが途中で挫折すると言う事を無くしてくれます!
20060406091336.jpg

☆☆ 参加者の声 ☆☆
個性的な仲間に囲まれて、毎日の授業がとても楽しいです。いつもみんなの前で、デモをしなくてはならないので、人前に立つ事自分でも不思議なくらい平気になりました。早速日本語を外国人に教えたりして数ヶ月前の自分では想像できないくらいかなり充実した生活を送っています。

☆☆ この講座の募集要項 ☆☆
募集要項 2006年開校
① 2月20日(月)~5月5日(金)
② 4月 3日(月)~6月23日(金)
③ 5月15日(月)~7月28日(金)
④ 6月26日(月)~9月15日(金)
⑤ 8月7日(月)~10月27日(金)
⑥ 9月25日(月)~12月15日(金)
⑦ 11月6日(月)~ 2007年に卒業
参加期間:12週間
研修先:シドニー
参加条件:特に問いません。但し、研修修了後、現地の小中高校で日本語アシスタント(ボランティア)として実習をご希望の場合は、20歳以上30歳以下(ビザ取得の条件による)の方になります。

◇ オーストラリアで日本語教師養成講座
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加

ホームに戻る>>
11 : 39 : 23 | 日本語教師養成講座 Aust | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

jtnet

Author:jtnet
日本語教師ネットワーク

日本語教師ネットワークがお届けする日本語教師養成講座・海外派遣プログラム(有給・ボランティア)・就職するの最新情報をお伝えしています。
BBIは海外留学アドバイザー
(留学協会 登録番号55101)

BBI日本語教師ネットワーク

日本語教師養成講座

日本語教師海外派遣プログラム

児童英語教師と英語教師養成講座

海外で幼稚園ボランティア

BBI日本語教師ネットワークの今月のキャンペーン

BBI日本語教師ネットワークのお得な割引情報

日本語教師になる。サイトへ

留学に行こう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

人気ブログランキング

人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。