スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

タイ有給インターンシップ現地校と活動報告紹介

9/10up

タイ有給インターンシップ現地校とマンスリーレポート紹介
-タイで有給インターンシッププログラム-

こんにちは、日本語教師ネットワークの大橋です。

さて、今日は、有給インターンシッププログラムとしては老舗のタイに関して紹介します。

タイの有給インターンシップは、タイの学年スケジュールの関係で、毎年5月の新年度開始のときにスタートするときが多いです。(それ以外の時期での派遣も可能ですが、お問合せベース又は、BBIよりの募集ベースによります)

今年も5月から活動を開始されていらっしゃる方がいらっしゃり、その方からマンスリーレポート(活動報告)も届いています。今日はその活動報告やタイの学校の様子などを紹介したいと思います。

タイに興味のある方はどうぞご参考下さい。タイならではの雰囲気を読み取って頂くこともできると思います。


給料が支給されます 有給で働くタイ
*******************************************************************
◇タイ有給インターンシップ概要
活動開始日 : 毎年5月スタート
活動期間 : 1年間(1学年間)
募集人数 : 各学校1名
募集条件 : 日本語教師関連の資格保持
ビザ : ノンイミグラントBビザ(4年生大学卒業が基本の条件)
※それ以外の学歴の方はお問合せ下さい
募集締切日 : 定員に達し次第締切、ビザ手配上2月末程度まで

※上記締切日まで、派遣インタビューに合格し正式に参加手続きをされる事が前提

 ⇒ 日本語教師海外派遣インタビュー
 ⇒ お問合せ
*******************************************************************

このタイでの有給インターンシッププログラムは、日本語教師関連の資格を保持している事が前提です。そして、直接法での教えるスキルのキャリアアップを計りたい方に特にお薦めのプランです。

タイの派遣校は、タイの大学、大学付属小中高校、専門学校、民間語学学校、企業などです。そのうち今日は専門学校の様子についてお知らせします。

尚、派遣校の地域は、基本的にタイ全土に亘ってですが、バンコク、バンコク近郊、アユタヤ近郊など主要都市及びその近郊の地域が多いです。

【タイの派遣校紹介(例)】


①学校について



私立職業専門学校です。中学校3年間の課程を修了したあとに進学する学校です。イメージとしては、日本の商業高校、工業高校が一緒になった学校です。プラス、短大課程もくっついています。専攻は、商業科が、コンピューター科、マーケティング科、会計学科、外国語学科があります。工業科には、自動車科、機械科、電気科、電気工学科があります。(短大課程には、この8科プラス、情報技術科もあります。)




日本語教師は、外国語学科に所属します。現在、日本人2名がいます。ほかに外国人教師は、中国人(中国語教師)が1名います。そのほかは、英語教師(タイ人10名)です。現在、日本語の授業は、外国語学科の高校2年生、高校3年生と、そのほかの学科の、高校3年生、短大2年生が全員受講しています。(外国語学科の短大課程は、2008年度から新設されます。)外国語学科の授業は週4時間、そのほかの学科の授業は、週2時間です。外国語学科(高校)の生徒は、トータル2年間日本語を勉強しますが、そのほかの学科の生徒は、約4か月間(1学期間)のみです。1クラスの人数は、10数人~50数人です。私の場合は、1学期は週20時間(9クラス)、2学期は週18時間(8クラス)を担当しました。大体そんなものだと思います。

②日本語クラスについて



教科書は決まっていません。授業内容も、すべて任されています。自由にできると思います。教材は、国際交流基金からもらったひらがな、カタカナカード、動詞カードと、日本語テキスト(あきこと友だち)などが多少あります。




コンピューターはオフィスに1つ日本語入力のできるものがあります。プリンターも一台あります。テスト期間はみんながたびたびこの1つのコンピュータを使うようになり、とても混むので、コンピュータはご自身のものを持ってこられることをお勧めします。




授業は、外国語学科の場合は英語で進めていましたが、実際には、クラスの中に数人英語の話せる子がおり、その子がクラス全体に通訳する、という形になりがちでした。その他の学科については、簡単な英語(Good morningとか)以外、ほとんど英語は通じません。絵や写真、身ぶり手ぶり、教科書、辞書で調べたタイ語を使ってなんとか通じるといった感じです。でも、なんとかなりました。



