スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

『志望動機』2010年1月Austで日本語教師!

8/27up

志望動機紹介!2010年1月オーストラリアで日本語教師!
-オーストラリアで日本語教師派遣プログラム 来年1月出発は10月末締切!-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日は、オーストラリア日本語教師派遣プログラムの来年1月の出発に関して、これまで募集された方の志望動機を紹介してみたいと思います。皆さんこんな想いがあって、参加されたいと思っていらっしゃるようです、どうぞご参考くださいね。

******************************************************************************************
現在募集中のオーストラリアのプログラム(8/27現在)

 ◇ 急募!2009年11月オーストラリア有給インターンシップ 
 ◇ 2009年10月オーストラリアで日本語教師 締切8月末まで
   ⇒ 10月出発の派遣校詳細
 ◇ 夏休みオーストラリア日本語教師体験 8月末まで申し込めば今年中の活動まで参加費用20%オフ!
 ◇ 2010年1月オーストラリアで日本語教師 締切10月末まで
 ◇ シドニーで日本語教師養成講座11/9スタート残席7席、1/18は残3席
 ◇ ゴールドコーストで日本語教師養成講座10/5スタート残席1席、2/1は残6席

******************************************************************************************

なお、同プログラムの10月出発は、ワーキングホリデービザでの参加に限って今月末8月末までにお申込いただければ参加可能です!もし行って見たいと思っている方は、至急ご連絡下さい。

 【ワーキングホリデービザで10月出発に参加の場合】
  ・・・ 8月末が締切り(但しWHビザの場合、活動は最大2学期間、6ヶ月間まで)


↑学校で生徒たちと

さて、今日紹介する来年1月の募集要項は以下のとおりです

人気・実績・環境ナンバー1のオーストラリア
*******************************************************************
オーストラリア2010年1月出発概要 
準備研修地 : シドニー
準備研修日程 : 1月27日(水)~1月29日(金)予定
※準備研修前日26日(火、祝日)より研修期間中のホテルをご用意します
活動開始日 : 2月1日(月)
募集締切日 : 2009年10月末迄(WHビザでご参加の場合は11月末まで)
募集条件 : 20歳以上、TOEIC400点以上程度(目安)、資格有無はまったく問いません
参加期間 : 1ヶ月間、1学期間~最大4学期間(1学年間)まで

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ オーストラリアで日本語教師派遣プログラム詳細
 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ

*******************************************************************

【今日のコンテンツ】

日本語教師海外派遣プログラムに参加されたい方はどんな想いで志望されてくるのでしょう。今日はこれまで参加された方々の志望動機を紹介してみたいと思います。

今後、参加してみたいと思っている方は、『あ、そんな考え方もあるのか!』『私とおんなじ!!』など、いろいろと感じてみてください。

【研修志望動機】
私は大学を卒業後、スーパーマーケットで4年4ヶ月勤務いたしました。そこでは主にレジやインフォメーションカウンターに従事し、最後の1年はチーフとして働きました。チーフの仕事は新しく入ってきたアルバイト・パートの方々にレジでの仕事をおしえたり、みんなのシフトを組んだり、各支店が決まりごとを統一できるようにみんなに伝えたりすることでした。働くことが初めてのアルバイトもいますし、パートとして何十年も働いてきた方もいます。人の上に立つという事は手本となることであり、一人一人の置かれている立場を把握するということです。つらいこともありましたが、自分が教えたり伝えたりしたことを自分のものにしてくれていく過程を見ることはとても嬉しく、遣り甲斐に感じることの一つでした。この仕事を続けたいという気持ちももちろんありました。しかし、学生の頃から目標としてきた「留学」「海外での生活」というものを諦めることができず、自分の中で今がこのタイミングだと判断し、このプログラムに参加したいと決めました。当初はワーキングホリデービザでオーストラリアに滞在したいと漠然と考えていましたが、ワーキングホリデーでできる事を調べていくうちに日本語教師アシスタントというものを知りました。そして、体験者の方の感想等を拝見し、単に語学学校で英語を学ぶよりもネイティブの多い環境で英語に触れる事ができる点に魅力を感じました。また、中学生や高校生くらいの生徒の方に日本語を教えることができる点にも興味を感じました。以前の職場で十代の人に仕事を教えていてとっても楽しかったので、またオーストラリアの学校という場所でいろんな人の魅力に触れたいなと思います。学校では、日本語の授業だけでなく、スポーツや学校の行事等に積極的に参加したいです

