スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

カナダマンスリーレポート 5/31up

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ 夏休みはどうする?その2 5/30up
◇ 夏休みはどうする? 5/29up
◇ 7月出発ケアンズの小学校緊急募集 5/26up


>>> カナダマンスリーレポート

       
日本語教師ネットワークの本社のあるシドニーには、各派遣国より参加者の活動報告マンスリーレポートが届きます。

今月、3月から活動を開始されたカナダの参加者から4月分マンスリーレポートが届きましたので、今日はそれを紹介させていただきますね。

カナダへの派遣をご希望の方はどうぞご参考にしてみてください。
flagCA3.gif

○学校での活動で特に印象に残った事はなんですか?
2時間目の授業はじめに校内放送での連絡があるのですが、週初めにカナダ国歌を歌うことに驚きました。日本では国歌を歌う機会はほとんどなかったのに、こちらでは週に1回づつ歌う事に文化の違いを感じました。

○特に効果があった授業内容は何ですか?
G12(Grade12)の授業でしりとりをしました。チーム対抗にしたので、言葉をたくさん知っている生徒が他の生徒を助けていてみんなが楽しんでいたように思います。考える時間を短く設定したので、テンポ良く進み、良かった思います。

○効果がなかった授業内容とその反省点はなんですか?
G9の授業で、友達に質問をして答えをシートに書くという活動をしたんですが、人数が多いので、英語で受け答えをしている生徒が多かったのに目が届きませんでした。グループで活動をさせたほうが目が届きやすかったかもしれません。

○スタッフや子供たちとコミュニケーションを円滑に図る良い方法はありますか?
朝や帰り、ランチの時間など、日本語をとっている生徒に会ったら教室以外でもなるべく声を掛けえるようにしています。名前を覚えるいい機会にもなっていると思います。
20060412120238.jpg

○ホームステイの様子はどうですか?
ホストファミリー皆さんにとても良くしてもらっています。週末には独立している息子さんや娘さん達が子供をつれてよく集まってくるので、たくさんの人と触れ合う機会があり、とても楽しく過ごしています。ただ、人数が多いので名前を覚える事が今一番の課題です。

○研修校・滞在先でトラブルはありましたか?
日本語の授業が午前中しかないので、午後の時間の使い方がまだはっきりしていません。ESLの授業や他の授業に参加させてもらえるようにお願いしてみようとか思います。

○英語力向上のためにどんな努力をしています?
夕食後にホストブラザーたちとテレビを見るようにします。ドラマやニュースはやはり難しいですが、クイズ番組などは良いリスニングの勉強になっていると思います。ホストブラザーたちと話す話題も増えるので、これからも続けようと思います。


これ以外にもたくさんのマンスリーレポートが届いています。逐次準備が出来次第ホームページやこのブログ等で発表していきますので楽しみにしていてくださいね(^O^)/

次回のカナダへの派遣は、2007年1月です。(応募締切8月末日)


◇ カナダで日本語教師海外派遣プログラム
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加
◇ 派遣インタビュー

ホームに戻る>>
スポンサーサイト
11 : 00 : 34 | 現地情報 カナダ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

夏休みはどうする?その2 5/30up 

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ 夏休みはどうする? 5/29up
◇ 7月出発ケアンズの小学校緊急募集 5/26up
◇ 求む!スポーツ関連も紹介できる方 イギリス2007年1月 5/25up


>>> 夏休みはどうする?その2

       
昨日は夏休みオーストラリア・ニュージーランドに関してお伝えしました。今日は、この夏休みの設定をしているアジアの国、タイと台湾に関してお伝えしますね。

なんと言ってもタイ・台湾の特徴は、

短期2週間から参加できるという事!

短期で参加したいという方々は、最近本当に増えてきました!皆さん忙しい最中なので、わざわざ会社辞めてまでとか休学してまで参加するというところまでは、行かないのでしょうか。

日本語教師ネットワークの気持ちとしては^^、このプログラムに参加する以上、2週間では多くのことを学ぶにはあまりにも短すぎると思うので、もったいない気がするのですが、それでも、海外の教育現場を見てみたい、触れてみたい、子供たちと遊んでみたいと希望される方で、時間のない方には、ちょうど良いコースかもしれませんね。

第二にこのコースの特徴は

日本語そのままで活動が出来る

という事です。この両国では基本的に直接法という教授法(日本語を使って日本語を教える)が主体なので、タイ語や中国語が出来なくたって参加する事ができます。語学に関してあまり構えずに参加できるのもこのコースの特徴ですね。

もちろんそれぞれの国の語学を知っていると、より深い体験や活動は出来ます!タイでは特にタイ語のレッスンもこのコースについています。

そしてもうひとつの特徴は、

至れり尽くせり

のコースなのです。この両国のコースは、プログラム費用に現地での滞在費、空港送迎、準備研修費用、サポート費要など滞在中のほぼ全ての事が含まれているので、極端な話しそれ以上費用を現地で払う必要がありません。(お小遣い等はもちろん別ですけど^^;)