③その他生活などについて



住むアパートは、校長先生がオーナーです。住居費に関しては、特にお金はかかりません。インターネットも24時間つながります。(が、速度が遅かったり、時々不通になることもあります。)私が来た時は、机、椅子、クローゼット、テレビ、冷蔵庫、アイロン、アイロン台、ポット、ベッドカバーが用意されていました。徒歩圏内にセブンイレブン、屋台はあります。バスで少し行くと、大きなショッピングセンターがあり、そこでたいていのものは揃います。




学校の先生はとても親切で、フレンドリーです。生徒も、人懐こくて、いろいろ話しかけてきてくれます。授業だけでなく、アクティビティなどもあるので、年に数回ですが、土日出勤したこともありました。が、さほど忙しいという感覚はなく、ゆったりと生活できたと思います。


【現地からの活動報告(マンスリーレポート)】





①今月派遣校で印象に残った事は何ですか



まだ学校が始まったばかりですので、それほどたいしたことは起こっていませんが、今月は先週、『先生の日』というのがあって、一日生徒達に感謝を受けたり、生徒達に日頃の感謝を伝えたりする日となりました。



日本にはこうした習慣はありませんで、これはタイならではだと思うのと同時に、自分にとっては非常に興味深く、厳かな一日となりました。





②自分が携わった授業で評判のよかった授業を教えてください(教案、内容、方法等)

7月は形容詞やひらがなのカードを使ったカルタなどをしたことがありまして、生徒にとってはそれが面白かったようです。




実際、このカルタを好きになった学生が、月末のテストで良好な点数を取っています。ただゲームはその方法やルールによって好みに個人差が出るので、この方法が良いとは私は言えません。





③自分が携わった授業で反省点のある授業は何ですか

基本的にはすべての授業で反省点が存在しますが、強いて挙げれば、第二課の「こそあど」かと思います。



この部分を多少早めに済ませてしまった、また、この授業を行った時点ではまだまだタイ語が未熟で、生徒達の要望や意見等を取り入れることができなかったこともあって、非常に一方的な形の授業になってしまったかと思います。




また、この時点ではまだ生徒達全員の名前と顔が一致しておらず、どうしても積極的に質問をする子や、前に座って積極的に学ぼうとする子と会話をする機会が多かったのも、クラス全体が前半は盛り上がらなかった理由かと思います。

7月特に問題となったのは、学習に対して特に意欲のない生徒は教室に来なくなったということでしょうか。これは特に日本語の授業に限ってというわけでもないのですが、やはりどうしても意欲的な生徒中心に授業のスピードが合ってしまっているので、もう少しゆっくりと時間をかけて行うべきだったかもしれないという場面がいくつかありました。




それと、やはり一番大きな反省点だったのは、タイの学生には宿題を出しても、意味はないということです。基本的に学生は宿題を出しても、やらないか、とりあえず提出すればいいということで、適当に書くだけ書いて出してくるわけです。しかし当然それでは何の意味もないですので、練習問題等も全て授業内で行っていかなければならないということがよくわかりました。基本的に学校以外で、自分で勉強するということができない学生ばかりなので、毎回授業は前回の復習から行っていかないとダメだということがわかりました。

④英語(タイ語)の様子はいかがですか

英語の習得は現在止まったままですが、タイ語の方でしたら若干今は会話を行うことができるようになりました。まだ聞き取りの能力もありませんし、タイ語を全部読むことはできませんが、少しずつタイ語でのコミュニケーションを行えるようになってきています。




学習方法というのはこれといってありませんが、毎日自分が良く使う表現はタイ語でどうやって言うのかを調べていくと、少しずつ話せる内容が増えていくように感じます。

⑤ホームステイ・アパートは快適ですか

快適にしようと思えば恐らく快適にできるのではないかとは思いますが、どうしてもインターネット環境が悪いことがやはり一番の問題でしょうか。人によってはタイのトイレの使用方法に問題を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、自分の場合は特に問題なく過ごせています。

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

タイでは、ある意味「ゆるい」感じがあるかもしれません。学校によっても学年によっても生徒によっても異なると思いますが、上記に宿題の話などは良く聞く話です。『いかに興味を持って授業に参加してもらえるか』そういった点がタイの活動では必要になるかもしれません。ただ、このことは実は、どこにいても同じです。日本で活躍されている日本語教師の方も他の国で活躍されている日本語教師の方も多かれ少なかれこういった場面には出くわしているようです。