この方の志望動機のポイントは

 ◎ 以前からの夢であった留学をしたい、海外生活したい
 ◎ ネイティブの環境で英語に触れたい
 ◎ 日本語の授業以外にもいろいろと積極的に活動したい


ということだと思います。

大学卒業後、お仕事を一生懸命されて、そしてそのことに遣り甲斐も感じ、誇りを持たれて仕事をされていましたが、更に自分に磨きをかけるために、また夢であった海外生活の実現のためにいろいろな留学の方法を検討している中で、このプログラムを選択されたようです。

選択したポイントは

 ・できるだけネイティブの環境で英語に触れたい
 ・日本語を教えることができる(お仕事柄指導することが好き、経験したい)
 ・現地や地域に深く入り込みたい


というところかなと思います。

もともとワーキングホリデーで海外に滞在ということをお考えであったようなので、このプログラムのことは最初はご存知でなかったようですが、このプログラムで活動する際の魅力に惹かれご応募されたようです。

このプログラムは、良くある語学学校留学や単なるインターンシップのプログラムではありません。このプログラムだけにある特徴があります。


↑同期と一緒にウルルへ

◎ネイティブに囲まれる

語学学校では、他の国からきた留学生と一緒になって英語を学ぶので、刺激がありとても楽しいと思います。放課後はみんなでどこかに出かけて行って、いろいろな国の習慣や文化を学んだりして日本にいてはできないことなので嬉しいですね。

ただ、英語の伸びを与える環境としては、日本にいるよりはずっと良いと思いますが、限りがあるのが一般的な解釈かと思います。

何が語学学校に足りないかというと、ネイティブに囲まれていないことです。ネイティブは、学校の中では唯一先生のみで他は基本的に外国人です。従って、留学生同士で英語のコミュニケーションを図ってもお互いに理解はできるけど、本当の英語のリズムや発音でコミュニケーションが取れているかというとそうではないと思います。

映画や英語のニュースを普通に聞ける、物怖じしなく英語で話すためには、ネイティブに囲まれて、彼らの話すリズム、発音、スピード、イントネーション、教科書では習わないフレーズ等に多く触れる必要があります。

このプログラムでの活動は、語学学校に行くのではなく、現地ローカルの学校に行きます。おのずと回りは留学生ではなく、ネイティブです。そしてそのネイティブがいる環境で活動しますので、普段の活動や生活が、常にネイティブを相手にしなければなりません。

こういった環境は、恐らく通常の語学留学では味わえない環境で、本当の生の英語に触れることができます。

語学留学では、『アジア圏の友達はたくさんできたけど、ネイティブの友達ができなかった』とよく聞きます。そのこともとても素晴らしいことですし、嬉しいことですので、留学した甲斐があると思うのですが、こと、本物の英語という視点で考えたときには、物足りなさが残ると思います。

ネイティブに囲まれる、本物の英語に触れる、その環境にドップリ浸る、そんなことをしてみたい方にはこのプログラムが最適です。

◎積極的に参加できる

この点も通常の留学とは異なる点です。例えば語学学校では、受身で授業を受けます。クラスメイトの留学生と英語でのコミュニケーションの練習はしますが、基本的にネイティブの先生が、話していることに従いながら授業が進められていきます。

一方、このプログラムは、アシスタント教師といえども、一先生ですので、教壇に立って生徒を指導していかなければなりません。つまり語学学校にいるときとは反対の立場にいるわけです。

自らが積極的に英語を発話して生徒を引っ張っていかなければならない環境となります。自ずと英語を使う機会が断然多く、いろいろなフレーズをものにできる環境下にあります。