しかも、タイに関しては、授業中の活動中の写真撮影をします。ちょっとした思い出になりますよね。

よって、このタイ・台湾への参加は、

短期間で気軽に海外で何かをしてみたい!
方にピッタリのプログラムです。

最後に、直接法を使って将来日本語教師をしてみたい人にも向いているプログラムです。日本で勉強する420時間等は、全て直接法が主体の教授法です。従って、そういった資格をお持ちの方で将来日本語教師を目指すには、格好の活動の場でもあります。一方で、そんな特徴もこのコースは含まれています。

この両国への出発は毎週金曜日、土曜日や日曜日に現地にて準備研修を行なって月曜日から活動を開始します。締切は、出発ご希望の約1ヵ月半前までです。

ご希望の方は、ご自身のスケジュールを鑑みてご応募くださいね。

夏休みのタイ・台湾募集要項
参加期間:2週間から
出発日(予定、現地到着金曜日):
7月21日・28日・8/4日・11日・18日・25日・9/1日
(活動に当たって現地にて準備研修を行ないます)
参加費用:15万円~(学生割引有)1週間追加毎+3万円
申込締切り:ご出発の2ヶ月前まで

※ご参加に当たっては事前に派遣インタビューを受けられる事が前提です
※学校数に限りがありますのでご希望の方はお早めにお申し出下さい


以下に昨年のタイにご出発された方の体験談を紹介します。こちらもどうぞご参考に。(台湾は今年になってからスタートしたため昨年の夏休み時期の活動はありませんでした。)

安藤亜由子さん 夏休みを利用して2週間参加(タイ・バンコク市内公立高校)
20060320115302.jpg

タイ語も話せず、タイの文化も一切知らない私は、何の予習もなしに突然タイの日常に飛び込んでいきました。そこで私が出会った人たちは、皆私との会話を楽しもうとする人ばかりでした。

特に生徒とは、時には英語や覚えたての私の下手くそなタイ語も交え、いろいろな話をしました。日本での生活、私自身のこと。一体いくつの質問を受けたか、数え切れないほどです。もちろんそれは、現在学習中である日本語を実践で使ってみるという目的もあるのでしょうが、それ以上にただ日本に興味関心があるという面が強いようにも感じました。彼女たちにとって日本語は勉強であるのにも関わらず、本当に日本語を楽しんでいるようでした。

私が彼女たちに教えることができた日本語はそう多くはなかったと思います。生徒にとっては、私は先生というにはあまりに頼りなく、まるで手のかかる友達のようであったのではないでしょうか。タイの文化を何も知らない私が2週間楽しく過ごすことができたのも、彼女たちがいろいろ教えてくれたからだと思います。

タイの学生たちは皆明るく、いつもケラケラと笑っていました。授業外でも、休み時間や放課後に私に会いに来てくれたり、一緒に食堂で昼ご飯を食べたり、時には私の買い物に付き合ってくれたりと、多くの時間を生徒たちと過ごしました。始めの内はタイの生活に慣れることに精一杯で余裕のなかった私も、「ラウラカン(仲良し・両思い)」と言ってくれる彼女たちに助けられ、自然と笑顔になっていました。教えに行ったつもりが、逆にいろいろなことを教えてもらったように思います。

2週間は本当にあっという間でした。彼女たちの「いつか日本へ行きたいです。」という夢が叶ったら、是非私に会いに来て、もっと多くのことを話したいと思います。それが今1番の私の夢かもしれません。

◇ タイで日本語教師海外派遣プログラム
◇ 台湾で日本語教師海外派遣プログラム
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加
◇ 派遣インタビュー

ホームに戻る>>
12 : 33 : 41 | 募集情報 夏休み/春休み | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

夏休みはどうする? 5/29up

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ 7月出発ケアンズの小学校緊急募集 5/26up
◇ 求む!スポーツ関連も紹介できる方 イギリス2007年1月 5/25up
◇ イギリスからマンスリーレポート 5/24up


>>> 夏休みはどうする?

