FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

通信で通学!日本語教師養成講座の総費用は?



日本語教師養成講座と日本語教師海外派遣プログラムの最新情報はこのブログで
年間500人の実績! 日本語教師養成講座と日本語教師海外派遣プログラムの専門店
∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

通信で通学コース!総費用でいくらかかりますか
-通信講座の前半部分を通学で受講できる!通信で日本語教師養成講座420時間

こんにちは。

さて、以前よりお伝えしている、『通信で通学コース』ですが、このブログで紹介してから、うなぎのぼりに、お申し込みやお問合せが殺到しています。

今日は、そのうち、

『通信で通学コースを受講した場合、総費用でいくらかかりますか?』

と、ご質問頂いた事があるのですが、この件に関しての回答を今日のブログとして紹介してみたいと思います。

この通信で通学コースにご興味のある方はどうぞ、ご参考下さいませ。

さて、紹介する前に現在の通信で通学コースの空席状況をお知らせします。2010年の最初のコース1月11日スタートコースは、満席となっていますので、現在のところ受付できるのが、次の3月15日スタートコースとなります。

【通信で通学コース、世界どこでも日本語教師養成講座420時間スケジュール】
(12/10現在) ※1日の受講時間はいずれも午後1時~5時30分

≪2010年≫
 ○ 1月11 日~1月22日 ・・・ 満席
 ○ 3月15日~3月26日 ・・・ 残6席
 ○ 5月10日~5月21日 ・・・ 残6席
 ○ 7月5日~7月16日 ・・・  残6席
 ○ 9月20日~10月1日 ・・・  残6席
 ○ 11月15日~11月26日 ・・・  残6席

お申込: 通信で通学コース(世界どこでも日本語教師養成講座) 

※上記は通学するときのスケジュール、残りの後半部分は通信で受講し終了し第420時間の資格取得となります

【今日のコンテンツ】

お客様からのお問合せ:

『通信で通学コースを受講した場合、総費用でいくらかかりますか?』

BBIよりの回答:

通信で通学コースは、

『世界どこでも日本語教師養成講座420時間(通信講座)』

の前半部分を通学で受講する方法です。

つまり、前半部分は通学で受講し、後半部分は通信で受講する受講方法で、合わせて420時間の資格が取得できます。

全てを通信で受講することが、この講座の一般的な方法ですが、通信講座のみでは経験ができない、講師の目の前で模擬授業の練習をしてみたい・指導を受けたい方などが、この前半部分を通学で受講することを選択されています。

2週間の通学となるため、この講座修了後、語学学校で英語を勉強したり、ワーキングホリデービザを取得して、アルバイトや他の活動も同時に行うことができ、その別の活動期間中に、後半の通信部分を修了して、オーストラリアにいる間に、420時間の資格を取得してしまうことも可能です。

よって、そのような目的の方に是非ご利用を頂きたいのが、この通信で通学コースとなります。

さて、ご質問にあったように、総費用はいくらいになるのでしょうか。

受講料は、通信で全てを終えられたときと同様で1740豪ドルとなります(前半通学+後半通信)。

こちらに、その通学期間中の滞在費などを加えると総額が出てきます。一般的な滞在方法のホームステイの場合、以下の計算となります。

受講料: 1740豪ドル(後半の通信部分も含む)
ホームステイ手配費用: 176豪ドル
ホームステイ費用: 240豪ドル/週(平日2食週末3食)×2週間=480豪ドル
初日空港お出迎え: 110豪ドル

合計: 2506豪ドル(約21万円、1豪ドル約85円で計算)

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

尚、最初から420時間の総合コースを受講するのではなく、この通学部分のみを受講することも可能です。

その場合は、前半部分のみの受講料となり、それは990豪ドルとなります。

従って、前半部分のみを通学で受講したい場合は

受講料: 990豪ドル(前半のみで修了)
ホームステイ手配費用: 176豪ドル
ホームステイ費用: 240豪ドル/週(平日2食週末3食)×2週間=480豪ドル
初日空港お出迎え: 110豪ドル