これは、日本人の生徒は真面目に授業を聞くという固定概念がそもそも日本人は持っていて、それと比較したときにこのように感じるのだと思います。世界全体を見たときにどちらがマジョリティーであるのかわかりませんが、日本語教師として活動するに当たってはいかに日本語学習者に授業を楽しくさせるか、そういった工夫が必要だと思います。いろいろな引き出しがないと良い授業を続けていくことは難しいので、将来日本語教師を目指す方は、日本語教師養成講座の資格など取得の際にもその点を念頭に入れながら授業を受けると将来にかなり役立つと思います。

*******************************************************

このタイでの有給インターンシップの注意点を以下に列挙しますので、ご希望者は良くお読み下さい。

ビザ取得上、基本的に4年生大学卒業以上の学歴が必要(それ以外の学歴の方はご相談下さい)
1年間のインターンシップ修了後、両者が合意に達すれば延長が可能(特に延長費用は掛かりません)
勉強したがらない、勤勉でない生徒のいる環境である事を理解する必要がある
タイの生活に慣れる必要がある(例:温水のシャワーがあまりないことなど)

タイでは、上記の通り、授業に熱心でない生徒もおり、如何に彼らに勉強させるか、と言うところも大事なポイントとなります。彼らが興味を持つ内容、持たせる内容を常に考え、授業を進めていく必要があります。

ただ、上記は、実はタイに限らず、日本にある、世界からの留学生を抱える日本語学校でもよくある話です。

従って、将来日本語教師になるために、スキルそのもののみではなく、『如何に勉強させるか』と言うことは、日本語教師に常に関わる課題となると思いますので、そういったことも含めて、活動をしていただくと将来に役立つと思います、是非頑張ってさい。

日本語教師としての指導に自信がない方は、是非、ご自身のキャリアアップに利用し、将来の正式な就職に結び付けてください!

日本語教師ネットワークの有給でインターンシッププログラムは、

 教えた経験がこれまでなく教える事に自信がない
 教えた経験が少なく自信をつけたい
 日本以外の国で教える経験を積んでみたい

と言う方に、最適な日本語教師海外派遣プログラムです!この活動をどうぞご活用頂き、将来の日本語教師のためにキャリアを積んでください。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
◇ タイで有給インターンシップ
◇ オーストラリアで有給インターンシップ
◇ モンゴルで有給インターンシップ

◇ タイの派遣校詳細
◇ 日本語教師養成講座通信との活用方法
◇ 参加者の声はこちら >>> 体験談(動画有) マンスリーレポート
◇ タイで日本語教師海外派遣プログラムお薦めコンテンツ一覧
◇ タイ、ノンイミグラントBビザの申請書類について
◇ プログラム参加に当ってのビザについて
◇ 警察証明書(無犯罪証明書)について

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°


posted by BBI at 2009/09/10 12:46
スポンサーサイト
11 : 01 : 21 | 現地情報 タイ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<1月出発モンゴルで有給インターン締切9月末! | ホーム | 最新2010年ゴールドコーストで養成講座>>
コメント
有給休暇
有給について調べていたら、たどり着きました。(笑)

有給を使ってタイで働くことができるんですね。

うらやましいけど、会社の規定でむずかしいなあ。
by: 有給休暇 * 2010/09/09 20:26 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jtnetinfo.blog54.fc2.com/tb.php/657-ee5ca1d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

jtnet

Author:jtnet
日本語教師ネットワーク

日本語教師ネットワークがお届けする日本語教師養成講座・海外派遣プログラム(有給・ボランティア)・就職するの最新情報をお伝えしています。
BBIは海外留学アドバイザー
(留学協会 登録番号55101)

BBI日本語教師ネットワーク

日本語教師養成講座

日本語教師海外派遣プログラム

児童英語教師と英語教師養成講座

海外で幼稚園ボランティア

BBI日本語教師ネットワークの今月のキャンペーン

BBI日本語教師ネットワークのお得な割引情報

日本語教師になる。サイトへ

留学に行こう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

人気ブログランキング

人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。