       
早いもので5月も後わずかです。来月からは6月、梅雨のシーズンですね。今年ももう半分近く過ぎてしまっただなんて、本当にトシを取ると月日が経つのも早すぎます^^;

去年の今頃は何をしていたのかちょっと手帳を紐解いて見ました。そうしたら夏休みに向けてこのプログラムに参加される方々の派遣インタビューをたくさんこなしていた時期でした。

今年の夏休みの日本語教師海外派遣プログラムは、昨年派遣校の確保が難しかったために、だ~いぶ前から募集をかけていたのですが、ここ最近、夏休み以外の募集情報ばかりを伝えていたので、今日は昨年に倣って夏休みに関する募集情報を伝えて見たいと思います。

そういえば、昨年、この夏休みにご参加された、将来日本語教師を目指している方(現在大学生)が、この5月から国際交流基金の「ワンダーバス・ジャパン」でボランティアとして、オーストラリアに再びお越しになりました。(http://wonderbusjapan2006.jpf-sydney.org/

こうやって、このプログラムでの活動が将来に生きている様を見ると本当にお手伝いしていて良かったなぁとつくづく思ったりします(^O^)/

さて、その夏休みですが、日本語教師ネットワークでは、オーストラリア・ニュージーランド・タイ・台湾にて夏休みの設定をしています。
20060517180117.jpg

オーストラリア、ニュージーランドでは出発を以下のように設定しています。

夏休みのオーストラリア・ニュージーランド募集要項
参加期間 :1ヶ月間(その他の期間に関してはご相談下さい)
出発日(予定):7月12日・19日・26日・8/2日・9日・16日・23日・30日(活動に当たってシドニー・オークランドにて準備研修を行ないます)
参加費用 :38万円(3万円の学生割引有)
申込締切 :ご出発の約1ヵ月半前まで
※ご参加に当たっては事前に派遣インタビューを受けられる事が前提です
※学校数に限りがありますのでご希望の方はお早めにお申し出下さい


既にご出発が厳しい日程もあります。ご自身の夏休みのご計画と照らし合わせて、お申込下さい。

また、以下にご参考に昨年同様にご参加された方の体験談を紹介しますね♪

堀内久美子さん 大学3年生 夏休みを利用して1ヶ月間参加
◎派遣校詳細
NSW州セカンダリー(中高校) 生徒数900人 
20年に渡って日本語の授業が行われている
対象はYear7~Year12(中学1年~高校3年生)
・・・・・・・・・・
日本語教師アシスタントという大役を担い挑んだ現場は、生徒達のまっすぐなやる気で溢れていました。オーストラリアの自然がもたらす、心の寛容さからなのか、陽気な雰囲気と輝いた瞳に、私自身も生徒一人一人に何か一つでも心に残る事を教えてあげたいという気持ちになりました。

出発前から準備していた書道の授業は、Y8、9、10(中2、中3、高1)のクラスで実施することとなりました。おそらくほとんどの生徒が初めて触れるであろう筆や硯の物珍しさから、興味を持って授業に臨んでくれました。時に元気すぎて、半紙を紙飛行機にしたり、筆先の柔らかさを活かしたペインティングを始めてしまう生徒もいました。Y8とは、折り紙も授業に取り入れました。慣れない手付きで懸命に色紙と格闘。コアラやカエル一つ完成させるのに丸々一時間を費やしました。また、ジャンケンやあみだくじは教室全体が、大いに盛り上がりました。このような日本文化を紹介する授業では、生徒の好奇心を刺激し、みんなが楽しんで参加できた様です。
集合写真Year3

しかし私自身には、たった四週間で何ができるのか、という焦りもありました。さらに、英語という大きな壁にも突き当たりました。正しい文法と語彙をもってすれば、コミュニケーションはとれると、特に心配していなかった英語に、毎日悩まされることになりました。何度も聞き返されることにショックを受け、日に日に自信を失っていきました。それでも生徒ともっと話がしたいし、日本のよさを知ってもらいたい、そう思うようになり、それが今日の私が持つ、英語に対する新たなモチベーションとなりました。
活動期間中、積極的に日本を伝える努力をし、客観的に日本を見る練習をしました。学生である今、このような経験ができたことは、私にとってかけがえのない財産となったことは言うまでもありません。この貴重な経験を活かし、これからの日々を喜び慈しみながら歩んでいこうと思います。最後に、私が出会った全ての笑顔に感謝です!!

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ ニュージーランドで日本語教師海外派遣プログラム
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加
◇ 派遣インタビュー

ホームに戻る>>
14 : 21 : 39 | 募集情報 夏休み/春休み | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

求む!7月出発ケアンズ小学校(^O^)/ 5/26up

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ 求む!スポーツ関連も紹介できる方 イギリス2007年1月 5/25up
◇ イギリスからマンスリーレポート 5/24up
◇ カナダ2007年1月出発スケジュール 5/23up


>>> 7月出発ケアンズの小学校緊急募集

       (5月28日締切)

ケアンズの小学校の先生から、緊急にご連絡を頂きました。Term3(3学期、7月スタート)からどなたかアシスタント教師をしてくれる方はいないかって。

ケアンズ及びその近郊の小学校と日本語教師ネットワークはこれまでとても良い関係が築けてきています。これまでも多くの学校にアシスタント教師を送っています。もし7月からスタートされる場合は、先にケアンズ内の近郊の学校に、日本語教師ネットワークから2名の活動者がいらっしゃいますので、活動のことや生活の事などいろいろと教えてもらえるので心強いです!