しかもこの『積極的』というところがミソで、自分が学校での授業、行事、その他もろもろに積極的に関わっているので、また関わる立場なので、その分、学校や地域や英語環境にドップリ浸らなければなりませんし、その分外国の習慣、文化、考え方、英語そのものに活動を通じて多く吸収でき身体に染み込ませることができます。

自ら動くというこの行為は、いろいろなことが自分自身に定着させる手段となります。

◎日本人であることを利用する

そして最大のポイントが、この『日本人であることを利用す下線文る』です。この方は、もともと日本語教師になるとか、このプログラム自身を昔から知っていたということではありませんでした。それでも現地に行って日本語教師(アシスタント)として活動できます。

日本語を教えることのスキルをもっていると活動に幅が出ますが、学校では、特にオーストラリアでは、そのことを求めているわけではありません。

『日本人であること』、そのものに期待されています。つまり学校では、ネイティブの日本人が教室に来てくれることだけで、大変嬉しいのです!

教室では、この日本人アシスタント教師から、その人の発する言葉、振る舞い、服装髪型などの見た目、そしてもちろんその人の知っている日本について、生で触れて、聞いて、話して、いろいろな様をアシスタント教師を通じて学習していけるのです。

日本人であることそのものが、海外という国際舞台の中で切望され、そのものの存在価値を見出されています。

日本人であるという存在そのものが、国際舞台でかなり通用し、重宝される仕事がこの日本語教師という仕事で、最たるものです!

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

以上のように

 ・本物の海外生活を満喫したい
 ・本当の英語に触れて生活したい
 ・せっかくなら貢献したい

等の気持ちがあって海外への留学を考えているのならそれが叶えられるこのプログラムをお薦めします。特にオーストラリアは、全ての環境、日本語教育環境、受入れ環境、親日度などが優れているので、気持ちよく活動ができる環境です。

是非、そういったことを海外に期待している方は、今日のこのブログを参考にしてみてくださいね。

【オーストラリアへ派遣の特徴】

◎ 英語圏で一番の日本語学習者数を誇る(世界的に見ても3番目の学習者数)
◎ 従って、日本語教育環境、活動環境、受け入れ環境がどの国よりも秀でている
◎ オーストラリア全土に亘って派遣可能
◎ 派遣校の数が派遣国の中で一番多い
◎ 小学校、中高校、一貫校、女子校、男子校、公立校、私立校など種類も豊富
◎ 従って、いろいろな希望に応えられる環境下
◎ 日本語の先生も日本語の流暢なオージー先生、英語が主体のオージー先生、日本人先生など先生の種類も豊富
◎ 従って、自分の英語力によって、適切な派遣が可脳
◎ 滞在先は先生か生徒のお宅、毎日3食付いて平均120豪ドル/週(約9000円)・・・語学学校経由のホームステイ費用の約半額の安さ!

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラム
◇ オーストラリアの派遣校紹介
◇ 現地から活動報告(マンスリーレポート)
◇ オーストラリアの派遣の特徴
◇ 1週間の短期から参加可能-短期プログラム
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 児童英語教師との組合せプラン
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ オーストラリアで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

posted by BBI at 2009/08/27 09:58
スポンサーサイト
09 : 41 : 35 | 募集情報 オーストラリア | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<『志望動機②』!2010年1月Austで日本語教師! | ホーム | 2010年ゴールドコーストで養成講座スケジュール>>
コメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
by: 履歴書の書き方 * 2011/01/25 23:50 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jtnetinfo.blog54.fc2.com/tb.php/647-3cf355d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

jtnet

Author:jtnet
日本語教師ネットワーク

日本語教師ネットワークがお届けする日本語教師養成講座・海外派遣プログラム(有給・ボランティア)・就職するの最新情報をお伝えしています。
BBIは海外留学アドバイザー
(留学協会 登録番号55101)

BBI日本語教師ネットワーク

日本語教師養成講座

日本語教師海外派遣プログラム

児童英語教師と英語教師養成講座

海外で幼稚園ボランティア

BBI日本語教師ネットワークの今月のキャンペーン

BBI日本語教師ネットワークのお得な割引情報

日本語教師になる。サイトへ

留学に行こう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

人気ブログランキング

人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。