合計: 1756豪ドル(約15万円、1豪ドル約85円で計算)

となりますので、どうぞご参考下さいませ。尚その場合、420時間の資格取得とはなりませんが、ご都合のよろしいときに後半部分を通信講座で受講することが可能です。

そのときの追加受講料は750豪ドルとなります(受講料を合計すると1740豪ドルとなります)。

そしてそれが修了した時点で420時間の資格を取得できることとなります。

尚、通学部分の講座受講用の教材は、学校でお渡しをしますが、後半部分の教材に関しては、以下の方法から選択することができます。

 ○ 通学の講座が修了後、学校で渡してもらう
 ○ お申し込みの時点で郵送をしてもらう
 ○ 講座が修了しご都合の良いときに指定の場所に郵送してもらう

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

通信講座なのに通学って??
とちょっと変な感じがするかもしれませんが、

その通信講座の通学コースの特徴は以下のとおりです。

 ◎ 通信の前半部分の基礎部分を通学で受講できる
 ◎ 通学期間は2週間の短期間(1日4.5時間の受講)で、残りの後半部分は通信にて受講する
 ◎ 講師から直接指導を受ける事ができる
 ◎ 実践部分を実践する事ができる
 ◎ 前半が通学でも費用は変わらず1740豪ドル
 ◎ 同じく日本語教師養成講座420時間の資格が取得できる
 ◎ ついでに英語ブラッシュアップのために語学学校に通学することも出来る

そもそも紹介している『通信で日本語教師養成講座420時間』は、通学しなくても特に実践部分で通学と見劣りがないように講座仕立てをしていますが、それでもどうしても通学にて実践部分を勉強してみたい方に、この通信の通学コースは、提供するコースとなり、その方法となります。そして前述の様に、前半部分を通学で、後半部分を通信で受講する事となります。

☆関連する情報は以下のサイトでも紹介しています

日本語教師になる。ホームページ

日本語教師になる。


> どれが一番自分に合うコース?日本語教師養成講座420時間





 BBI日本語教師ネットワークとは
  ●日本語教師養成講座の資格取得  【資格取得】
  ●日本語教師海外派遣プログラム(有給・ボランティア)活動場の提供  【経験を積む】
  ●海外・日本での日本語教師の求人募集情報と就職  【就職する】
 まで日本語教師のフィールドで一貫したプログラムを提供しています。

 【関連するページ】
  ◇ このブログの記事は日本語教師ネットワークの最新情報でも紹介されています
  ◇ 日本語教師ネットワークのメインホームページはこちら





banner_04.gif
↑いつもクリック頂き本当にありがとうございます。少しはこの情報が役に立っているのだなとホッとしています。取り上げてほしい情報等ございましたらコメント等でお知らせくださいね。『最新情報日本語教師海外派遣プログラム』の順位はこちらでチェック

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:
スポンサーサイト

テーマ:日本語教育/異文化コミュニケーション - ジャンル:学校・教育

14 : 13 : 21 | 日本語教師養成講座 通信 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://jtnetinfo.blog54.fc2.com/tb.php/730-e21b1672
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

jtnet

Author:jtnet
日本語教師ネットワーク

日本語教師ネットワークがお届けする日本語教師養成講座・海外派遣プログラム(有給・ボランティア)・就職するの最新情報をお伝えしています。
BBIは海外留学アドバイザー
(留学協会 登録番号55101)

BBI日本語教師ネットワーク

日本語教師養成講座

日本語教師海外派遣プログラム

児童英語教師と英語教師養成講座

海外で幼稚園ボランティア

BBI日本語教師ネットワークの今月のキャンペーン

BBI日本語教師ネットワークのお得な割引情報

日本語教師になる。サイトへ

留学に行こう

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

人気ブログランキング

人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。