今回の学校は
学校の形態:ケアンズの公立(州立)共学小学校
生徒数  :106人
スタッフ数:5人
派遣期間 :2006年7月17日から
※事前にシドニーで準備研修があります
20060410095727.jpg

学校の特徴や日本語教育について
この学校はケアンズの中心部から5キロほどの海沿いにある公立小学校です。主にYear1から7の生徒に対して日本語の授業が行われています。現在の予定では週4日間授業を行う予定です。また、この学校の日本語の先生は、日本語、日本人に理解があり、とても親身になってサポートしてくれる先生です。

ご覧の通りこじんまりした学校であるので、日本語アシスタント教師として活動以外にも携わる可能性もあり、とても充実した学校生活が送れると思います。

この学校へお薦めの方は、

●小学校で活動してみたい方
●児童英語教師や保育園の先生を目指している方
●充実した英語環境で活動してみたい方
●子供が大好きな方
●暖かい海沿いの環境が好きな方
●英語力にあまり自身のない方(日本語の先生がサポートしてくれるため)

に、本当におすすめの学校です!学校はあなたの力を求めています!どうせ活動するのなら、環境の良い学校、求められて行なう学校でやってみましょう!日本語教師ネットワークがお薦めする学校です(^_^)v
20060412120158.jpg

また、この7月出発者にはもれなく、アルク社発売の日本語教師のバイブル『スーパーキット』をプレゼントキャンペーン中です!どうぞご利用くださいね。

ビザ取得の関係で締切は5月28日までとしたいと思います。今からでも7月出発が間にあいます!ご希望の方は大至急に連絡下さい。決定次第募集も締め切ります。この件予めご了承下さい。

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ 7月出発スーパーキットもれなくプレゼント
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加
◇ 派遣インタビュー

ホームに戻る>>
16 : 06 : 36 | 募集情報 オーストラリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

求む!スポーツ関連も紹介できる方 イギリス2007年1月 5/25up

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ イギリスからマンスリーレポート 5/24up
◇ カナダ2007年1月出発スケジュール 5/23up
◇ ドイツ9月出発最後の募集 5/22up


>>> 求む!スポーツ関連も紹介できる方

       (イギリス 2007年1月)

昨日のブログ最新情報で、イギリスからのマンスリーレポートを紹介しましたが、そのブログを発行したのち、たまたまイギリスの学校から募集の情報が届きました!(タイミングが良すぎて結構ビックリです(^^♪

でも、最新情報なので、今日はその情報をお伝えしますね。

flagGB3.gif

この学校が切望する人物像は、ズバリ!
『スポーツに関する特技や紹介等の活動もできる方(男女問わず)』 です。

日本語(アシスタント)教師としての活動となりますのでもちろんのこと、日本に関する活動をして頂きますが、併せてスポーツ関連の紹介が出来る方を切望されています!

>>> この意味は、日本語を教えること、得意なスポーツがそれぞれプロである事を意味しているものではありません。紹介できる程度の経験をお持ちであれば結構です。

それでは、この学校の詳細を以下に紹介しますね(^O^)/

学校の形態: 公立男女共学校(Language College)
生徒数: 1400人(生徒年齢11歳-16歳)

学校の地域:
学校は、イギリス南西部デヴォン州にあります。この地域は、イギリスで最も温暖な気候で知られています。特に南デヴォンの海岸線は人気の高い観光地となっています。因みに、英国を代表とする女流作家(ミステリー)、アガサ・クリスティーの故郷としても知られています。

日本語の授業について:
現在、正規の日本語教師は不在ですが、前任者のアシスタント教師が、日本の文化や日本語を紹介しています。また、この学校では近い将来、正式に日本語の授業を取り入れていく事を視野に置いていますので、積極的に関われる方を期待しています。

20060525102601.jpg


2007年1月出発 イギリス
出発日  :2007年1月 (日程は決定次第発表します)
準備研修 :ロンドン会場  
希望受入期間:2学期間(2006/2007年度 2学期目及び3学期目)
募集締切 :2006年8月末日!
※ご参加に当たって 募集締切日前までに派遣インタビューを受けられ、合格する事が前提です。尚、この学校への応募の際には、「デボン州のスポーツ関連の学校」ご希望とお申し出下さい。


この学校には、日本語教師ネットワークよりこれまで連続してお二人の方がご参加頂いています。安心してご応募されてください!

◇ イギリスで日本語教師海外派遣プログラム
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加
◇ 派遣インタビュー

ホームに戻る>>
10 : 27 : 30 | 募集情報 イギリス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

イギリスからマンスリーレポート 5/24up

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ カナダ2007年1月出発スケジュール 5/23up
◇ ドイツ9月出発最後の募集 5/22up
◇ 7月出発ケアンズの小学校が緊急募集(^O^)/ 5/19up


>>> イギリスからマンスリーレポート


2006年9月イギリス出発の方々の派遣校のアレンジを現在行なっています。決定次第お知らせしていきますので、今しばらくお待ちください(^^ゞ

さて、以前よりお伝えしていると思いますが、イギリスの日本語教育環境はまだまだ整ってなく、オセアニアの諸国と比べると派遣校(受入校)の数もあまりありません(+_+)
flagGB.gif

2006年9月出発の次は来年1月出発ですが(イギリスは年2回出発設定)、現地より、派遣校の数が少ないので、1月から参加ご希望の方は出来るだけ早くにお申込くださいと連絡がありました。要は、派遣校の数分だけ、先着でプレースメントを行なって参りますというお知らせです。

日本語教師ネットワークでは、出来るだけ多くの方にご参加頂けるように既存の学校+日々派遣校の開拓に努めていますが、残念ながらイギリスの現状は然程多くもないのが現状です。どうぞご希望の方はお気をつけくださいませ

さて、そのイギリスからですが、現在参加されている方々からのマンスリーレポート(月刊活動報告)が届きました。以下に紹介させて頂きますのでイギリスご希望の方はどうぞご参考ください(●^o^●)

Monthly Report from England

①今月の抱負をお聞かせください
今月から、この学校の付属小学校でも、日本語を教えたり、日本文化を紹介したりすることになったので、その授業準備をきっちりして、生徒たちに良い授業を提供できるように頑張ります。対象が小学生となり、年齢もかなり低くなるので、その年代に応じた授業を工夫して、授業計画をうまく立てていきたいと思っています。単に教えるだけではなく、生徒たちが、授業に参加し、体験できるようなものを作っていきたいです。

②新学期となり、派遣校での生活で最近新たな変化などはありますか
特に以前と変わりませんが、私自身に、少し生活の面や英語の面で余裕が出てきたので、先生方が、今まで以上に、いろいろなことを教えてくれたり、いろいろな機会を提供してくれたりするようになったと思います。日本に関連する授業などがあれば、どの教科の先生方も、喜んでその授業に招待してくれたり、私にプレゼンテーションの機会を与えてくれたりします。常に多くの先生方に気にかけてもらい、いろいろなチャンスを頂いています。とても感謝しています。

自分自身の様子での変化としては、この学校に来て、4ヶ月経ったということもあり、随分、学校生活にも慣れ、日に日に、生徒たちと仲良く触れ合う機会が増えています。今までは、挨拶程度だったのが、いろいろな会話も加わり、とても楽しい学校生活を送れるようになっています。今学期から、自分自身が体育の時間で、テニスやバレーボールを指導することになり、さらに、自然と生徒たちと仲良くできるようになってきたように思います。

③滞在先の様子はいかがですか
とくに問題ありません。快適に過ごさせてもらっています。ただ、かなり田舎なので、時間が空いた時、週末などには、かなり暇になる時もありますが、読書や趣味・スポーツの時間にあてたりして、自分なりに楽しんでいます。
20060517175928.jpg

④日本語の授業について、最近で最も印象に残った出来事をおしえてください
今月は、全ての「美術」の時間に書道を教えていますが、生徒たちは、筆で、自分の「名前」を日本語で書けるようになったり、「漢字」を書けるようになったりするのが、とても嬉しそうでした。漢字の独特な雰囲気をとても気に入って、いろいろな所に書いていたのが印象的です。ただ問題点としては、こちらの学校には、左利きの生徒がかなり多いので、右利きに直して筆をもたせるのが、大変でした。あと、書道をArtの一部だと認識して、「お手本」があるにも関わらず、それを全く無視して、自分なりの書体、個性で仕上げる生徒が多かったです。とにかく、生徒自身に、自分で体験させてあげられたことが、よかったです。

ちなみに、書道のセット(筆、筆ペン、墨、硯、墨汁、半紙など)は、全て日本から持ってきました。足りないものも多かったので、先月、改めて日本の家族に依頼して、数多く送ってもらいました。準備など、大変なこともありますが、生徒たちの喜ぶ顔を見ていると、こちらも、とても嬉しくなります。

⑤日本語の授業以外でのDUTYで、最近印象に残った出来事を教えてください
先週のDutyの日、ある生徒が、夕食後に、急に気分が悪くなり、突然、部屋で吐いてしまいました。このような状況にあまり慣れていなかったので、かなり慌ててしまいました。あいにく、寮長や他の先生方もいなかったので、さらに混乱してしまいましたが、なんとか処理し、生徒を保健室へ連れて行くことができました。ただ、その後、保健室で薬をもらって帰ってきたのですが…それからも、また、気分が悪くなり、その後も、2度も吐いてしまって、大変でした。

Dutyの日が、一番生徒とのコミュニケーションが取れるときなので、一番楽しいですが、その反面、いたずらをする生徒がいたり、時間を守らない生徒がいたりするので、生徒指導もなかなか大変です。


この方は、以前このブログ上でイギリスのマンスリーレポートとして紹介させて頂いた方の一人ですが、派遣されてから4ヶ月が経ち、だいぶ自分のペースで仕事が進められている様に見受けられます。また、関わりも以前と比べて数段増えているようですね。

英語力も特に問題なさそうで、さすがイギリスはこのプログラムを通じて英語力が伸びる国の一つですが、その表れかもしれません。(イギリスは日本語の担当の先生がいらっしゃらないケースもあって、そういった場合は自分で授業を組み立て行なっていかなければいけませんが、その大変さが、英語を使わざるを得ない環境にもつながり英語力がアップさせる可能性もあります。

イギリスに行かれる方は、どうぞご参考にしてみてください(^O^)/

◇ イギリスで日本語教師海外派遣プログラム
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加
◇ 派遣インタビュー

ホームに戻る>>
10 : 02 : 04 | 現地情報 イギリス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2007年1月出発カナダスケジュール 5/23up

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ ドイツ9月出発最後の募集 5/22up
◇ 7月出発ケアンズの小学校が緊急募集(^O^)/ 5/19up
◇ オーストラリアで日本語教師養成講座 5/18up




>>> カナダ2007年1月出発スケジュール


カナダ現地から3月で活動を終えた方からの『活動の最後の日』と言う事でレポートが届きました。

2005年9月出発 2学期間
カナダBC州 セカンダリースクール 景子さん


3月の10日に学校での活動を無事に終えました。

木曜日はSocial Studyクラス用に作ってあったパワーポイントのプレゼンを簡単な日本に変更し、私の地元の紹介をしました。なるべく日本語で説明し、ゆっくりゆっくり進めたので40分くらい掛かってしまいましたが、みんながとても興味を持ってくれて、プレゼンの後に書いてもらった感想も心に残る言葉が多く、とても言い思い出になりました。
20060406091336.jpg

最後の日は日本語の前の空き時間に先生と出かけているあいだ、生徒たちがクラスルームをさよならパーティーの飾り付けをしていたようで、帰ってきたとたんに『サプラーイズ!!』と嬉しい驚きがありました。そのまま最後の時間はパーティー、放課後もさよならパーティのアナウンスが学校を流れ、Semester1の日本語クラス、その他のクラスの子も来てくれて、パーティーを楽しみました。何人かが日本語の歌に合わせたダンスを披露してくれ、みんなとハグしたり写真を撮っている間にあっというまに時間が経ってしまいました。

約半年という短い期間でしたが、この生徒たちと一緒に時間を過ごせた事をとても幸せに思います。

学校での活動の最終日というものは、みなさんそれぞれだと思いますが、このように学校でパーティーをしてくれる事も多いようです。でもそれはそのアシスタントティーチャーがそれだけ学校にそして生徒に貢献してそして好かれていたという証拠でもあるかもしれません。

こんな感じで最後を締めくくれると、本当に最高ですよね(^O^)/
この方の体験談は後日ホームページでも発表していきますね。

さて、次回のカナダの募集は2007年1月です。本日は併せて2007年以降のカナダのスケジュールについて発表しますね。
flagCA.gif

2007年
2nd TERM(2学期) 1/8-3/16
3rd TERM(3学期) 3/26-6/29
新年度 1st TERM(1学期) 9/4-12/21
※1学期は2006年9月5日から始まります

カナダ準備研修日程
2学期  1/8-1/12
3学期  3/26-3/30
新年度1学期  9/4-9/7

カナダでの派遣を考えていらっしゃる方、どうぞ上記を参考にして下さいね。

◇ カナダで日本語教師海外派遣プログラム
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加
◇ 派遣インタビュー

ホームに戻る>>
16 : 00 : 06 | 現地情報 カナダ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ドイツ9月出発最後の募集 5/22up

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ 7月出発ケアンズの小学校が緊急募集(^O^)/ 5/19up
◇ オーストラリアで日本語教師養成講座 5/18up
◇ IELTSが変わります! 5/17up




>>> ドイツ9月出発最後の募集


ジーコジャパンが福島のJビジッジで動き出しましたね。王様中田には、サプライズ巻も含めて他のイレブンからいろいろな注文が出ているようで、とても楽しみな展開となってきました。というのは、これまでは中田にリクエストが出せる存在は同期の宮本くらいしかいなかったようで、だからこそまとまりに欠けたり、中田だけが突出する事態を招いていました。結果、イマイチ全体の力強さを感じなかったのは私だけでしょうか。
logo__FIFAWM2006,property=BildDaten.jpg

でも、今回は、中田も特別ではなくなってきたのだと思います。また、他のメンバーもそれくらいレベルがアップして来ている証拠かもしれませんね。

ジーコジャパンのいるF組みは、予選を勝ち抜くには並大抵ではない組み合わせだと思います。でも是非これまでと違うジャパンを見せてほしいと思っています。

さて、そのワールドカップが行なわれるドイツ、いよいよ6月9日から開幕です!あと3週間切りました♪この4月よりドイツ日本語教師海外派遣プログラムで活動している皆さんは羨ましい限りです。なんてったってリアルタイムで現場に居れるのですから。是非、現地の様子をレポートしてもらってブログで紹介していきたいと思っています。

さてそのドイツ、日本語教師ネットワークでは、現在、2006年の新年度(9月)から、ドイツの学校で日本語アシスタント教師をして頂ける方を大々募集しています!(締切は、来月6月一末日まで)

ご興味のある方は、2006年ワールドカップの国ドイツで是非活動してみてください。せっかくの記念の年なので、どうせ行くなら今年が良いに決まっています(●^o^●)

さて、このドイツの派遣で一番質問される事を今日は紹介したいと思います。それは、語学の事です。

ドイツではいったい何語を使って教えているのだろう、ドイツ語は話せる必要はありますか?またそれはどのくらいのレベルですか?などなど・・・。

これまで日本語教師ネットワークでは、ドイツの派遣校からこの語学に関して、いろいろと話しを聞いてきました。
20060412120238.jpg

結果、学校側は語学力に対して以下のように求めています。

●ドイツ語と英語ができること。それぞれ高度なレベルは必要ないが、生徒との意思疎通にはドイツ語が必要となる。
●英語の会話力は必須です。またさらにドイツ語で意思の疎通ができれば尚良し。
●英語、ドイツ語も初級であれば参加可能。


以上は、ある3つの学校からの語学に対するリクエストです。いずれも英語・ドイツ語ともできるに越した事はないとの回答です。その内、英語に関しては、必須のようで、また、肝心のドイツ語は、初級程度は最低でも出来た方が良いようです。

実際に派遣された方の話では、先生との打ち合わせでは英語を使いますが、クラス内では1ヶ月経っても英語を話す機会があまりない、日本語と片言のドイツ語で何とかやり取りしています!と報告が来た事もありました。

ドイツでこの活動をしていくには、英語は最低限ですが、ドイツ語がどれだけできるかが、活動をより有意義にしていくキーワードかもしれませんね。

他の国よりも語学に関しては、ドイツ語がある分だけ高い物が求められます。逆に言うと、それだけの能力をお持ちであれば、受入もしやすいでしょうし、充実した活動になるに違いありません。

日本語教師ネットワークでは、そんなあなたをお待ちしています。自分の語学や見識を広げ、キャリアアップを図るために、このプログラムをご利用下さい。

尚、たいていの学校では、教職免許の有無については説いていません。

ドイツ2006年9月出発
※フランクフルトにて派遣前に準備研修があります
締切日:2006年6月末日

ワールドサッカーで注目のドイツ!是非あなたの力を試してみませんか!


◇ ドイツで日本語教師海外派遣プログラム
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加
◇ 派遣インタビュー

ホームに戻る>>
15 : 59 : 16 | 募集情報 ドイツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

7月出発ケアンズの小学校が緊急募集(^O^)/

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ オーストラリアで日本語教師養成講座 5/18up
◇ IELTSが変わります! 5/17up
◇ 英語無料レッスンも付いているの!? 5/16up




◇7月出発ケアンズの小学校が緊急募集(^O^)/


ケアンズの小学校の先生から、本日ご連絡を頂きました。Term3(3学期)からどなたかアシスタント教師をしてくれる方はいないかって。

ケアンズ及びその近郊の小学校と日本語教師ネットワークはこれまでとても良い関係が築けてきています。これまでも多くの学校にアシスタント教師を送っています。

今回の学校は
学校の形態:ケアンズの公立(州立)共学小学校
生徒数  :106人
スタッフ数:5人
派遣期間 :2006年7月17日から
※事前にシドニーで準備研修があります
20060410095727.jpg

学校の特徴や日本語教育について
この学校はケアンズの中心部から5キロほどの海沿いにある公立小学校です。主にYear1から7の生徒に対して日本語の授業が行われています。現在の予定では週4日間授業を行う予定です。また、この学校の日本語の先生は、日本語、日本人に理解があり、とても親身になってサポートしてくれる先生です。

ご覧の通りこじんまりした学校であるので、日本語アシスタント教師として活動以外にも携わる可能性もあり、とても充実した学校生活が送れると思います。

この学校へお薦めの方は、

●小学校で活動してみたい方
●児童英語教師や保育園の先生を目指している方
●充実した英語環境で活動してみたい方
●子供が大好きな方
●暖かい海沿いの環境が好きな方
●英語力にあまり自身のない方(日本語の先生がサポートしてくれるため)

に、本当におすすめの学校です!学校はあなたの力を求めています!どうせ活動するのなら、環境の良い学校、求められて行なう学校でやってみましょう!日本語教師ネットワークがお薦めする学校です(^_^)v
20060412120158.jpg

ビザ取得の関係で締切は5月28日までとしたいと思います。今からでも7月出発が間にあいます!ご希望の方は大至急に連絡下さい。決定次第募集も締め切ります。この件予めご了承下さい。

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ 7月出発スーパーキットもれなくプレゼント
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加
◇ 派遣インタビュー

ホームに戻る>>
15 : 52 : 32 | 募集情報 オーストラリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2007年 日本語教師養成講座 in Aust 5/18up

<<ホームに戻る

最新の記事
◇ IELTSが変わります! 5/17up
◇ 英語無料レッスンも付いているの!? 5/16up
◇ TOEICの受験が無料です(^^♪ 5/15up




◇オーストラリアで日本語教師養成講座◇


2007年の日程を発表します!

日本語教師ネットワークでは、『体験する・有給で働く・資格を取る・就職する』の4つのステージで皆様をサポートしています。

今日は、そのうち『資格を取る』事について新情報をお伝えしますね(^O^)/

日本語教師養成講座(特に420時間)は、将来日本語教師になりたい方、日本語を外国人に教えてみたい方には、欠かせない資格ですね。

現に、就職をする際にはこの資格か日本語教育能力検定試験合格のどちらかの資格を持っていることはどこでも最低条件のようです。

従って、とても大事な資格であります!

日本語教師ネットワークでは、日本国内で日本語教師養成講座を受講できるところを以下のように紹介をしています。  日本語教師養成講座学校情報

一方、海外で日本語教師養成講座を受けていただくプログラムも提供しています。それが『日本語教師養成講座 in Australia』です。
20060420143512.jpg

日本で講座を受けられるのもオーストラリアで受けられるのもご自身の状況やご意向によって選んでいけば良いと思いますが、オーストラリアで行なう日本語教師養成講座の特徴を簡単に説明してみますね。

①実践重視の模擬授業
実習を多く取り入れています。この事は、就職採用試験対策にもつながります。
②すぐに役立つ教材作り
教材は先生の命!この教材作りもカリキュラムの一部です。
③シドニーだからこそできる事、『異文化・異言語体験』
豊富な課外授業の中で、日本では経験できない事がたくさん用意されています。現地の人とのエクスチェンジ、パーティやスポーツを通じての交流など、異文化体験がそのまま味わえる事ができるので、生徒の気持ちを理解できたり、先生としての資質も養えます。
④420時間のコースを採用
日本の教育機関が日本語教師になるために必要としている学習時間420時間を採用。
⑤修了後にオーストラリアの小中高校にて実習が可能
勉強した事をそのまますぐに現場で生かすことが出来ます!

この中で特に③・⑤が、わざわざ^^;オーストラリアまで来て受講して頂く意義がある内容となります。
20060404134255.jpg

420時間の養成講座はどちらで学ばれても良いと思いますが、生徒の気持ちが分かる異国で学ぶ事をこの講座では重要視しています!

さて、前置きが長くなりましたが^^
2007年の開校日日程に関して以下のようにお知らせしますね。

2007年
①1月8日~3月30日
②2月19日~5月4日
③4月2日~6月22日
④5月14日~7月27日
2006年の開校日日程はこちらをご参照下さい。

観光ビザでも受けられますので、気軽に参加できるプログラムでもあります。ご興味のある方はどうぞお気軽にご連絡くださいね。

日本語教師ネットワークは、将来を真剣に考える真面目なあなたを全力でサポートしています!(^^)!

◇ オーストラリアで日本語教師養成講座
◇ お問合せ
◇ 資料請求
◇ 説明会ご参加
◇ 派遣インタビュー

ホームに戻る>>
18 : 03 : 45 | 日本語教師養成講座 Aust | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

jtnet

Author:jtnet
日本語教師ネットワーク

日本語教師ネットワークがお届けする日本語教師養成講座・海外派遣プログラム(有給・ボランティア)・就職するの最新情報をお伝えしています。
BBIは海外留学アドバイザー
(留学協会 登録番号55101)

BBI日本語教師ネットワーク

日本語教師養成講座

日本語教師海外派遣プログラム

児童英語教師と英語教師養成講座

海外で幼稚園ボランティア

BBI日本語教師ネットワークの今月のキャンペーン

BBI日本語教師ネットワークのお得な割引情報

日本語教師になる。サイトへ

留学に行こう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

人気ブログランキング

人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。